2024年2月 5日 (月)

けん玉の街へ

 山形県に通うようになって何年か経ちますが、長井市に行くのは初めて。ただ土浦音楽院の後輩が住んでいたり、昨年などはアタシの編曲した曲を、Trianguloでお馴染み、相川麻里子さんが市議会で弾いたり。ま、間接的にはってとこですか。

Img_3770 今回はコレが目的!? いや、撮影じゃなくてけん玉。長井市はけん玉の街なんですって。アタシもガキの頃からけん玉はやっていました。まぁ、榊原大首相ほどではないにしろ、とめけんや飛行機、灯台もなんとか。もしかめも。

 この施設、いやぁ、なかなか話題性がありやした。近いうちに動画にまとめようかと。

2023年12月 7日 (木)

同い年ホテル

 初めて知りました。今年が節目なので分かったのでしょう。

Img_20231202_101959110_hdr Sonor Clarinet Ensembleとの共演で訪れる長野県は飯田市。いつも宿泊するホテルは、啼鵬と同い年! こちらは8月生まれのようで。アタシは2005年から訪れているので、もしや40周年のときもこういう張り紙があった!?

 コロナ禍では途切れましたが、基本的には毎年来てはココに宿泊。でも1、2回ほど満室のために、別のホテルに泊まった事もありましたか。

 そう言えばこのホテルで行われた結婚式にも出席した事がありました(2008年7月11日参照)。お互い半世紀生きていました。これからもシクヨロ。

2023年9月25日 (月)

リード自販機

 近年は様々な自販機を目にしまする。啼鵬がガキの頃は、ジュースの自販機はもう定着していましたが、アイスの自販機は珍しかった時代。最近見た中でのトピックスは、山形名物どんどん焼きの自販機ですかネ(2023年4月29日参照)。

Img_20230921_133049246 先日行った楽器屋さんの店先。京都のMiles Davis企画のときです(2023年9月21日参照)。なんとClarinetやSaxophoneのリードが売っているではないか!まぁ、確かに今使っているのがヘタってきて、すぐにでも必要。でもこんな時間じゃ店やってないし、なんてときには強い味方。

 ただこの自販機、よくみると大分面白いものが売っていますな。Guitarの弦などはリードと同じカテゴリーとしても、カリンバとな。楽器本体が買える! CDの自販機も見たことはありますが、「京都音のおみやげ 決定版」って、こりゃもしや京都の街のざわめきとか、京都ならではの音かいな。NHK FMの「音の風景」みたいな。

 そして決定打がイチバン上。「ショパンのパン3缶食べ比べセット」。あぁ、なんでコレ買ってこなかったんだろ。気づいたのはこの写真でです。パッと見たときはリードしか目に入らんかったので。

2023年9月14日 (木)

キャリーケース修理【後半】

 元々静かでは無かったですが、更にうるさくなったキャリーケースの車輪。見ればタイヤが破損。

Carrychange3 これじゃ、ガタガタするわな。んで、ネットで検索すると交換用の車輪が売っている。ただこのリュック・タイプのキャリーは、ちょっと規格外な感じ。取り敢えず車輪の直径は同じものが買えそう。

 しかし車軸が長い。すると車軸だけ売っているショップも。なので別々に購入。しかしバッグの方の車軸の直径がどうやら小さいようで、それはドリルで少し大きくしました。

Carrychange5 まぁ、大変だったのは車軸を金属用のノコギリで切断する事。そして無事交換。早速使ってみましたが、これがもぅ! まるで360ccの大昔の軽乗用車から、いきなり今の電気自動車になったくらい、全く音がしない! だったら最初からこの車輪にしてよ、って感じですが、それはそれでコストもかかるのでしょう。

 何しろ以前のタイヤと今回のタイヤ、格が違うどころの話じゃなくて、まるで別モノ。

Carrychange6 見てよ、酷いでしょ。つまりホイールから何から、全てプラスチックかネ。ならば啼鵬のような使い方をしていれば、あっという間に摩擦で車軸の部分はダメになるわな。

 今回のタイヤは、空港や駅など、凹凸の無いところではほぼ無音。アスファルトだって大分静か。ん?待てよ、こういう部品があるって事は、以前壊れたアレ(2022年10月27日参照)も直せるのか。ちなみに交換の様子は「限りなく啼鵬の一応動画劇場」のオープニングで見られます。第百五十三話第百五十四話で。

2023年9月13日 (水)

キャリーケース修理【前半】

 タイトルにはキャリーケースと書きましたが、リュックにもなるタイプ。

Carrychange1 以前使っていたものが、取っ手が壊れたので新調。そう、スーツケースを買った時期とほぼ同じくらいに(2022年10月27日参照)。

 サイズ感も良く、喜んで使っていたのですが、実は当初から車輪の音がうるさい! ま、前のもそうだったので、安いから仕方ないか、くらいに思っていましたが、なんと最近、その音がもっと酷くなり、挙げ句の果てには車輪がうまく回らない!?

Carrychange2 ...って、何ですかコレ。車輪がズレているって事は、タイヤ中央の穴がどうかしたのか。だって買って1年もしていないし。走行距離だって、たいしたコト無い。ちなみに前のヤツは取っ手が壊れたのであって、車輪は大丈夫でした。30年くらい使っていましたが。

 何しろテーホー、リュックとして使うより、引っ張って使う方が多いので、どうするか。諦めてリュックとして使うか、お払い箱か...。んで、ネットで調べてみると何だ、自分でも修理出来るじゃん。

 ってコトで、次回は修理編へ。

2023年8月17日 (木)

黄色いポスト

 話は先月の宮崎滞在時。

Img_20230721_130801920_hdr JR宮崎駅前にあった郵便ポスト。かなり目立っていました。この果物は? 日向夏ですか。言ってみればご当地ポスト!

 初めて見ました。郵便ポストで赤く、四角いのとか、昔の円筒形のとか、そういったオフィシャル(?)でない形のは。

 他にも各地にありそうですね。

2023年7月 4日 (火)

MRT宮崎放送に出演

 笠間(2023年7月1日参照)~松本(2023年7月2日参照)と強行軍でしたが、今度は海を渡り宮崎県へ。

Mrtrec1 今月、延岡市で行われる演奏会に向けてのリハーサルで訪れたのですが、そのPRも兼ねてラジオ出演! MRT宮崎放送の「クラシック音楽千夜一夜」という番組の収録を。

 パーソナリティは薗田潤子さん。啼鵬チョイスの音楽と共に、彼女からのインタビュー形式で番組は進行。啼鵬のこれまでの音楽生活を振り返る感じです。

Mrtrec2 番組は毎週月曜日の21:00~22:00なのですが、啼鵬の回放送予定は7月17日と24日。宮崎県外の方でも、radikoのプレミアム会員であれば、エリアフリーで聴けます。結構赤裸々に(!?)語りました(笑)。

2023年6月14日 (水)

力士&マエストロ

 クルーズ船飛鳥IIで寄港した金沢。駅舎がとても立派な事はレポートしました(2023年5月26日参照)。その駅に入ってみると...!?

Img_20230522_132932190 おぉ!石川県出身の力士!等身大かしら。人気力士、多いですね。...って、先生!ドサクサに紛れてナニしてんですか!

 今年啼鵬の編曲したピアソラ作品を振って下さった(2023年2月1日参照)、今や日本を代表する指揮者。アタシがお持ちしたお土産、干し芋と一緒に写真も撮って下さいました。

 あぁ、茨城はどうなのかな。かつては水戸泉、武双山、雅山と幕の内上位力士が何人も。更に稀勢の里や高安。えっと指揮者...、もとい大作曲家がいらっしゃいますな。水戸出身の池辺晋一郎先生。長らく「N響アワー」に出演され、発した駄洒落は数知れず。力士と一緒にパネル化して、月替りで吹き出しに駄洒落を書き込む。いや、先生だったら週替りでもイイかも。

2023年5月24日 (水)

飛鳥II初乗船

 実は企画自体は大分前に。そう、コレもコロナで延期されたものの1つ。そもそもコロナ禍初期に、某豪華客船内での感染が話題になりましたし。んなもんでこの飛鳥IIも長らく航行が出来ませなんだ。

Img_20230523_161820841_hdr ご一緒させて頂いたのはお馴染み、歌手のYaeさんとギタリストの越田太郎丸さん。Yaeさんとアタシは初乗船。太郎丸さんはもう何度も乗船していて、しかもワールド・ツアーが多いので、1回乗船すると3週間とか。

 ちなみに我々はゲスト・エンターテインメントという扱いで、乗船客でもあるし、娯楽を提供する側でも。

 発着はなんと博多港。テーホーは茨城~福岡と飛びやした。そこから敦賀~舞鶴~金沢と航行。思えばアタシにとって海と言えば太平洋。今回は初めて、ではありませんが滅多に観られない日本海を拝む事ができやした。

Img_20230520_141147180_hdr それにしても船、デカい!

2023年5月 7日 (日)

最後の眺望

 もう閉鎖される事がアナウンスされているホテル。山形市のホテルを挙げていけば、必ず最初の方にくる代表格かしら。実は啼鵬、1階のカフェには出演した事もあり(2020年2月15日参照)、そのときの模様は動画にも。いや、動画は食べているところか...。

Oukarin4 で、その動画で食べたのはカフェのまかない。もう終わってしまうならと、食べ納めでもありませんが、せっかくなので行った事のない、12階の中華屋さんへ。

 思うんですけど、ちょっと良さげなホテルって、必ずと言って良いほど中華屋さんが入っていますよね。しかもこれまたちょっとアッパーな感じの中華屋さん。

 ま、それはともかく、このお店もやはり中の上以上のお店。ランチも決して安くはありませぬ。もちろん相応に美味しい! なので満足感はあるのですが...。

Oukarin2 12階からの眺めがコレじゃぁねぇ。もしこのションマンが無ければ、もっと山形市内を見渡せたのかな。夜景も然り。そしてこのホテル、別のホテルが入るのか、取り壊すのか。

 泊まった事はありませんが、啼鵬にも御縁のあったホテル。有り難うございました。

より以前の記事一覧

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ