2020年1月18日 (土)

また再会:カール

 こちら東日本では、そろそろ忘れ去られかけている(!?)菓子か。まず日常会話の話題に上る事はありませぬ。

Carlusuaji明治のカール。しかもこの味、知りませぬ。1年ぶりの再会(2019年1月30日参照)。

 どこで手に入れたかと言うと、カールを求めて西の方へ行った、西遊記のように、ではなく、福島県は福島市、お好み焼きかっちゃんで。では何故かっちゃんにあるかと言うと、取り寄せているんですって。んま、他にもあるかも知れませんが、東日本で購入出来る数少ない場所である事には変わりありませぬ。

 この味は初めて食べましたが、懐かしい味がしました。ノスタルジーって、味そのものではなく、雰囲気とかも重要なんでしょうねぇ。

2020年1月11日 (土)

だし自作

 だしと言ってもいわゆる「出汁」ではなくて、山形の「だし」。しかも自作と言っても、市販の素を使って。

Kimg0350まぁ、言ってみれば作ったと言うよりも、刻んだだけ。キュウリ1本で出来る「だし」。しかしながら、これがなかなかムズカシイ。

 写真うつりが良くないので、今で言う「映えない」という事を差し引いても、美味しそうには見えず、実際あまり成功作とは言い難い。それはこのだしの素が悪いんじゃなくて、キュウリの刻み方。

 そう、有元葉子センセによれば、料理は「味付けの前に食感」。こういったジャンルの食べ物は、モロ其れが出ます。ぶっちゃけキュウリの刻みが大雑把。もっと細かく刻むべきでした。納豆ならば大粒や小粒といったジャンル分けがあり、それぞれの美味しさがありますが、だしの場合は大刻み(?)、小刻みなんて分けませんからね。

 豆腐やご飯にのせて食べてみましたが、「もっと細かくなくては」と反省。

2020年1月 2日 (木)

再会:啼鵬スペシャル

 ふと思い立って、福島市のお好み焼き「かっちゃん」へ。

Img_3278そう、この裏メニュー「啼鵬スペシャル」が食べたくなったのです。最後に食べたのは...!? おそらくサックス日和の演奏会でステージ・マネージャをやって下さった、仙台フィルハーモニー管弦楽団のTrumpet奏者、戸田博美さんの慰労会(2017年7月2日参照)! そんなに前だったか...。恋しくなるワケだ、このテーホースペシャル。

 そしてお店は、年明け最初の営業。たくさんのお客様がいらっしゃって大盛況。広島のお好み焼きを愛する者にとって、これは非常に嬉しい。かっちゃんが少しずつ築いていったお店の信頼の賜物なんだろうな。ココ福島に広島の味が定着。

 実は昨年末のサックス日和ライブでは(2019年12月30日参照)、打ち上げの部(!?)で、前述の戸田嬢がかっちゃんのテーマを演奏。今年はまた別のバージョンも作りましょうかネ。

Img_3280 年明け早々、大繁盛のかっちゃんに刺激を受け、イイ感じの正月になりました。

2019年12月31日 (火)

令和元年を振り返ると

 大晦日ならではのベタなタイトルですが、自宅で過ごす事になった令和元年の大晦日。家の大掃除の後は、年越し蕎麦を。

Maru10soba近年足繁く通っている山形にあやかって、芋煮の蕎麦。残念ながら今年は芋煮会には参加出来ませんでしたが、1年前に参加して以来(2018年10月4日参照)、自宅でも時折やるように。さすがに野外ではありませんが。

 味付けはやっぱコレ。初めて使ったときから気に入り、切らしたときには山形まで買いに行く!...ワケではありませんが、でもこっちでは売っていないので。

 ところで2019年は作曲の年と振り返りましたが(2019年12月30日参照)、では演奏面では?

Ayakiyodukaやっぱこのヒトかな。邦人クラシック・ピアニストで初の日本武道館公演を敢行(2019年8月23日参照)。アタシも末席に加えて頂き、彼の他に10台のPiano、弦楽器、打楽器のために編曲、そして指揮。いやはや、初めての武道館が指揮とは。ま、作曲家なので指揮の仕事も珍しくはありませんが。指揮の師匠も草葉の陰から見守って下さった事でしょう。改修前最後の武道館の演奏でした。

 今年も応援して下さった皆様、有り難うございました。来年も皆様にとって良い年でありますように。

2019年11月29日 (金)

マヨタコ

 てっきりマヨネーズがかかっているたこ焼きかと。それだったら極めてフツーじゃん。

Mayotako1 聞くところによると、マヨネーズは中にあるらしい。つまり「マヨネーズ入りたこ焼き」だそうな。其れって「バター入りホットケーキ」とか、「ソース入りお好み焼き」みたいな、一見「ふーん」って思って、よく考えると「?」という印象。

 ちなみにこの店、マヨネーズ云々のたこ焼きがベーシックですが、そうでないフツーのたこ焼きもあります。せっかくなので、看板メニューの「マヨタコ」を注文。当然店内飲食と持ち帰りで値段も違い、きちんと税金を払い、店内で。近頃は持ち帰りと言ってイートインで食べる、「イートイン脱税」などをする族もいるようで。

 そして肝心のお味。う〜む、コレ、マヨネーズ云々よりも、粉モノを食べてる感がモロに。最近は銀だこのような、側と中身のギャップをウリにした食感のたこ焼きに食べ慣れていたせいもあって、この粉が詰まったたこ焼きは、懐かしくもあり。

Mayotako2 他の味も食べてみたくなったので、次はしおタコかな。

2019年11月28日 (木)

会場下見ランチ

 下見と言っても、実は何度か訪れているお店。しかも、もしかしたら演奏もしていたかも知れなかった店(2019年8月26日参照)。そう、今年のとっておきの音楽祭やまがたで、もし台風で中止になってしまった場合に、演奏場所を提供してくれないか、頼んでおいたお店でした。

Cafeboxomrice なので今日は、ランチを兼ねて打ち合わせに。前回はチキンの丼だったので、今回はオムライス。明太子の。これがなかなかイイ。ちなみにこのふわふわ玉子と明太子ソースの下にあるご飯は、フツーのオムライスの中に入っているような感じでなく、炒めてあるのかないのか、とにかくこの上物とのマッチングが素晴らしい。

 さて、この下見は現時点で、啼鵬の年内最後の演奏となる見込み。よほど今から「カウントダウンやろーぜー!」とか言ってくるヒトがいない限り。詳細は後日。乞うご期待。

2019年11月27日 (水)

限定あじまん【アーモンドチョコ】

 限定モノに弱いテーホー。今回はあじまんのチョコアーモンド。

Chocoajiman あじまんと言えば、我が茨城にも店舗があるのですが(2018年1月9日参照)、さすがに限定モノは見たことがありませぬ。やはり本場(!?)山形の店舗で。

 しかも時間帯がギリギリ。アタシが購入した次のヒトくらいから、売り場のオバちゃんが昼休憩に。ま、其れ以降の人達は、一種のOOSAKI病。

 んでコレ、中のチョコが熱くて食べにくっ!

2019年9月 4日 (水)

サックスとバンドネオンのコンサート&ひっぱりうどん【後編】

 長いタイトルのイベントも後半へ突入。山形名物ひっぱりうどんを、皆さんと一緒に。おっと、「ひっぱりうどん」知らない方...。どのくらいの知名度があるか分かりませんが、長野のすんき蕎麦と同じくらいかなぁ(2018年12月8日参照)。

Coapcook2 そして啼鵬も戦闘態勢に。って、普段自宅で料理するときには、こんな格好はしません。これはたまたま先月、親子カレー教室があったので(2019年8月24日参照)、買い揃えたまで。

 とは言え、料理の先生が予め下ごしらえをして下さっていて、いや、下ごしらえどころじゃないか。8割方支度されていたので、啼鵬などはこのおにぎりに味噌を付ける程度のお手伝い。

 うどんは乾麺を茹でた訳ですが、それはこの主催団体の扱っている商品。その他、殆どの食材もそう。

Coaphippari2 そして「ひっぱりうどん」。説明がまだでした。麺そのものや、調理法が特別なのではなく、要はその食べ方。マストなのは納豆、鯖缶でしょうか。その他ネギや青じそ、玉子など、って説明するのもなんなので、以前の記事で。そのときは釜揚げうどんでしたが、今回は冷やしで。ちなみにテーホーを喜ばせるこんな商品もありました。

 今回のイベントは、「よく分かんないけど、来てみたら音楽が聴けた!」という人と、「~、来てみたらひっぱりうどんが食べられた!」という人。こういうイベント、イイなぁ。

 スタッフの皆様、そしてお忙しい中、お越し頂きましたお客様、有り難うございました。

2019年8月26日 (月)

保険の店へ

 何の保険かと言うと、この前のとっておきの音楽祭やまがた2019(2019年8月25日参照)。去年が台風で中止だったため、急きょ演奏の場を探し、ゲリラ的に演奏したのでした(2018年10月1日参照)。

Cafebox1 なので今年は、予めそういった状況を想定し、演奏の場を探しました。引き受けて下さったのは喫茶店。我々サックス日和のリハーサルにもお見えになり、もし音楽祭が中止になった際の段取りも。

 そのお店にも赴いたのですが、割りと広くライブ空間としてはなかなかイイ感じ。もちろんPianoはありませんが、サックス日和規模のアンサンブルだったら十分か。元々パン屋さんだったみたいですが、面影はナシ。まだ開店して1周年たったばかり。

 ま、結果的にはお世話になること無く、音楽祭は決行。途中雨も降ったりしましたが、許容範囲内...だったのか?

Cafeboxchicken そしてせっかくなので、音楽祭会場からも近い事もあり、当日のランチはそのお店へ。お肉系丼モノがいくつかあり、アタシはチキンを。これが想定していたものと違って、まさか唐揚げとはね。しかし美味しい。そしてコレ1つで、他のメニューも美味しいのでは?と想像出来る料理。

 いつかこのお店でもライブが出来たらいいですわ。

2019年8月21日 (水)

猛暑におでん

 冬に冷やし中華が食べたい人だっていれば、夏におでんを食べたい人もいる。この怒濤の3日間(日本武道館~山形市~つくば市)の中で、山形滞在中におでんを頂きました。

Fukuro2 おでんは各地によって、味付けや具が様々。でも啼鵬にとってはやはりコレは外せませぬ。「ちくわぶ」。何しろ我が茨城にはちくわぶの有力メーカー「タカトー」がありまする。ラジオのCMではよく耳にしますし。ここ山形でも頂けるとは。しかも夏に。

 更にこの店、啼鵬のマニア心をくすぐるあの逸品が!?

より以前の記事一覧

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ