« 釜飯登場 | トップページ | 土の上に生きる vol.2 »

2024年3月23日 (土)

フォルクローレコンサート 優勝者4人の競演

 同じアルゼンチンの音楽でも、フォルクローレは有名曲をほんの少し知っているだけ。しかもそういう曲は古い曲ばかり。ま、それはそうなんですが、今回聴いたコンサートは、「今の」フォルクローレを聴かせてくれるものでした。

Folklore20240324 「今の」というのは、つまり現在進行形のこと。そういったアーティストの曲が聴けたのですが、一番の収穫はCarlos Moscardiniというアーティストを知った事ですか。

 実は「有名曲をほんの少し知っているだけ」と書きましたが、最近お気に入りのアーティストがいて、その名はCarlos Aguirre。越田太郎丸さんとのセッションで彼の曲をやって、一目惚れ(!?)しました。すぐにアルバムを購入。ただ情報が少なく、一説によるとご家族の介護で、演奏活動もままならないとか...。

 話を戻しましょう。今回のMoscardini。Aguirre同様、今のアルゼンチン音楽を知るにとても心に残りました。しかも近々来日するって言うじゃないですか! あぁ、でもその日は...。

 演奏の方は馴染みの奏者もいたのですが、特筆事項は小林萌里嬢のPercussionかな。あのリズム感、そしてフォルクローレにおけるフィーリング。改めて彼女のセンスに感心し申した。

 そう言えばArt BlakeyはPianoからDrumsに転向。Jack DeJohnetteも鍵盤は相当な腕前。やはりPianoと打楽器は共通の何かがあるのか。まぁ、萌里嬢が打楽器に転向ってのは考えにくいし、そうなると啼鵬も困るのですが、今後も打楽器の方も腕を磨いていって二刀流に!

« 釜飯登場 | トップページ | 土の上に生きる vol.2 »

レポート」カテゴリの記事

コメント

小林萌里さんの打楽器ボンボの演奏は過去にも聴いていますが、確かに今回はより本格派を感じました。
先天的にリズム感に優れたピアニストなのでしょう。何年も前ですが、初めて彼女のタンゴ・ピアノを聴いた時、打楽器奏者のセンスを強く感じたのを思い出します。
一方、「一目惚れ(?)」といえば私もC.モスカルディー二にそうでした。以前、今回出演の清水悠さんのギターを聴いて以来注目しています。そしてまだCD購入には至りませんが、C.アギーレも気になる一人です。超絶「ミロンガ・グリス」を歌う女性JAZZボーカリストがいて、つい先日も水戸ガールトークでリクエストして聴きました。
北関東圏でもタンゴを含めアルゼンチン音楽を聴ける機会が多いのは実に有難いことです。

> E.Q2021さん
 C.AguirreはPiano,Guitar,Vocalどれをとっても素晴らしいです。ただ今となっては手に入るアルバムも少ないのですが...。
 清水悠さんのGuitarは、さすが本場仕込みだけありますね。あのBackingは日本人離れしたフィーリングです。これからも注目していきたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 釜飯登場 | トップページ | 土の上に生きる vol.2 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ