« 江戸の恩を太宰府で | トップページ | 野生焼き »

2023年3月30日 (木)

JR社食

 土浦駅の立ち食いそばで食事をする事は、今までもそんなにあった訳ではないのですが、上り線ホームのお店は閉まったまま。あまり気にしていなかったので、まさか記事にした時(2022年5月2日参照)からずっと!?

Tsuchiurakagetsu 仕方無く下りホームの方へ。こっちはずっとやっております。勿論同じ店なので、出ているモノも同じハズ。食べ終えてふと店を振り返ると...!?

 なんと仕事中、と言うか昼休みのJRの職員さんも入店したり、券売機に並んだり。そっか、こういう店は彼らの社食でもあるのか!? 確かに構内のNewDaysで買い物をしていると、JRの制服を着た方も買いに来ていたし。まさか(系列)社割があるとは思えませんが、でも大きな会社で、社内にコンビニがあったりすれば、そりゃ利用しますわな。

 だったら、尚更上り線ホーム店も再開して下さいな。

« 江戸の恩を太宰府で | トップページ | 野生焼き »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

私は 高校から社会人の20数年間 主に土浦駅を利用することが多くありました。当時は まだコンビニも少なく 駅弁もあり、また立ち食いソバは確か 説田商店さん(高校の同級生の親が経営していたとかで記憶に残っています。) 富久善さんというお店も駅売りしてました。。 サンドウィッチもありました。        
あの頃は 活気があり、懐かしさとともに 駅前周辺の昔の光景がうかんできます。 現在は 様変わりしてしまったんだな.....と時代の流れを感じています。

茨城県の桜はほぼ満開🌸 開花の速さに驚き、またすぐにでも花吹雪となってしまいそうです。(切なさのある中、ここ数日は年代関係なく、音楽の動画で、さくらソングをきいていました)
明日からは新年度の4月、(色々変化する激動の春はちよっと苦手です ( ノД`)…)  が 前向きに 新たな気持ちで生活していきたいと思っています。     

        
                                               

> おみたんさん
 駅弁屋さん、随分前にこのBlogで。2013年1月29日の記事です。
 説田商店、覚えていますよ。私がまだ通学していた頃はそのお蕎麦、車内持ち込み料¥20を払うと、使い捨ての器に入れてくれました。部活帰りの高校生などがよく車内で食べていましたね。今だと大分迷惑な感じですが...。
 啼鵬が最も活発に動けるシーズンも終わり、春になります。ウチも新生活が始まります。

なんとなく下り東京方面の方が、通勤客とかに利用してもらえそうな気がするのですが、なぜ水戸方面の上りなのかという気がしますね。

もしかして、下りの方が駅員さんのいる部屋に近いからとか?

> 語る会さん
 あれ?逆ですね。上り東京方面と、下り水戸方面です。この店舗があるのも下り水戸方面です。
 その部屋が近い、というのは当たっているかも知れません。

間違えました。
下りが水戸方面ですね。
京都人に言わせれば許せないでしょうが、東京へは下るのではなく、上りでした。
鉄道ファンあるまじきミスを犯してしまいました。

> 語る会さん
 アハハ、上手の手から水が漏れるですね。
 昔聞いた鉄道クイズで「日本で一番高い駅はどこでしょう?」と。答えは東京駅でした。上り線の終着駅なので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 江戸の恩を太宰府で | トップページ | 野生焼き »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ