最近のトラックバック

2018年12月19日 (水)

初の公開収録

 ラジオの公開収録に参加してきました。番組自体はもう10年続いているようで、今回の収録はなんと第560回! ラジオ関西ラジオ日本での放送。

Radiokanpai 公開収録のオーディエンスは、

番組ホストの関係者で、

映画監督、女優、作家、シンガーソングライターなど、

多種多様。驚いたのは近年アタシが大ファンになった作家さんがいらっしゃっていたこと。このBlogでも紹介させて頂いた本の著者です(2015年5月12日参照)。

 ちなみにこの公開収録で啼鵬は何をしたかと言うと、ホストお2人さんのサポート。今回はPianoを弾きました。娘さんの方はよくご一緒しますが、お母上様の方は久しぶり!

 「加藤登紀子の地球に乾杯!」をお楽しみに。

2018年4月 2日 (月)

TEAM NACS第16回公演「PARAMUSHIR」

 今最もチケットがとれない劇団、TEAM NACSの第16回公演「PARAMUSHIR」が千秋楽を迎えました。

Paramushir私も公演を拝見。

今回も数曲、

編曲させて頂きましたので。

 実のところ、TEAM NACSの演劇を観るのはこれが2回目。やらせて頂いた仕事としては、今回も合わせて4つの演目があるのですが、観る機会に恵まれませなんだ。

 啼鵬にとっての演劇は、小学校の学芸会は別としても、仕事をするようになってから、そこそこ関わっておりまする。学生時代に既に仕事をしたブレヒト劇の「ハッピーエンド」をはじめ、音楽が生演奏で加わる演目をいくつか(2014年10月10日参照)。

Naotorec2018今回は生演奏ではありませんが、

NAOTO君やアタシがよくお願いする面々での録音。

さすが皆さん、

啼鵬のスコアもよく分かっていらっしゃるので、作業もスムーズでした。

2018年2月25日 (日)

憧れの古瀬俊介さん

 今回の第2回ラジオまつりFM-UU うしくクレッシェンド 春がいっぱいコンサートで、何が嬉しかったかって、個人的には古瀬俊介さんとご一緒出来たコト! え?誰かって? 啼鵬が若い頃よく聴いていたラジオ、茨城放送でとぉってもお馴染み。もぅ、夢中になって聴いていた番組のパーソナリティーでしたし、アタシ投稿もした事ありました。「隠れリスナーのタク」というラジオ・ネームで。

 FMうしくうれしく放送では、木曜日担当。なので啼鵬がお会いする事は滅多に無いのですが、それでも同じ局の仕事をしているだけでも嬉しかったです。それがですよ、同じコンサートのステージに立てるなんぞ、これ以上の幸せがありましょうか。

Fmuuradiofes3 コレ、

歌のお姉さん亀田昌代嬢に乗せられて、

オペラの一節を(上手に)歌っているところ。

まさかこんな一面もあるとは!

この後に続くぎゅぎゅっ娘たちもやりにくかっただろうねぇ。

 何しろ憧れの存在なものですから、啼鵬が番組パーソナリティーをするときは、どれだけ古瀬さんに近付けるかってのが課題。彼の「がんばれ!鹿島アントラーズ」の番組コールや、「~でございますねぇ」「~ですよぉ」の口調がいくらやっても、アタシには真似出来ませぬ。このスイッチ入ったときの古瀬さんがたまらんのです。

 あっ、でも其れは生放送の「ぎゅぎゅっとラジオ854!」の話ね。「限りなく啼鵬の音楽全集」の方は、基本解説番組なので、クソ真面目になるべく学者のように、と心がけておりまする。

2018年2月22日 (木)

追悼:大杉漣さん

 恐らく多くの方が驚かれたかと思います。俳優の大杉漣さんが亡くなられました。啼鵬は直接ご一緒する事は無かったのですが、編曲をさせて頂いた映画「シン・ゴジラ」にも出演されていました。

 実は仕事ではなく、プライベートで偶然ご一緒した事がありました。2008年のこと。海上自衛隊呉音楽隊との共演で、呉市に赴いた折、友人と入っていた屋台に、偶然大杉さんもいらっしゃいました(2008年9月25日参照)。この記事の俳優O氏とは、大杉漣さんの事でした。彼の召し上がったラーメンと同じものを私も食べました(2008年10月2日参照)。今となっては懐かしい思い出です。

 心よりご冥福をお祈り申し上げます。

2016年7月16日 (土)

一本サイン

 なおとくんとていほうくんの面々で唯一、ネットによる発信をしていないのがBassの一本茂樹君。Webサイト、Blog、SNS等、何もやっておりません。いやネットどころか、アナログでも、例えば紙媒体の「一本通信」とか、そういうものも皆無。

 そんな一本君は、色紙にサインというのも苦手らしく、数年前に行ったなおていサイン・ラリーでは、ただ太い直線を書いただけ。ま、それが「一本」の「一」なんですが。

1ponsign2 それがどーよ、

やればデキるじゃん。

しかもなかなかカッチョイー。

この前の福島県は須賀川市での出来事。

 しかしながら、書いている姿は見せたくないらしく、別室で書き上げてきました。まるで「鶴の恩返し」だ...。

2015年12月29日 (火)

NAOTO Symphonic Dinner Show 2015

 帝国ホテルのでディナーショーは2回目のNAOTO君。前回はもう3年前なんですねぇ(2012年12月2日参照)。

Naotoimp2015今回も音楽監督というポスト。

何だかねぇ、

たいした仕事もしていないし、

申し訳ない感じです。オーケストラのメンバーは腕達者が集まっているので、アタシがいなくともちゃんと回る。もちろん編曲関係は大変ですが、それは本番まで、いやリハーサルまでのハナシ。

 本番中は客席でゆったり聞くってのがいいんじゃないかなぁ、音楽監督は。ラグビーの監督みたいに。

 NAOTO君もですが、オーケストラの皆さん、そしてスタッフの皆さん、大変お疲れ様でした。

2015年7月28日 (火)

雨を呼ぶオトコ達

 2年前、たいして吹奏楽コンクールに縁の無い啼鵬が、北海道は函館地区の審査員に呼ばれました(2013年8月3日参照)。

 今となっては周知の事実なのですが、このとき函館出身の人気バンドが、凱旋ライブを計画。なんとその野外ライブが吹奏楽コンクールとマルかぶり。いろいろ検討した結果、大会日程を変更する事に。その変更に伴い、当初来るはずだった審査員の作曲家先生がNGとなり、啼鵬に白羽の矢が立ったワケ。

 で、この地区は2年、つまり2回を1組として呼んで下さるという事で、アタシは今年も審査員を仰せつかりました。

Hakodate60th2しかし隣のアリーナでは、

その2年前の因縁のバンドがライブを!

つまり同じ敷地内で、

数千人規模のライブと吹奏楽コンクールが同時進行ですぜ。これも大会運営本部は、相当苦慮したようです。吹奏楽連盟、函館市、そしてイベンター、この三者の協力があって実現したようなもの。

 ちなみに今大会は雨。テーホーは雨男で知られていますが、実は前回のコンクールのときは、とっても晴れ。で、この人気バンドの人達が野外ライブをしたときは雨。つまりはこの方達が雨を呼ぶオトコ達ってことね。

2014年9月18日 (木)

祝:田中哲司さん、ご結婚!

 もう14年前になるのです。田中哲司さんとご一緒したのは。松たか子さん主演「VOYAGE」。Bunkamura シアターコクーンでの演劇でした。まぁ、この演劇に関しては、おおよそ「ついで」で語れるようなものではないので、別な機会に。

 その演劇でご一緒した、俳優の田中哲司さんの結婚報道がありました。最近テレビ・ドラマでもよく見かけるし、活躍しているなぁ、と感心していましたが、もちろん彼はアタシの事なんぞ、覚えていらっしゃらないかと。

Voyagemember そのときの集合写真。

パッと見、凄い人達がいます。

右端の船の舵を持っているのが勝村政信さん。

その隣前列でTrumpetを持っているのは笹野高史さん。後列、勝村さんの隣が尊敬する先輩、山田武彦先生。その隣の長身が田中哲司さん。その隣の金髪が中村勘九郎(当時は勘太郎)さん。

 何しろ2000年と言えば、テーホーも大学を卒業し、少ない仕事を何とかいっぱい広げてこなしていた頃。そこへきて山田先生からこの演劇の仕事を頼まれました。全24公演と其れに伴う稽古。当時のアタシにとっては大きな仕事でしたねぇ。

 写真に写っている参加ミュージシャンは、中央のEuphoniumを持っている佐藤信之君(現・東京吹奏楽団)、Mandolinを持っている啼鵬、Bodhranを持っている萱谷亮一君、アタシの上に一本茂樹君。

 おっと、思い出話はさておき、田中哲司さん、ご結婚おめでとうございます。末永くお幸せに。

2014年7月16日 (水)

かじゆりAirlineに出演

 巷で人気の動画「かじゆりAirline」。Violaという影に隠れがちな楽器にスポットを当て、その個性を引き出すViola界のアイドル、かじゆりさんが新人CAに扮し、毎回オリジナル作品を紹介するという、今までにない斬新な番組。

Kajiyuriarg2現在第4回まであるのですが、

その第4.5回「アルゼンチン特別バージョン」に出演させて頂きました、

紆余曲折を経て。

 なんでこんな格好をしているかって...。アルゼンチンがワールドカップで準優勝したから、ではありません。ちなみに撮影自体は先月。このユニフォームも支給されたもの。7月9日のアルゼンチン独立記念日ライブのときにアタシが着ていたのは自前よ。

Taroinnig10そして第3回「インド」からのお馴染み、

機長ことマサキ・ショーノ君も出演。

アタシの方は、

ユニフォームでの演奏に加え、久しぶりにマンゴー松本として...!?

 ま、テーホーの恥ずかしい動画をご覧になりたい方はこちらで。

2014年6月13日 (金)

追悼:林隆三さん

 今月初めに、俳優の林隆三さんが亡くなられました。NHKっ子の啼鵬にとっては、やはり銀河テレビ小説「たけしくん、ハイ!」のお父さん役です。ただその前にも、私にとってのファースト大河ドラマ「黄金の日日」でも拝見しておりました。今井宗薫の役でしたが、その後「利家とまつ」では、その父親・今井宗久役という、運命のような配役でした。

Hayashi 実は1度だけ、

お仕事をご一緒した事がありました。

ベルトルト・ブレヒト=クルト・ヴァイルの、

最も成功した作品、音楽劇「三文オペラ」です。2000年の事でした。

 演劇に於けるブレヒトの重要性は今更説明の必要はありませんが、この「三文オペラ」は、日本でも様々な役者さんが挑戦しています。このときは加藤直先生の演出でした。

 この作品、オリジナルの指定でBandoneonが入っています。なので啼鵬も松尾葉子先生指揮する楽団に参加させて頂きました。ちなみにSaxophoneにはOut of The Standardで一緒に活動している大和田雅洋兄。あとSiena Wind Orchestraの榮村正吾さんがのっていらっしゃいました。

 林隆三さんと言えば、Piano奏者としても知られていて、銀座王子ホールの楽屋廊下には、演奏会のときの写真が飾られていました。残念ながら私は聞く機会がありませんでしたが、三文オペラで共演した際の、ヴァイル作品の歌唱の素晴らしさに感動したのを覚えています。

 心よりご冥福をお祈り致します。

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ