2020年3月27日 (金)

ボクの主張

 一宮のプロジェクトでは、いつも「ししょう」と呼ばれるボクが参加。前回お邪魔したときも、打楽器から指揮までこなしていましたが、今回は何と弦楽器!

Img_2814とにかくやる気に溢れ、次から次へと楽器を駆使。まぁ、親御さんが楽器に関する専門的な教育を受けた方なので、環境としてはバッチリね。それにしてもこの16分の1という楽器は、改めて見ると小さっ!

 ViolinはPiano同様、小さなときから始める人が多いのですが、それは手、特に左手がまだ柔らかいうちに、Violinらしい動きの出来る手にするという意図があります。具体的には指それぞれの独立かしらね。薬指と小指なんか、大人の皆さん、連動しちゃうんじゃありません?

Img_2819 そしてボクは曲に合わせて、様々な楽器に持ち替えるのですが、それはこの曲では何の楽器がイチバン目立つか!という観点。いやぁ、確かに我々が合奏しているときに、「おっ、その楽器でくるかい」って感じで目立ちそうな音の楽器で加わりまする。

 子どもの主張って、大事です。

2020年2月15日 (土)

山形ダブルヘッダー

 そりゃ、せっかく行ったので、山形ならではのものは頂きますが、何も食事をしに行ったワケではありませぬ。今回はなんとダブルヘッダー。

Teccheeze2020 まず1つ目。こちらは幼稚園。しかも本当は昨年12月に予定していました。しかしインフルエンザの流行で延期に。ようやく今回実現。

 規模の大きな園なので、聴いてくれた園児の皆さんも多かったですし、この日はたまたま実習生の皆さんも加わり、大変多くのオーディエンスの中で演奏。取り分け「パプリカ」は、皆さん振り付けバッチリ!

 無事演奏を終えたTecCheEzeの3人。そう、アタシの他にSaxophoneが2人。みんなの頭文字をとって「TecCheEze(てっちぃず)」というユニット名に。ちなみにこのTrioでの演奏、先月もやりました(2020年1月26日参照)。ひっぱりうどんの会(!?)に始まり(2019年9月3日参照)、今回で3度目のステージ。そしてランチは、先に紹介した中華屋さんへ(2020年2月14日参照)。

Castleduo2020a 午後にリハーサルをした後、夜は山形市内のホテルで演奏。ここでの演奏も3回目になりました。この日初めて演奏するレパートリーも多く、お食事のBGMでありながら、演奏側はかなり緊張感のある感じ。う〜む、PianoもBandoneonも課題が多いなぁ。頑張らないと。せっかくの素敵な空間。アタシの演奏で台無しには出来ませぬ。

2020年1月26日 (日)

0歳からのクラシック

 弦楽合奏団弓組の記念すべき第10回公演を無事終え(2020年1月25日参照)、啼鵬は一路山形へ。って、打ち上げを終えてからの夜行バスよ。例年この時期だと天候を気にするのですが、今年は記録的な(!?)暖冬。雪は無く時間通りに山形へ。でも其れって必ずしも喜ばしい事ではありませぬ。雪が降らない事で困る事もたくさん。

 早朝山形市に着くと、そこから寒河江市へ。ここでパパとお子さん向けのコンサートに出演。お子さんと言っても、どちらかと言うと赤ちゃん!

0classic01啼鵬も赤ちゃん向けコンサートは何度か経験(2017年6月9日参照)。しかしながらパパとの組み合わせは初めてか。馴染みのあるクラシック曲を揃え、豆知識などを交えながら演奏。どれくらい伝わったかしらねぇ...。

 クラシック音楽は演奏そのものを楽しむ以外に、曲や作曲者等にまつわる知識を得る楽しさもあります。それは例えれば歴史好きが人物やエピソードを知るに等しく、そいういう面白さを伝えたかったのですが、さすがにパパと赤ちゃん両方にってワケにもいかないですし。

 ある意味一番ムズカシイ演奏会かしらね。しかし音楽の底辺拡大が使命だと思っている啼鵬、これからも多くの方に音楽の素晴らしさを伝えていきたいと思います。お忙しい中お越しくださいましたパパさん、赤ちゃん、そして付き添い(!?)のママさんも、有り難うございました。

2019年12月12日 (木)

小提琴兄弟

 もう何年やっているのか覚えていないのですが、弟ゴルゴの出た保育園での演奏。この時期の恒例行事に。毎年編成が色々変わるのですが、今回の啼鵬はBandoneonとContrabassに加え、なんとViolin。今まであまり無かった松本兄弟でのViolin Duo。あ、Pianoもいますが。

 ちなみに昨年はBandoneonは無かったのですが、久しぶりの登場にも関わらず、覚えていてくれた園児さんも。

 そしてアタシに関して言えば年内もう1件、幼稚園での演奏を控えておりまする。お子さん達の反応が楽しみ。

Matsumotobr2019

2019年7月15日 (月)

お子様の年齢

 今年の夏は雨も多く、気温も上がらないため、チビ達も学校や幼稚園で、なかなかプールに入れず。ならばと久しぶりにほっとパーク鉾田へ。4年前に初めて行って以来(2015年8月20日参照)、時折訪れておりまする。お隣つくば市にも屋内の温水プールはあるのですが、幼稚園児を遊ばせるにはちょっと。

P_20190715_120021 その2階にレストランがあるのですが、この手の食堂としては標準的で、様々なジャンルのメニューがあり、そこそこ美味しい。今回はそこで見たお子様ランチ。

 ま、これも取り分け変わったところは無い、フツーのお子様ランチと思っていたのですが、付いてきたおもちゃ。よくファミレスに行くと、おもちゃは自分で選べるところが多いのですが、ココは決まっているのかしら。

Disneychina ラケットとボールが入っていて、卓球のおもちゃのようですが、対象年齢が7才以上。う~む、小学生以上ってコトですか。ウチのはまだ6才。其れを見たチビ、「コレ、遊べないね、ハイ、おねーちゃん」だってよ。

 にしてもこのおもちゃ、合法的なモノなんだろうか、とか思ってしまうのは大人の悪い癖!?

2018年12月13日 (木)

含松本兄弟ダブル・ヘッダー【其の壱】

 恒例になりつつある保育所での演奏。これまでにもBlog記事に(2016年12月8日参照)。今回の特記事項は、Violin奏者をもう1人迎えたこと。

Keshuduo 群馬交響楽団の所属する松本花菜さん。

弟ゴルゴの後輩です。

その弟主宰する佳秋カルテットにも、

参加しています(2012年10月26日参照)。

 何しろ本番は午前中。群馬県は高崎市に住む松本さんは、チョー朝早く出て土浦へ。今回は啼鵬もViolinを弾き、3丁のViolinでも演奏。ちなみにアタシはContrabassも演奏。

 そしてタイトル通り、この日はこのちびっ子達への演奏に留まらず...!?

2018年8月31日 (金)

ターゲット拡大

 探検隊御用達の店は、多くが国道沿いで、大型用駐車場完備。フツーのサラリーマンから、トラックの運ちゃんまで、働く大人のランチや夜食のお店という印象。しかしながら、お子様セットも出現(2014年6月3日参照)。つまりはファミリー層も取り込む戦略か。

 その一端を思わせるものを発見。

Yamaokamanぬりえ。

しかもオリジナル・キャラ。

こうして色を塗って店員さんに渡すと、

お菓子がもらえるので、

ウチのチビも早速実施。

まぁ、ぬりえを喜ぶ年齢を考えると、ウチのはちょっとデカ過ぎるんですが、この展示の中には、「あれ?クラスの友達かな」ってのもあった模様。

 来た客を退屈させない工夫は、大人ならば新聞や雑誌、漫画本で済むでしょうけど、ちびっ子達だとそうはいかない。となるとぬりえは格好の材料。

 ただ啼鵬家の場合、下のチビがお子様セットのふりかけが気に入らず、専らこの店へは上のチビと一緒に。もしやそのふりかけ、探検隊のターゲット!?

2017年12月10日 (日)

土浦市子育て支援ガイドブック

 このBlogにはフレーズ・ランキングがあって、何の語句を検索してココにたどり着いたかのランキングが分かります。ただ、一時期より動作しなくなってしまったのですが。

 その語句で毎年現れていたのが、「土浦市 ランドセル もらえる」といったような、我々市民には当たり前の事柄。このBlogの記事では、2014年7月6日の記事が其れに該当。其れを読んで「ホントなんだぁ」と思った新土浦市民もいるハズ!?

 では先住民はどうやって知ったかというと、アタシがチビの小学校のPTA副会長をしていた頃、試しに周りに聞いてみましたが、「だって毎年そうじゃん」とか、「昔からでしょ」とか、答えになってない解答が。かく言うウチの母もどうやって知ったのか。

Kosodateshien1 その答えがコレ。

土浦市の子育て支援ガイドブック。

ウチにもあったのかな。

コレは公民館で見たものですが、

もらえるようなので。

勿論アタシが生まれた頃には、つちまる君の表紙では無かったですが。いや、その前に40年前にはコレ、あったのかなぁ。

Kosodateshien2 このガイドブックの36ページ。

ありました、ありました。

ランドセルがもらえる事が書いてあります。

コレを読んで、

「あぁ、そうなんだ」とすぐに納得して、

ランドセルという、意外と大きな買い物をしない人がどれ程いるか、その説得力の度合いはともかく、市側としては「書いてあるでしょ」という言い訳は出来ますな。

 ただ、いざもらってみて「何じゃ?このデザインは!」と驚く人もいるかもね。

 改めて書きますが、土浦市民が小学校に上がるときには、ランドセルは支給されます。ちょっと前、つくば市との合併の話がありました。そのとき「じゃ、ランドセルはどうなるんだ?」と心配した市民は、意外と多かった!? その合併話もつくば市長さんが変わって、おじゃんになりましたが。

2017年6月 9日 (金)

2年ぶりのちびっ子コンサート

 これまでにも宮崎に来ると、演奏させて頂きました。お子さん、それもかなり小さなお子さん向けのコンサート(2015年9月4日参照)。

Miyazakikodomo2017a 今回は2年ぶり。
 
これまで同様、
 
Guitarの金庸太さんとのDuoで。
 
思えばこのコンサートの出演も、
 
割と多くなってきました。
 
ただ、お相手が乳幼児の皆さんが多いので、リピーターはなかなかいないですがネ。
 
Miyazakikodomo2017b そう言えばこんなものが!
 
読み聞かせ用!?
 
なるほどねぇ。
 
これだったら離れていてもよく見えるし。アタシが子どもの頃からある本が、他にも大判になって置いてありました。
 
Wanvino そしてこの日は、
 
ダブルヘッダー。
 
木城町に移動して、
 
ペンションでのコンサートを。Flute Trioとも共演。そう言えばVieno del Sur史上初だわね。他のグループとの共演は。

2017年4月14日 (金)

子どものための作品

 今回の「サックス日和 Vol.3」では啼鵬作品の新作があります。その名も「子どものための3つの小品」。これは「子どもに捧げる」というのではなく、結果としては同じかも知れませんが、「子どもが演奏するための」作品です。逆に言うと「子どもでも演奏出来る」作品。

 この手のタイトルは、Piano作品によく見受けられます。Pianoは小さい頃から習う事が多いので。他の楽器でもありそうです。Violinも学習者(多くは子ども)が弾く事を目的とした曲がいくつも存在します。

 近年目立ったところでは、このBlogの読者諸君ならばご存じかも知れません。金髪のViolinist、NAOTO君の「Etude for Children No.1 "Spanish"」。訳せば「子どものための練習曲第1番『スペイン風』」。聞いて分かる通り、コレが弾ける子どもは天才の領域です。ま、何歳までを「子ども」とするかにもよりますがね。

Dsc_4821 言い忘れましたが、

この曲はSaxophoneを吹く子どものための作品。

そもそもSaxophoneはどれくらい小さい頃からやるのか?

 ま、そんな疑問もありますが、ちなみ今をときめくSax界のスーパースター。茨城県は東海村出身の上野耕平氏は、小学6年生のときにはMontiの「Csardas」を完璧に吹いてたってハナシ。

 さすがにそんな子どもは身近にはいませんので、ならば割と簡単に吹ける作品を作ろうではないかと。初演してくれるのは小学6年生の女の子。勿論アタシの作品を初演した演奏家としては、最年少クラスです。

 この子がホント、よく練習する! 初演が楽しみですわ。...逆にアタシ、頑張らないと。Piano弾くので。

より以前の記事一覧

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ