2024年4月12日 (金)

令和6年度入学式の雨

 確かに天気予報では「雨が降ることも」と。降水確率はよく見ませんでしたが、午前中は曇天。何となく晴れ間もあったかな、と思ったくらい。

Tmu2024sakura 果たして入学式の少し前から雨が降り出しました。少なくともこの地域は。駐車場から見える桜も雨に濡れて。

 今年もやってきました。啼鵬が勤務する看護学校の入学式。何となくこの学校のセレモニーの日、雨が多いような気が...。戴帽式が6月、梅雨の時期なので仕方無いにしても、う~む。

 今年の新入生は大分少なかったです。一頃の半分くらい。少子化の影響なのでしょうか。しかし高齢化社会、いや超高齢化社会を迎える今後、看護の現場はいくら手があっても足らないくらいになるのではないでしょうか。ただでさえ茨城県は医師不足の県ですし...。

 ご入学の皆さん、おめでとうございます。陰ながら応援しています。

2024年4月 2日 (火)

最後の瓶牛乳

 最近ニュースでやっていました。森永乳業が瓶入り牛乳を終了すると。何回も洗って使える容器はメリットではあるものの、回収するコストの方がデメリットだと。

Img_4608 ならば飲めるうちにと、行きつけ(!?)の銭湯で。う〜む、やっぱ瓶だな。この飲みクチはストローやコップでは味わえませぬ。

 思えば啼鵬、幼稚園のときに飲んでいたのが瓶入り牛乳でした。ただあまり好きでは無かったなぁ。其れをサボったから、あまり背が伸びなかった!?

 小学校〜中学校の牛乳は三角の、いわゆるテトラパック牛乳でした。途中から外装に、何やら豆知識がたくさん書いてあるものに変わったり。

 今回終了するのは、あくまで森永乳業のアナウンス。まだ継続する会社もあるようですが、果たしてこの銭湯はどうなるでしょ。

2024年3月 1日 (金)

第34回生卒業証書授与式

 気が付くともうこんな季節。今年度も最後の月。

34kaisei 今回の学年も、昨年同様(2023年3月4日参照)コロナ禍での入学。授業はコーラスではなく、啼鵬のまとめた西洋音楽史。ホント申し訳無い。って、アタシが謝る事でもないのですが、まぁ、今後同業者と話すときに、「ウチの看護学校、西洋音楽史とかやったんだぜ」と、ネタにしてくれれば。

 今回も「仰げば尊し」は啼鵬のPiano Solo。34回生の皆さん、それぞれの目指す看護師として羽ばたいていって下さい。

2024年2月22日 (木)

講演手伝い

 母校での講演。って、アタシじゃなくて弟。

Img_20240222_151638986_mp 国家試験も終わり、結果を待つ看護学生に向けて、卒業生が講演。その手伝いをしやした。ま、弟の場合はViolin奏者と看護師の2つの顔を持つので、そういった話をしながら、間に演奏を交えて。そう、啼鵬はその演奏の方の手伝い。

 看護であれ音楽であれ、専門的な事を学んで現場に出ても、学校で習った事がそのまま通用する世界ではないのですが、今後の学生さん達のご活躍を心よりお祈りしております。

2024年2月 2日 (金)

Last N.Y.

 なんてことでしょう。久しぶりに訪れたスーパー銭湯が...。

Basholast まぁ、昨今の様々な事情からすれば仕方のない事なのかも知れませんが、それにしても残念。

 実はこの日、リハーサルを終えて食事を済ませ、せっかくなので湯に浸かろうと、候補の湯は他にもあったのですが、通り道なのでココに寄ってみました。

 湯上がりには以前訪れたときにも飲んだ黒酢を。そう言えばここの食堂はまだ食べていなかった。閉店までに入浴は出来ないかも知れませんが、食事ならばイケるかも知れませぬ。

2023年12月20日 (水)

クリスマスの癒やしのコンサート2023

 去年の今頃も同じコンサートに出演させて頂きました(2022年12月21日参照)。

Central2023 何だかアタシが一番上にクレジットされているのは...。昨年同様、A.R.C.でご一緒しています山下亮江さんがメイン・ヴォーカルですので、啼鵬は伴奏。今回はViolinとBandoneonを演奏しました。

 いつもながら患者さん達に加え、スタッフの皆さま、更には病院のお偉方もお見えになり、なかなか賑やかでした。曲目も旬のもの(!?)から定番曲まで様々。

 特記事項はやはり、Pianoを弾かれた飯田薫子さんですね。急きょ司会進行もやる事になり、スムーズにこなされていました。

 聴いて下さった皆さま、有り難うございました。

Dsc_0145

2023年9月20日 (水)

啼鵬が奏でる弦の癒し

 アタシが癒やすなんて、何ともおこがましい...。

1694565142269 以前も演奏させて頂いた病院。啼鵬は今回なんとCello、とだけ書くと別に珍しくもなんとも無いのですが、Celloだけ!と書くと初めてのケース。オケでCelloだけならともかく、PianoとのDuoでねぇ。

 しかも曲目もガチのClassicもありました。更にはその場で決めた曲も。リハーサルも打ち合わせもナシに演奏!ピアニストの飯田薫子さん、ホントよく空気を読んでくれて、啼鵬のやりたい音楽の方向をキャッチ。まるで入念に打ち合わせ、もしくは事細かに書いた楽譜が用意されていたかのような、息の合い様。なかなか出来ませぬ。

1695209351394 演奏を聴いて下さいました皆さま、有り難うございました。そして薫子さんもお疲れ様でした。

2023年9月16日 (土)

男女丼

 このジェンダーレスが叫ばれている世の中にあって、男女別のメニューがあるのは疑問を抱かざるを得ません、と言いつつもケースバイケースだとは思いますが、大抵はレディース云々とうたっていても、男性もオーダー出来たりします(2013年9月11日参照)。

Danjodon1 今回は丼モノ。奥に見える啼鵬の前に置いてあるのが「男丼」で、手前が「女丼」。メニュー名にちゃんと明記。尤も正式名称はもっと長いですが。

 男はソーセージで、女はチキン。メニューの写真が不鮮明だったので、勝手に「男」のイメージで想像していましたが、運ばれてきたものはチョット「!?」な感じ。食べてみて更に「!!??」な感じに。

 まず「男」なので、ボリューミーで完食すると動けないくらい満腹になるような、スッゴイ丼がくるものかと。若い頃ならペロッと食べられるけど、もうこの年ではねぇ、なんて言いながら。かつて食べたサーファー丼とか(2021年6月17日参照)。

 丼も小さいし、当然量は少ないし、ソーセージは細いし、食べても満腹にはならないし、それでいて先のサーファー丼の倍近くの値段。

 いや待てよ、こりゃ腹八分目という、男としての自制を促している丼なのか? 確かにもう齢五十。呑気に毎食腹一杯食べて喜んでいる場合ぢゃない。そういう意味で大人の男丼だったのか。

 ま、味は良かったですケド。

2023年8月28日 (月)

てっぱん食べ放題

 そう言えばお好み焼きは久しぶり。業者さんにも聞いた事がありますが、やはり夏場のお好み焼きはキビしいようで...。ましてやこの連日の猛暑。

Dotonteho01 今回はチェーン店で、山形の店舗に。ま、暑くても美味しいものは美味しい。オーダーストップが近かったせいか、お客さんはあまり。ちなみに今回は「食べ放題」のプランで。割引チケットがあったので。

 その「食べ放題」。2種類あって、今回は下のランクのメニュー数が少ない方。んで、今回注文したものを、もし単品で頼んだら、我々(2人)は元がとれたんだろうか?と計算してみると...。

 う〜む、辛うじてとれたという感じ。もし割引チケットじゃなくて正規料金だったら、完全にとれてましぇん。あぁ、年をとったのかな。お好み焼き2枚と写真のキャベツ、もんじゃ1つと焼きそば。10年若かったらお好み焼きもう1枚はイケたか。

2023年8月25日 (金)

ラジオ体操復活

 コロナで中断していたラジオ体操。そう、夏の朝の風物詩。復活しました。と言っても期間は縮小。ただでさえ少ない日数が更に...。

 啼鵬がガキの頃は夏休みの40日間、まるまる行っていたもんです。いや?日曜日はどうだったっけ。それが今では夏休み初期の7月1週間ほどと、最後の8月下旬の1週間くらい。して、復活した今年はその8月の1週間、じゃなくて月曜から金曜の5日間!

Dsc_0184 で、今の子はラジオ体操をしない。なので知らない。辛うじて第1は分かっても、第2は全然知らなかったり。んなもんで、ガキの頃から体にしみついているテーホーに、「スミマセン、前でやって頂けますか」と子ども会の役員さんから。

 いやぁ、頼まれちゃぁ、しゃぁない。一生懸命考えて、左右逆に振り付け(!?)。ラジオ体操の動作は、基本左からやるので、右からね。それでもいくつかは失敗してまった。

 子ども会の地区毎にやっているラジオ体操。例年ならば合同でやる日もあったのですが、今年はそこまでは復活せず。来年はどうかネ。チビッ子たち、そして付き添いでいらっしゃったお父さん、お母さん、お疲れ様でした。

より以前の記事一覧

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ