« 大雨の戴帽式 | トップページ | 初めてのビルボード »

2023年6月 5日 (月)

汁の違和感

 話は更に遡り、クルーズ船飛鳥IIにまで。発着が博多港だった話はしましたが、博多までは飛行機で。茨城〜福岡が飛んでいて良かった!

Img_20230524_172114550 その福岡空港で食べた蕎麦。勢い余ってセットメニューにしてしまいましたが、基本的にこの店はうどん店のようで、「蕎麦でも出来ます」程度の感じ。

 そしてこの土地のうどんの汁は色の薄いさっぱりした汁。それでももって蕎麦を。こりゃ関東人のテーホーにしてみたら、違和感以外のナニものでもない。尤も関西人が関東で、真っ黒い汁に浮いたうどんを見ると、同じことを思うのでしょう。

 蕎麦は本来、香りや風味を味わうもの。だったら薄い汁の方が良いのかも?と一瞬思いますが、全然ですな。蕎麦にはやはり、組み合わされるベストの汁があるワケ。

« 大雨の戴帽式 | トップページ | 初めてのビルボード »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

確かに、うどんには合いそうなおつゆですね。

かつて福岡県出身のチェック柄で有名なバンドのメンバーが、東京の立ち食いそばを食べた際に、「なんじゃこりゃ。汁が真っ黒じゃないか!」と言ったとか言わないとかって、話を聞いたことがあります。

> 語る会さん
 汁の方はともかく、牛丼の方は関東で食べているものと変わりなく、こちらはそういう味付け地図は無いんですかネ。カツ丼が玉子でとじるのか、ソースなのかみたいに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大雨の戴帽式 | トップページ | 初めてのビルボード »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ