最近のトラックバック

2019年2月16日 (土)

続:お土産用お好み焼き

 続編と言っても、前回は8年前(2011年1月6日参照)。

Miyageyaki4今回も家人が買ってきたお土産品。

ですが、前回と大きく違うのは、

生地がちゃんと粉であるコト。

前回はまるで春巻きの皮みたいな感じの、ペラペラの生地が付属。まぁ、メーカーが違うからですかネ。

Miyageyaki3 やはり粉を水で溶いての方が断然、

らしく見えますわ。

それにしてもやはり、

家庭用ホットプレートだと狭い。そう言えば最近、地元のホームセンターで、ワイド・タイプのホットプレートが売っていて、一瞬購入を考えたりもしました。

Miyageyaki1 自宅で広島のお好み焼きを焼くのは、

もう何度か経験しているので、

それなりに要領を得た感じですが、

経験の少なさで技術的にはまだまだ。ま、朝ドラ「てっぱん」が放送されていた頃に比べれば、全然進歩していますがね(2010年11月3日参照)。

Miyageyaki2 ちなみにもやしは、

気にしていなかったのですが、

髭根がとってあるタイプでした。

以前Blogにも書きましたが(2018年9月25日参照)、コレとは違うもの。意外とあるんですねぇ、最初から髭根がとってあるもやし。

 ンで、味の方。まぁ、素人が焼くので、いくら付属のレシピ通りにやっても、なかなかねぇ。同じネタとシャリを使えば、職人さんが握っても啼鵬が握っても、同じ味の寿司!なんて考えられないのと同じ。

 あとは自分で焼いた、という楽しみですか。まるで小学生の調理実習だにゃ、こりゃ。

2019年2月 8日 (金)

江戸の仇を宮崎で

 恐らく誰しも、「食べ物」に関しては根に持つ事が多いかと。今回の宮崎紀行で、初っぱなからOOSAKI病にやられ、せっかく食べようと思っていた蕎麦を逃した啼鵬。

 ならば東京で食べられなかった蕎麦を、どこで食べるか。色々リサーチした結果、最初の本番会場近くに、お蕎麦屋さんがあるらしい。

Jisenan2 こりゃ行くしかない。

果たして歩いて2~3分もかからず、

到着出来ました。

しかもやっている

 入店してみると、お客さんは数人。

Jisenan1チョー気になるメニューもあったのですが、

今回は初志貫徹。

蕎麦メニューを注文。

浜松町駅でOOSAKI病が発病して以来、何百キロも飛行機で飛んで、ようやくありつけた蕎麦でした。

2019年2月 4日 (月)

平成最後の恵方巻き

 恵方巻きと言うと、近年は売れ残った商品の廃棄問題が取りざたされていますが、根っからのイベント好きなテーホーにとっては、外せない食べ物でもありまする。しかしながら今年、平成最後の節分にも関わらず、出張中のため豆まきは出来ず。せめて恵方巻きくらいは...と思いつつも、仮に買えたとしても、どこでどうやって食べるか? 状況はキビシイ。

Rakui1 そこへ救世主。

新作「古代組曲」の初演を終えての打ち上げ。

入った居酒屋さんのお通しが、

なんと恵方巻き!

 と言っても細巻きで短いヤツですが、これで十分。こういうサービス、方々の居酒屋さんでやっているんですかい?

 ともあれ、無事に節分をクリア。ちなみにこのお店、他の料理も美味しいです。

Rakui2

2019年1月30日 (水)

再会:カール

 こちら東日本で買えなくなってしまったお菓子。久しぶりに食べました。

Carlcheeseお馴染みカール

今度共演するEnsemble Flaviaの合宿で、

関西方面に出張に行かれた方のお土産で。

食べてみればやはり懐かしい味。

しかもこの年になると、

ポテトチップスは食べても、この種のスナック菓子はあまり食べませんからね。こういう時でもないと。

 販売体系変更のアナウンスがあったときに、アタシもBlog記事にしましたが(2017年7月5日参照)、実際今の子どもって、こういうお菓子、好きなんでしょうか? 娯楽の少なかった我々のガキの頃、「お菓子」というのは1つのアミューズメントで、「買い食い」というのも1つのジャンルと言っても過言で無く、小遣いを握って駄菓子屋に行くときには、心躍らせたものです。

 ちなみにテーホー、今でもこういうお菓子、好きですヨ。

2019年1月29日 (火)

お醤油屋さんのアイス

 こういうのも、今ではあまり珍しくはありませぬ。啼鵬もこれまで、様々なアイスを食べてきました。特記事項としては、探検隊の歴史に名を残したわさびのソフトクリーム(2009年4月12日参照)。土浦の誇るカレー・アイス(2011年4月13日参照)。宮崎で食べた金柑ソフトもありました(2017年3月4日参照)。変わりダネではありませんが、石狩ソフトなんてのも(2016年6月30日参照)。もちろんBlog記事にしていないものも挙げれば、キリなし。

Img_1185_2 んで、

今回は醤油ソフト。

これは美味しい。

醤油味というよりも、

ソフト・クリームとしてのベースが、

どれだけちゃんとしているかなんですが、そこをクリアしていれば、名門醤油メーカーの味付けでコケるわきゃない。

 それよりも驚きは、この醤油ソフトがカレー(2019年1月29日参照)のプラス¥100で食べられるコト。昔からなのか知りませんが、ソフト・クリームって意外と高い。高速道路のSAなんかでは¥400前後だったり。時折安いのがあると、ニセモノ・ソフトだったり。

 この店、まだナニか持ってる...!?

2019年1月17日 (木)

穴場のソウル・フード

 話は旭山動物園に(半袖で)行ったときに遡ります。中国人らしきお客さんが多かったと書きましたが、もちろん日本人もたくさん。つまりは来場者数はとても、いや凄く多かったってコト。

 それは何を意味するかって、ご飯を食べる場所も混むという事です。案の定激混み、いやチョー激混みでした。この食堂、なんちゅう人口密度! 食券を買う行列が建物の中いっぱいに。こりゃ買うだけでも20~30分くらいかかりそうな。トーゼンそんな具合ですから席も空いていませんし。あ、外のテラス席は空いていましたが。ま、仮に席を確保出来たとして、食券を買ってオーダーして、口に入るまでには、優に1時間以上はかかりそう。チビ達がそんなに待てるわきゃない。

 ンなもんで、こんな事もあろうかと、予め目をつけておいた食堂へ。動物たちの施設からは遠い、正門近くの食堂へ。果たしてここは全然空いていて、料理もすぐに出てきましたし、のんびり出来ました。

Jingishan メニュー数は少ないながら、

このジンギスカンのご飯など、

なかなか美味しかったですよ。

そう言えば以前来たときには、

カレーを食べたような。

 ちなみに手前は鹿肉入りメンチカツ。アタシ、鹿刺しは食べた事があるのですが、こうして調理されていると、よく分かりませぬ。

 とにかく、早くメシにありつけて良かったです。

2018年12月31日 (月)

平成最後の年越しそば

 平成最後の大晦日に、FMうしくうれしく放送で特別番組がオン・エア。今年9月23日に行われた「Wine and Music」の模様を(2018年9月23日参照)、前後に解説を付けて番組にしたのですが、自分で聴いてみると、とんでもないミスを!

 何をミスしたかって、フツーにラジオを聴いている人には、誰が喋っているのか分からん。そう、番組が始まって名を名乗らずにずっと喋ってしまったのよ。そしてライブの模様を終え、そこからエンディングまでのMCも、結局名乗ること無く...。あ~ぁ、何てこったい。ラジオなので字幕が出るワケも無し。

 2018年の啼鵬の活動に於いて、ラジオは非常に大きな部分を占めていましたが、最後の最後でねぇ。

Imonisoba そんな放送事故にもめげず、

年越しそばは芋煮仕立てで。

しかしながらコレも失敗作。

使い慣れない鍋で茹でたものだから、茹で斑とでも言いましょうか、柔らかいところと硬いところが出来てしまい、イマイチ。

 今年の大晦日は、久しぶりに自宅で。良い洗剤に巡り会い、キッチン周りの大掃除をした結果が良かっただけに、芋煮の失敗はなぁ。

 2019年はどんな年になるんだろ。皆様にとって良い年になりますように。今年もBlogを読んで下さり、有り難うございました。

2018年12月12日 (水)

山形ひっぱり風うどん

 近年よく行くようになった山形県。そこでのご当地モノはいくつか食べましたが、中でも気に入ったのが「ひっぱりうどん」。このBlogでも紹介しました(2016年10月25日参照)。何しろ自宅でもやるくらい気に入った!

Hipparifu1 そして地元ドラッグストアで見つけたのがコレ。

なにぃ!?

カップ麺でひっぱりうどん!

...って、この小さく「風」って書いてある。「ひっぱりうどん」かよ。スポーツ新聞の見出しじゃないんだから。

Hipparifu2 果たして作ってみると...。

おいおい、

「~風」と名乗るのもキビシイ。

大手が作っているし、味自体は及第点としても、コレのどこに「ひっぱり」を感じれば良いのだろう。フリーズドライの納豆? いやいや本物はこんな、どこに散らばっているか分からん程度じゃありませんから。そして鯖缶をどうやって再現? ま、「汁なし」って時点で「え?」って感じですケド。

 こういう新商品って、お金と時間をかけて開発するワケで、とても売れる商品とは思えないので、利益を出すには至っていないような気がします。ちなみにお値段の方も、カップ麺としては決して安くはありませぬ。も少ししたら大放出で大安売りするかナ。そしたらまた買おう。

2018年11月 1日 (木)

権堂の夜

 長野市在住のClarinet奏者、傳田高廣さんのリサイタル前日。リハーサルでは最終チェック。

P_20181101_130210思えば最初のリハーサルが9月(2018年9月5日参照)。

実のところ、

その時点での完成度は高く、

もう明日が本番でもOK、くらいな勢いでした。

 問題はそこからどう維持していくか。2回目のリハは10月(2018年10月17日参照)。ま、それくらいインターバルがあると、毎回新鮮に感じますかネ。やっていると新たな発見もありますし。

Kandatasoba そしてリハを終えたアタシは、

二刀流の稗田隼人君を連れて、

傳田さんのお店のある権堂商店街へ。

前夜祭を敢行。明日に備えて念入りに打ち合わせ、は特にしなくて、まぁ、四方山話を。

 明日は今までにない「傳田高廣の世界」を。稗田君と啼鵬でお手伝い致します。乞うご期待!

2018年10月11日 (木)

人生初体験:芋煮会4

 芋煮会のエピソードも最終章。そう言えばこの芋煮、おかずじゃないのかネ?と思っていたところ、最後にはカレー味にしてうどんを。

Imoni2018sははぁん、

鍋物ならではのシメですか。

とは言えこのカレー味に出来るのは、

ベースが醤油味のときならでは。

地域によっては味噌味なので、

その場合はカレー味では無くなるのでしょう。

 ただ、芋煮を一通り食べ終えて、具が無くなった頃にうどんを投入するワケで、その頃には火力が問題に。其れも計算に入れた上での火の管理はムズカシイかも。

Imonimashmaro 更に余った火で、

マシュマロを炙って食べました。

砂糖は焦げやすいので、

油断していると炭化してしまいました。

より以前の記事一覧

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ