« 久しぶりの啼鵬スペシャル | トップページ | 大相撲前ビリヤニ »

2024年5月13日 (月)

出番を待ちながら[創作集団真夏座第5回公演]

 大昔、お付き合いのあった劇団。まだ啼鵬は学生。ブレヒト劇の「ハッピーエンド」にミュージシャンとして参加。思えばブレヒト=ヴァイルの世界を知ったきっかけでしたわ。

 その後、現代劇の劇中歌を提供したりしましたが、それっきり付き合いは途絶えてしまいました。昨年主宰者の訃報を新聞で知り、そう言えば今どうしているかなと連絡を。

Manatsuza2024deban そして今回、最新作を拝見。いやぁ、何十年ぶりでしょう、彼らの舞台を観るのは。懐かしさのあまり、目柱が熱くなりました。

 劇団は形を変えながらも存続して、我々観客を魅了しています。あぁ、其れに比べ啼鵬はと言うと、TANGO OGNATをはじめ、開店休業状態のユニットがあるなぁ。甲斐性なし...。

 でもチャンスは虎視眈々と狙っていますので。

 創作集団真夏座、そして賛助出演の皆さん、素晴らしい舞台を有り難うございました。

« 久しぶりの啼鵬スペシャル | トップページ | 大相撲前ビリヤニ »

レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりの啼鵬スペシャル | トップページ | 大相撲前ビリヤニ »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ