2024年3月27日 (水)

SPRING CONCERT and フィンガーフードで愉しむ桜と苺のAfternoon Tea

 今週は気が付くと本番ラッシュ。Yaeさんの兵庫公演(2024年3月24日参照)、TRIO TYDの東京公演(2024年3月26日参照)。その翌日は地元でランチ・タイム・コンサートでした。

Springcon20240327 何とも長いタイトルですが、実はただランチ・タイムに演奏するのではなく、「食」とのコラボ企画。まぁ、このお値段からすると、すんごい料理が出てきそう!?

 んで、演奏の方はと言うと、今回はお馴染み稗田隼人君とのDuo。お互いMultiにも関わらず持ち替えはせず、単一楽器で勝負!...って変な表現だけど。

 実は企画していた当初の会場から変更。とは言え、変更するにも我々演奏チームはともかく、料理チームは厨房の関係があるので、そう簡単にはいきませんわね。プロデューサーの重藤直子さん他、スタッフさんも数人。50名の食を用意するので大変です。

Img_20240327_124728410 果たしてこのお料理。うぅわっ!すごっ! しかもコレ、一部です。もっと他にも。幸い我々演奏家も頂く事が出来やした。フツーそういうのは無くて、お客さんは料金払っているのでゴージャス。演奏者はスタッフなので仕出し弁当とかね。

 年度末のお忙しい中、お越し頂きましたお客様、有り難うございました。

2024年3月 4日 (月)

Last Lunch [Part II]

 閉店前日の銭湯。メニューが激減した食堂で啼鵬がオーダーしたのは、醤油ラーメン唐揚げ(単品)。

Img_4083 しかし出来上がったのはコレ。唐揚げ単品のはずが定食に...。厨房のお姉さんも食券を確認して「あら!そうだったわ」だって。「残してもイイですから」と言われても、ガキの頃テレビで散々カンボジアの飢餓問題を観てきたアタシが、残せるはずがない。かと言って、全部食べられるワケもない。はぁ、30年前だったらイケたな。なので持ち帰り用パックをもらいやした。

 ちなみに醤油ラーメンは「チャーシューをオマケしておきました」と。まぁ、メニューの多くは終了していて、明日閉店ならばチャーシューを残しておいても仕方が無い、ってコトですかネ。

 お姉さん、ご馳走様でした。

2024年3月 3日 (日)

Last Lunch [Part I]

 先月訪れたときに、もう店じまいする事を知った銭湯(2024年2月2日参照)。

Img_4085 閉館する前日に訪れる事が出来ました。山形市は雪。して、何でアタシこんな格好かと言うと、ココに来る前の日は勤務する看護学校の卒業式(2024年3月1日参照)。その着の身着のままで移動したので。

 ただこの後の予定も詰まっていたので、お風呂は諦め。まぁ、先月堪能しましたので。ちなみにネットにレビューも書いておりまする。

Img_4080 ならばお昼ゴハンを。...って、メニューが少なっ! ボタンに赤いランプが点灯しているのは、「売り切れ」。厨房のお姉さんにも「ゴメンねぇ、もう醤油ラーメン、チャーシューメン、唐揚げ定食くらいしか無いのよ」と。

 そうかぁ、ならば醤油ラーメンと単品の唐揚げを。   [つづく]

2024年2月26日 (月)

天ぷら休み

 以前にも行ったお蕎麦屋さん。そのときはアイスの天ぷらが目当てでした(2022年4月23日参照)。

Img_3894 今回はそのアイスの天ぷらの事は忘れていて、前にも行った事があったから、という理由で行ったのですが、あれ?メニューが少ない。いや、それはまぁ珍しい事でもないか。

 しかし何と天ぷら関係がお休み。唯一ある揚げ物がコロッケ! それもカニクリームなので、啼鵬は食べられませぬ。結局選択肢もあまり無いので、もりそばの大盛りを注文。

 う〜む、何だろ、蕎麦としてはちゃんとしているんだけど、じゃぁ「もりそばで勝負」って店でも無さそうだし...。天ぷらの役割って大きいんだな。あの駅の蕎麦のように(2022年9月20日参照)。

2024年1月29日 (月)

Yaeさんの生姜

 まるでブランド名みたいですが、半農半歌手を自称するYaeさん。実のところ、いつもご一緒させて頂いているのは「歌手」の部分ですので、「農業」の方はなかなか...。

Dsc_0357 そこでこの生姜。先の演奏会(2024年1月27日参照)でも販売していた、彼女の育てた生姜です。まぁ、モノがモノなんで、写真だとなかなか映えませんが、ホント美味しい! 生姜蜂蜜などの飲料にしてみたり、薬味やら料理の味付けやら、生姜好きにはたまらんです!

2024年1月21日 (日)

郷土の味を江戸で

 幾度となくこのBlogに登場し、もはやネタの宝庫となった例の食堂。

Img_20240121_172613153 なんと「けんちん蕎麦」があるではないか!けんちん汁でうどんを食べるのは一般的だと思いますが、蕎麦を食べるのは茨城ならではの食べ方。時折県外でも見かけるのですが、今回も遭遇したのでオーダー。

 ま、基本的にはこの店なんで、とびきり美味い!とかではないんですが、素朴な味で結構。体も温まるし...。

 そしてこの日はトピックス。いつもは客がアタシしかいないのに、この日は2組も!...って、なんとそのうちの1人は、前回入れ違いに入ってきたご婦人(2024年1月15日参照)。

 「いつものカツ丼大盛り~」とオーダー。あ!そうだ、今回テーホーはカツ丼を頼むんだった。忘れてた...。

 更にもう1組の客。「懐かしい蕎麦の香り~」なんて言ってる。一見さんね。で、オーダーしたのが「焼酎の蕎麦湯割り」だって。え?酒を飲まないテーホーが言うのもなんですが、信州や山形と言ったそば処で、何度も飲み会に参加していますが、んなもん頼んだヒト見たこと無い。しかもメニューに無いし。女将さんも困った様子で「熱いですケド」と言って出していました。

 う~む、メニュー以外でもネタの宝庫だ。

2023年12月23日 (土)

10分

 カップ麺の調理時間は、製造したメーカーさんが厳密に定めているものなのでしょう。袋麺の加熱時間は「お好みで〜」と、長くしたり短くしたりというのも見かけますが。

 今回は通常5分で出来上がるうどん系のカップ麺。其れを10分で。この数値、ピアニストの鬼武みゆきさんや、同じ現場にいた録音エンジニアさんに教えられました。いや、説得されました! 半信半疑のアタシに「1個捨てたと思ってやってみて!」と、大分押しまくられ...。

Dsc_0315 果たして10分、待ってみると...うむ、確かにこりゃ凄い。新たな世界かも知れませぬ。てっきり麺がグニャグニャで食感もあったもんじゃない、と言うのを想像していたのですが...。

 麺のエッジ(と言うのか)が柔なくなり、ある意味新食感。なかなかイイ。さすがにカップ麺のうどんで、やれ「麺のコシが」だの、うどんは「喉越しだ」なんて言う人はいないかと思いますが、近いものを敢えて挙げるならば、宮崎で食べた吉兆うどんかしら。

 実は卵も入れると良いと言われたのですが、さすがに初体験だったので遠慮しました。次回は卵も入れてみるか。

2023年12月19日 (火)

何もかも昔ながらの〜

 よく利用する駅の近く。パーキングが入っているビルで、いつも気になっていました。

2bakaikan 「昔ながらの〜」と、時折目にする冠ですが、お店の雰囲気から店員さんまで(!?)、確かにそんな感じ。そう、味まで今風じゃなくて、昔の洋食屋さんの味。...って、50年しか生きていないので、そのくらいの昔ですが。

 ちなみにランチは「手作りランチ」というもので、一瞬ツッコミたくなりますが、んま、昨今のファミレス等の事情を考えれば、「手作り」は十分ウリになるのかと。

 ちなみに量も上品な感じで、こちらも「昔ながら」って感じでした。

2023年12月15日 (金)

Fried N

 話は少し前に。Sonor Clarinet Ensembleとの共演(2023年12月2日参照)と言えば、名物の前夜祭。ある時など、本番よりも盛り上がった年もありました。

Img_20231201_224116339 んで、今年なんですが、いつもの中華屋さんでは無く、初めて入ったお店。そこで出されたフライ。パット見、フライド・ポテトなんですが、ナニを揚げているかと言うと、なんと長芋。

 この食感と言い、衣との相性と言い、素晴らしい。食べているうちに止まらなくなったのは、啼鵬だけではなく、セルビア出身のロバート・ボルショスさんもパクパク食べていました。

2023年12月 2日 (土)

遅れてきた第20回定期演奏会

 「定期」と冠があれば、一定の周期でもって演奏会をする訳ですが、コロナ禍で通常開催が出来ず断念。なんて団体は数え切れないほどあるかと。

 Sonor Clarinet Ensembleもその1つ。啼鵬は第5回から関わっておりますが(2005年10月30日参照)、今年は本来第23回をやっていたはず。しかし前述の事情から今回、ようやく第20回を迎える事が出来ました。

Img_20231202_191049630_hdr 飯田市は人口に占める焼き肉屋さんの数が、最も多い都市なんですって。なので節目の年の打ち上げは、やはり焼き肉で。

 お忙しい中、お越し下さいましたお客様、有り難うございました。

より以前の記事一覧

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ