« TRIO TYDツアー【高知市】 | トップページ | デッドな空間のC7 »

2024年4月 8日 (月)

希少S6

 今回のTRIO TYDツアー、各地で出会ったPianoの中に、驚かされた楽器が!?

Img_20240405_171211097 石川県は白山市、松任学習センタープララのコンサートホール。YAMAHA S6でした。そう、啼鵬が愛してやまない。しかも何と木目調。初めてですわ。と言うより、想像もつきませなんだ。木目調のモデルがあったなんて。

 先の記事で書いた通り、「学習センター」と言う割には、素晴らしいホールがあり、だったらお向かいの市民会館は、どんな驚愕のホールなんじゃ?と思ってしまうほど。まぁ、その申し分無いハコにこの名器。

 ただ、最初に弾いたときに「うっ」ときました。硬すぎる。いつものS6じゃない。やはり木目調だからか!? しかし弾いているうちに、多少手に馴染んできましたが、更に演奏者の立ち位置を変えることになり、Pianoも少し移動。

 すると驚いたことにタッチも大分変わり、いつもの感触に近い感じに。そこまで変わるのか、舞台上の立ち位置は。お陰様で取り分けPiano Solo曲では、Pianoのタッチとホールの響きがリンクしているかのように。

Img_20240405_171300920_hdr あぁ、やっぱS6だ。毎日こういう楽器で練習すれば、もっと上手くなるんだろうな。楽器ってそういうもんです。「上手くなったら良い楽器を買おう」ではなく、「上手くなるために良い楽器を買おう」ですよ。

« TRIO TYDツアー【高知市】 | トップページ | デッドな空間のC7 »

楽器」カテゴリの記事

コメント

おそらく、木目仕様のラインナップではなく、特注マホガニー外装のS6と思われます。カタログによるとC系シリーズでは+40~50万円で木目にできるようですが、現行SXシリーズの特注枠は無く、かなりレアな個体かもしれません。しかしタッチが次第に変化してゆくのは興味深いですね。弾き手とピアノの会話が成立した結果、信頼関係が生まれたのでしょうか。・・端的に言えば啼鵬さんのS6愛が通じたのだと思いますが。

> EQ.2021さん
 やはり希少性が高いですか。そもそもこの公共の施設に設置されている経緯が知りたいです。そういう楽器だと、もしや個人からの寄贈もありそうですし。
 タッチの変化には驚きました。床の変化によるものなのか...。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TRIO TYDツアー【高知市】 | トップページ | デッドな空間のC7 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ