2024年6月 7日 (金)

戻ってきた戴帽式

 ようやくです。コロナ禍前の通常のお式に戻りました。あぁ、最後にきちんとした形でやったのは2019年でしたか(2019年6月7日参照)。奇しくも同じ日!

Taibo2024b んなもんで、大分忘れてしまっている部分も...。そもそも何で去年でなく、今年でようやく戻ってきたのか。

 新型コロナウイルス感染症の5類移行が昨年の5月。新年度は既に始まっていて、コロナ禍の最中は歌がNGだったので、まだこの時点では啼鵬の歌唱指導は始まっておりませぬ。ようやく今年度になって歌を。

 その久しぶりのセレモニーでしたが、厳かに無事執り行われ、看護学生の皆さんはめでたくナースキャップを頂きました。これからが大変だと思いますが、頑張って下さい! 当分音楽の授業はありませんが、陰ながら応援しております。

 そして今日は晴れた!

2024年5月19日 (日)

飯田朋子60周年記念癒しのコンサート

 ここ数年お世話になっているピアニストで音楽療法士、飯田朋子さん。60周年記念コンサートに出演させて頂きました。

Iidatomoko60th 啼鵬が生まれたときには既にプロ。あぁ、キャリアとは凄いものです。今回はViolinとBandoneonで参加。映画音楽の数々を共演させて頂きました。

 飯田さんのパワフルなお人柄には、いつも圧倒されております。これからもお元気でご活躍下さい。70周年に向けて!

 たくさんのお客様にお越し頂きました。有り難うございました。

2024年5月 7日 (火)

初の県外進出

 これまで山形県内でのみ演奏していたてっちぃず。しかも県内と言っても多くは山形市。ついこの前には天童市で演奏(2024年5月6日参照)。

Tczgreenlight それが今回は山形県を飛び出し、お隣福島県へ。そう言えば啼鵬、福島県で演奏するのも久しぶり。あいにくの雨模様でしたが、機材も持ち込んで1時間ほどのステージを。

 実はこの企画、友人のお好み焼き屋さん「かっちゃん」の提案。何年も前から温めておいたのですが、ようやく実現。そしてこれは、コラボ企画なのでてっちぃずは音楽、かっちゃんはキッチンカーでお好み焼きを提供。施設の方々には音楽と食を楽しんで頂きました。

Img_5310 充実した時間を過ごさせて頂きました。有り難うございました。

2024年4月25日 (木)

血液補給

 1度はフラれたものの(2024年4月18日参照)、後日訪れ無事特定健康診査を受ける事が出来やした。

 んで、その日は血を採られたもんで、補給せにゃと、レバーを食べに近所の中華屋へ。レバ・ニラ炒め、ニラ・レバ炒め、どっちが正解か知りませんが、其れを注文すると...!?

Img_20240411_111608718 なんか想像してたのと違うな。まず全体の色からして。こんなに茶色いもんかネ。コレはコレで美味しかったですが、もっとニラやレバーが全面に。そんなんじゃ無かったでしたっけ?

 ちなみに特定健康診査。結果も届きましたが、んま、こんなもんですかい、年も年だし。

2024年4月12日 (金)

令和6年度入学式の雨

 確かに天気予報では「雨が降ることも」と。降水確率はよく見ませんでしたが、午前中は曇天。何となく晴れ間もあったかな、と思ったくらい。

Tmu2024sakura 果たして入学式の少し前から雨が降り出しました。少なくともこの地域は。駐車場から見える桜も雨に濡れて。

 今年もやってきました。啼鵬が勤務する看護学校の入学式。何となくこの学校のセレモニーの日、雨が多いような気が...。戴帽式が6月、梅雨の時期なので仕方無いにしても、う~む。

 今年の新入生は大分少なかったです。一頃の半分くらい。少子化の影響なのでしょうか。しかし高齢化社会、いや超高齢化社会を迎える今後、看護の現場はいくら手があっても足らないくらいになるのではないでしょうか。ただでさえ茨城県は医師不足の県ですし...。

 ご入学の皆さん、おめでとうございます。陰ながら応援しています。

2024年4月 2日 (火)

最後の瓶牛乳

 最近ニュースでやっていました。森永乳業が瓶入り牛乳を終了すると。何回も洗って使える容器はメリットではあるものの、回収するコストの方がデメリットだと。

Img_4608 ならば飲めるうちにと、行きつけ(!?)の銭湯で。う〜む、やっぱ瓶だな。この飲みクチはストローやコップでは味わえませぬ。

 思えば啼鵬、幼稚園のときに飲んでいたのが瓶入り牛乳でした。ただあまり好きでは無かったなぁ。其れをサボったから、あまり背が伸びなかった!?

 小学校〜中学校の牛乳は三角の、いわゆるテトラパック牛乳でした。途中から外装に、何やら豆知識がたくさん書いてあるものに変わったり。

 今回終了するのは、あくまで森永乳業のアナウンス。まだ継続する会社もあるようですが、果たしてこの銭湯はどうなるでしょ。

2024年3月 1日 (金)

第34回生卒業証書授与式

 気が付くともうこんな季節。今年度も最後の月。

34kaisei 今回の学年も、昨年同様(2023年3月4日参照)コロナ禍での入学。授業はコーラスではなく、啼鵬のまとめた西洋音楽史。ホント申し訳無い。って、アタシが謝る事でもないのですが、まぁ、今後同業者と話すときに、「ウチの看護学校、西洋音楽史とかやったんだぜ」と、ネタにしてくれれば。

 今回も「仰げば尊し」は啼鵬のPiano Solo。34回生の皆さん、それぞれの目指す看護師として羽ばたいていって下さい。

2024年2月22日 (木)

講演手伝い

 母校での講演。って、アタシじゃなくて弟。

Img_20240222_151638986_mp 国家試験も終わり、結果を待つ看護学生に向けて、卒業生が講演。その手伝いをしやした。ま、弟の場合はViolin奏者と看護師の2つの顔を持つので、そういった話をしながら、間に演奏を交えて。そう、啼鵬はその演奏の方の手伝い。

 看護であれ音楽であれ、専門的な事を学んで現場に出ても、学校で習った事がそのまま通用する世界ではないのですが、今後の学生さん達のご活躍を心よりお祈りしております。

2024年2月 2日 (金)

Last N.Y.

 なんてことでしょう。久しぶりに訪れたスーパー銭湯が...。

Basholast まぁ、昨今の様々な事情からすれば仕方のない事なのかも知れませんが、それにしても残念。

 実はこの日、リハーサルを終えて食事を済ませ、せっかくなので湯に浸かろうと、候補の湯は他にもあったのですが、通り道なのでココに寄ってみました。

 湯上がりには以前訪れたときにも飲んだ黒酢を。そう言えばここの食堂はまだ食べていなかった。閉店までに入浴は出来ないかも知れませんが、食事ならばイケるかも知れませぬ。

2023年12月20日 (水)

クリスマスの癒やしのコンサート2023

 去年の今頃も同じコンサートに出演させて頂きました(2022年12月21日参照)。

Central2023 何だかアタシが一番上にクレジットされているのは...。昨年同様、A.R.C.でご一緒しています山下亮江さんがメイン・ヴォーカルですので、啼鵬は伴奏。今回はViolinとBandoneonを演奏しました。

 いつもながら患者さん達に加え、スタッフの皆さま、更には病院のお偉方もお見えになり、なかなか賑やかでした。曲目も旬のもの(!?)から定番曲まで様々。

 特記事項はやはり、Pianoを弾かれた飯田薫子さんですね。急きょ司会進行もやる事になり、スムーズにこなされていました。

 聴いて下さった皆さま、有り難うございました。

Dsc_0145

より以前の記事一覧

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ