« 啼鵬が奏でる弦の癒し | トップページ | 京都でもビリヤニ »

2023年9月21日 (木)

「クールの誕生」コンサート

 まさかこんなコンサートに出会えるとは!

Ushicool Miles Davisの「Birth of The Cool」と言えば、Jazz史に残る名盤。啼鵬も大学のときに友人に紹介され、夢中になって聴いたものです。其れを再現するコンサート。

 Out of The Standardでご一緒している同志社女子大学の牛渡克之先生。彼の研究として今回企画されました。まぁ、本国でもバイブル的な存在のようで、Jazzの授業ではよく取り上げられているそうな。何しろ楽譜も出版されていますので。

 ただ今回は再現に留まらず、同じ編成で新曲をやってみようじゃないかと、そんでもって啼鵬に白羽の矢が! なのでアタシも20年ぶりくらいにモモンガ・シリーズの新曲を。「Momonga's Monologue」とタイトルして発表。

S__319176715 コンサートは楽器屋さんのリハーサル室のような会場で(注・写真はリハーサルで別会場)。基本生音で、Contrabassだけほんのチョット増幅。Drumsなんか絶妙のバランスでしたし、管楽器同士のアンサンブルが肌に感じられるような距離。

 更に今回Pianoがベーゼンのイイやつ。オリジナルは1950年前後の古い録音なので、Pianoは金属音っぽい感じですが、そこにマイルドな音色でモダンなテイスト。いや、弾き手の岩瀬章光さんが素晴らしかったんですが。

 あぁ、録音でしか聴いていなかったものが、こうして生演奏として再現。ん?其れって記憶に新しい。新年早々に聴いた、Bandoneon奏者ドクトル清川氏のTripodiへのオマージュだ(2023年1月8日参照)。

 歴史的名演、名盤は数多く、今後はそういうのを生演奏で再現、という企画も増えてくるかも知れませぬ。

« 啼鵬が奏でる弦の癒し | トップページ | 京都でもビリヤニ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

Birth of The Cool、いいですねぇ。そのアルバム丸ごとカバーするライブ、オマージュとかトリビュート・ライブと言うのでしょうか、関東圏でも上演して欲しいです。行く前に原盤(もちろんアナログで)聴いて、ライブから帰ったらまた聴いて・・ちょっと考えただけで興奮します。誰かやってくれないかな、と切に思います。私も新年にドクトル清川氏の「Tripodiへのオマージュ」ライブ行きましたが、JAZZへの展開は思いつきませんでした。

> E.Q2021さん
 この名盤の中に、しれーっとボーナス・トラックみたいに拙作が入るのは、何ともおこがましい限り...。数々の曲が生演奏で聴ける感動で、自作曲の初演の嬉しさは吹っ飛びました。
 私の持っている解説書の中には、この盤をこき下ろしている本があるのですが、著者がこの生演奏を聴いたら考えが変わるのではと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 啼鵬が奏でる弦の癒し | トップページ | 京都でもビリヤニ »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ