最近のトラックバック

2017年12月 7日 (木)

つや姫検証:番外編

 このBlogで何度か登場しているお米「つや姫」。山形を中心に作られるブランド米。そのパックご飯を検証して参りましたが、今回は「つや姫」ではありませぬ。

Yamagatagohan親戚、

と言いたいところですが、

それも出来ませぬ。

何しろ山形なのは「水」だけ。ある意味スゴイ商品ですよ。そう言えば山形って、何か「○○のおいしい水」みたいなの、ありましたっけ?

 肝心の味ですが、ゴメン。分からないや、水だけじゃ。

2017年11月 9日 (木)

前打ち上げ

 傳田高廣さんのリサイタルを明日に控え、啼鵬は前日入り。

Dendaojoin何だか不思議な空間でのリハですが、

飾ってあった写真を見てビックリ。

オーナーさんが若い頃、

外国でバッタリ会った(!?)、

歴史的ピアニスト、

ホロヴィッツとの撮った写真とか!

 今回のプログラムは、アタシが入るからというのもありますが、Tangoの割合が多く、それもClarinetとBandoneonの二重奏という、シンプルなもの。まぁ、一応Classicのコンサートなので、ここまでTangoが入って大丈夫かネ、というのが正直なところ。

 リハを終えてホテルにチェックインし、晩飯はどうしようと周辺を散策。知った街並み、権堂の商店街も観て回り、ふと路地に入ると、どこかで見た事のある店。

Furukawaそう、

以前入った事のあるジンギスカン(2015年5月3日参照)。

しかもそのときは、

我々長野Bandoneon倶楽部が、長野Recorder倶楽部の皆さんとコラボした本番の打ち上げ。今回は演奏会本番前に。そう、明日に向けて力をつけなければなりませぬ。

 相変わらずココの生ラムは美味しい。1人ジンギスカンてのが、少々...。

2017年10月28日 (土)

つや姫検証:四女

 以前、ブランド米「つや姫」のパックご飯版についての検証をしました(2017年7月7日参照)。3種類あったので、暫定的に(!?)姉妹にしてしまいましたが。

 そしてまた、新たに出現。ならば四女ってことか。いや、双子!?

Tsuyahime3h_2 人それぞれ食べる量も違うので、

この2分割版は用途が別れるでしょう。

それよりも気になるのは、

やはり成分。

長女と次女、三女で大きく違った、

ナトリウム含有量。

 長女が150gあたり4.5mgだったのに対して、次女と三女は0mg。この四女も0mg。コレはナニを意味するのか。

 長女は一応ホンモノ。次女以下は亜流。それらはナトリウムの含有量で区別されるのか。

 逆に言うと、そういう数値での違いがあるのは、納得しやすい部分。数値の全く同じものが数種類も出回ると、我々買い手は迷うばかり。

2017年10月 5日 (木)

2017年の鰻

 先日テレビで、鰻の研究に一生を捧げている方の事を。いや、大袈裟でなく。ご存じの通り鰻は、卵からの完全養殖が、現時点では出来ません。いろいろ知らない事ばかり。その先生には是非とも頑張って頂きたいです。

Matsunoya1 で、いつ食えなくなるか分からない、

鰻を今年も食べなくてはと、

いささか季節外れではあるのですが、

気になっていたお店へ。その店、いつ行ってもやっているんだか、やっていないんだか。タイミングが悪いのか...。

 今回は計画的に。無事ありつけたのですが、そう言えば鰻屋さんて、閉まるのが早い。浜松でもそういう店ばかり。何故? 鰻は基本、昼メシで食べるもんなんでしょうか。

Matsunoya2 そして何故か、

多くの鰻屋さんには、

鶏の唐揚げが。

ウチから近い店など、

そっちもかなりウリだったり(2012年7月27日参照)。

ちなみにその店、今年はOOSAKI病に悩まされました(2017年8月8日参照)。

 今回の店は、メニューが多いのか少ないのか...。天ぷらや唐揚げはあるのに、肝焼きが無い。鰻も蒲焼きのみ。白焼きはナシ。

 やはりイベント好きテーホーとしては、土用の丑の日でないと、食べた気がしませぬ。今年は逃した...。

P_20170725_193657いや、食べていた。

思い出しました。

ファミレスで。

打ち合わせだったのですが、先方がまだ来ないので、独りで。

2017年9月25日 (月)

規格外果物

 農家の知り合いがいたりすると、出荷のハネものを頂いたりします。「食べるには全く問題ないけれども、商品として出荷するには難アリ」というもの。

Iidashinemus1 今回はSonor Clarinet Ensembleの合宿。

シャインマスカットです。

かなりデカいです。

こんな盛り様、お店で売っているのを見た事がありませぬ。

 少し前に値がどんどん下がっていったシャインマスカットの事を記事にしました(2017年9月14日参照)。其れと比べたって、今回の4分の1くらいのサイズ。とは言え、写真じゃ分かりにくいか。

Iidashinemus2 ならばコレと比べたら!?

う~む、

これでもあまり伝わらなさそう。

何だか緑のデラウェアって感じになってしまっているなぁ。

2017年9月20日 (水)

名古屋ではないけど新メニュー

 よく分かっていないのですが、「ジャージャー麺」と「じゃじゃ麺」。これらは同じものなんですかい?

Terumejaja今回食べたのは「ジャージャー麺」。

でも見た目は、

以前盛岡で食べた「じゃじゃ麺」に似ている。

何よりも上にのっているミート・ソース。味も似たような感じ。いや、麺が違った。じゃじゃ麺の方はうどんみたいでした。そして最後のチータンタンが無い。

 今回のメニューは例の店、そう、あの台湾系の、もとい名古屋属台湾種(!?)メニューをやたら出している、山形のお店(2017年2月9日参照)。そこの新メニューでした。

 台湾関連はもう出し尽くしてしまったのかしらネ。しかしこの店、まだまだ興味深いメニューもあり、当分ネタは尽きませぬ。

2017年8月 7日 (月)

流れるそうめん

 何年越しのプロジェクトだったのでしょう。お誘いを受けてから、なかなか都合がつかず、ようやく参加する事が出来ました。Music☆Star Mandolin Orchestraの団長さんのお宅へ。

Mstarsomen 流しそうめんの会。

そうめんをこういうスタイルで食べるのは、

初めてですよ。

子ども達のテンションは上がりまくり。

昔はきちんと青竹を切り、

節をとって、この樋を作っていたのだそうな。今は樹脂製の。

 アタシは下のチビに食べさせるため、下流域に。背が届きませんからね。しかし上の子達が上流でそうめんをすくってしまうため、なかなか下までは流れてきませぬ。ちなみにこの日は、あいにくの雨模様...。

Mstarkakigori そして懐かしい逸品。

うちにもあった。

家庭用(?)かき氷器。

うちのは製氷皿で作ったものを削るタイプですが、これは専用の型で氷を作り、それを削る。なかなかきめ細やかなかき氷に。

 流しそうめんかぁ。なかなか出来ないわね。このシステム。そう言えばアタシとエムスタの団長が出た中学校。文化祭で流しそうめんをやった学年があって、水源がどうも怪しかったらしい...。

2017年8月 5日 (土)

主役の領域

 チャーシュー麺よりはタンメン。そもそもが野菜好きのテーホーですが、ふと思い立ち、肉そばを注文。ちょっと考えさせられました。

Karanikusoba お蕎麦、

一応かけそばですか。

其れに味の付いた肉がどっさり。

海苔もかかっていますが、白く見えるのはバター。しかもピリ辛。当然最初から蕎麦にはありつけませんので、お肉をある程度食べ、ようやく蕎麦へ。もはや自分が蕎麦を注文した事すら、あまり覚えていないくらい。味は既にかけそばの域を出て、何と分類して良いやら。バターの香りが更に其れを後押ししておりまする。

 一体何に照準を合わせたのか...。嫌いじゃありません、こういうメニュー。いや、好きです。

2017年7月19日 (水)

山賊焼き

 何度か行っているのに、未だ食べた事の無かった「山賊焼き」。長野県や塩尻志の名物!?

Sanzokuyaki2「~焼き」って言うから、

てっきり焼いてあるものかと思いきや、

唐揚げ?

ムネですかね、

この1枚丸ごと唐揚げは、

なかなかの食べ応え。少し前に食べたカレーを思い出しました(2017年6月28日参照)。

 ちなみにこのお店、テーホー的にはかなりそそられるモノあり。何しろメニューが優に100は越えていて、いくつものカテゴリーに分類されていまする。その中には「納豆」という区分もあり、まるでアタシを誘っているかのよう。

 ところで今は大相撲名古屋場所。長野出身の関脇御嶽海関の活躍。地元では沸いている事でしょう。我らが横綱稀勢の里を破り、更に白鵬の大記録を阻み、スッゴイ事になっております。終盤戦も期待しておりまする。

2017年7月12日 (水)

つや姫検証:三女

 もう次女まで検証してしまうと、今回のミッションは完了、と言う感も漂いますが、手に入ったので。

Tsuyahime3d パックご飯というジャンルでは、

どうやらダントツ1位のシェア。

テレビCMも展開しているので、

知名度もバツグン。

その中でつや姫バージョンが、

どれくらいの割合を占めているかは分かりませんが、「つや姫」というブランド名よりも、「サトウのご飯」のブランド力の方があると思うので、売れているのではないかと。

Tsuyahime3gお米は山形県産ですが、

サトウさんは新潟市。

米所新潟で、

しかもパックご飯のパイオニア。そもそもこの業種でのノウハウもあるでしょう。非常に完成度の高いご飯でした。

 そうなってくると、やっぱ次女が気になるな。も1回食べてみっか。

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ