最近のトラックバック

2017年8月22日 (火)

再会:石川智さん

 もう今週に迫ってきました。もう毎年恒例の演奏会なのですが、ここで久しぶりにPercussionの石川智さんと再会。最後にご一緒したのはいつだったか...。う~む、どうやら2011年8月くらいに、中目黒の楽屋でNAOTO君や中村タイチさん達と。

Yaereh2017a しかも今回の石川さん、

Percussion以外にも楽器を!?

其れって最近では当たり前なんですか?

「類は友を呼ぶ」と言いますが、マルチにはマルチってとこですか。本番が楽しみです。

2017年8月20日 (日)

30年ぶりのおさらい会

 毎年土浦音楽院出身者が一堂に会し、一緒に演奏するのですが、希望者はSoloの部にエントリーします。今回アタシ、思うところあってSoloの部に出演。

Gakyou2017こういう形でViolinを人前で弾くなど、

恐らく中学生のときのおさらい会以来!

土浦音楽院は中学生の頃まで通っていて、

高校生になるのをきっかけに卒業してしまいました。

 その後、Piano伴奏のお手伝いをしたり、Violaなどで合奏にものったり。おっと、1度くらいViolaでSoloを弾いた事もあったわ。

 今回演奏したのはHandel作曲「Sonata No.2」。「新しいバイオリン教本4」に入っていて、啼鵬が現役時代、おさらい会で弾きたかった曲。しかし当時先生には「Sonata No.3」の方が良く弾けているから、そちらにしたらどうか、と言われ、その時はNo.3にしたのでした。

 そのときから数えたら30年どころの話じゃないのですが、兎に角ようやく思いを遂げた感じ。ま、Violin自体はライブでも弾きますし、この前は録音でも弾いてきましたが(2017年8月9日参照)、今回のようにガチンコでソナタなんぞ、これが生涯最後かな。

 そしてこれを終えた後、六本木へ移動。水谷美月さんのライブへ(2017年8月19日参照)。そう、ダブル・ヘッダーの1コ目は、ガチンコでViolin Sonataという、何ともテーホーらしくないステージでした。

2017年8月16日 (水)

誕生日の翌日仕事

 昨日が誕生日。と言えばこのBlogの読者の多くはご存じのハズ。そう、金髪のヴァイオリニスト、NAOTO君生誕44年。今年はその翌日、一緒の現場でした。

Naotorec2017しかもこんなにいっぱい。

お馴染みの顔ぶれ。

そう言えば去年の7月には、

この中の何人かと仕事をしました(2016年7月14日参照)。そのとき以来お会いした方も...。

 思えばこういう大人数での現場って、最近少ないなぁ。当然大人数であれば、それだけ動くお金も大きいワケで、今回は20名近くのオーケストラ。ゴージャスな音楽が出来上がりました。

 で、遅ればせながらNAOTO君、お誕生日おめでと。

2017年8月11日 (金)

とっておきのサックス日和

 全国高校総合文化祭が終わって、しばらく東北方面とはお別れと思いきや、今度は9月に本番を控えた、とっておきの音楽祭 in やまがた2017に出演するためのリハーサルが始動。
 5月に行われたサックス日和(2017年5月7日参照)の主要メンバーと共に出演するのですが、思えばこの面子、一口に山形と言っても、住んでいる地域は様々。山形市、新庄市、寒河江市、天童市、東根市、米沢市など、まるで山形県内サックス・サミットみたいな。
 今回も啼鵬の新編曲アリ。しかもオリジナル作品。
P_20170811_152740

 

2017年8月 9日 (水)

久しぶりの自らストリングス

 大仕事を終え、打ち上げに鰻と思ったらOOSAKI病(2017年8月8日参照)。その大仕事とは?

Yumianimerec1 久しぶりの弦楽合奏団弓組での録音。

啼鵬も足らない楽器で参加。

今回はViolaとViolinとCello。

 思い返せばこの弓組は、録音から始まった団体(2010年2月11日参照)。まさか録音のみならず、定期公演もやるようになり、こんなに続くとは思いませなんだ。

Yumianimerec2 その弓組も録音は4回目。

結成時の次はアタシのアルバム(2012年10月8日参照)。

このときは土浦の花火大会、

グループ鈴懸の本番も重なり、大変なスケジュールの中やりましたねぇ。その後「along with you」のVocal Versionも録音したり。

Yumianimerec3 今回の録音は弓組で2日間、

更にアタシのSoloパートを1日。

合計3日間のセッションでした。

その打ち上げで鰻に逃げられるとはねぇ...。

こりゃまた捕まえに行かなくては。

2017年7月23日 (日)

壊れた弓

 少し前の記事で、恒例の高校生弦楽合奏を指導した話を(2017年7月14日参照)。その最後の言葉。予期せぬ出来事!?

 実のところ、Violaのケースを開けたのは久しぶり。Violinは生徒もいるし、CelloやContrabassはオケでも弾いているので、頻繁に。しかしViolaは最近、いつ弾いたっけ...。

Aryfrance1フタを開けると何と、

弓が壊れているではないか!

ラッピングと呼ばれる、

人差し指が当たるところ。ほつれているでしょ。その元の黒い部分、サムグリップと言うのですが、そこが劣化してほどけてしまったのでしょう。勿論音は出せますが、非常に弾きにくい。

Aryfrance2 早速修理に出して、

ラッピングをまき直してもらいました。

以前は金属でしたが、

今回は糸で。ちなみに金属アレルギーの人は、このラッピングを糸の他、いいヤツだとクジラのヒゲにしたり。そのヒゲもイミテーションもあったり。

 そして修理して初めて迎えた本番。そう、Violaで本番なんて、いつぶりだろう。ちょっと鳴らせずに終わってしまった感が...。

2017年6月15日 (木)

宮崎でのPiano確保

 何日間も家を空けると、いろいろ困る事があります。家でしか出来ない作業が出来ない! って当たり前なんですが、アタシも超モバイラーとしては、いかに外出先で作業をするか、モバイルの究極である「移動式オフィス」をいつも考えておりまする。

 そして今回の宮崎滞在で困ったのが、Pianoをどうやって練習するか。近々Pianoをハードに弾く本番があるため、出来たら宮崎滞在中も練習したい。そこで行った先でPianoを触らせて頂きました。その1つが、例のYAMAHA S6とか(2017年6月13日参照)。

 その他、ちびっ子達のためのコンサートの会場、同じ日にやったペンションにもありました(2017年6月9日参照)。

Miyazakipiano そしてコレ。

宮崎市中心部に。

自由に弾いてイイんだって。

聞けばNHKの某番組、カメラを72時間、ずっと回しっぱなしにして、その定点の変化を取材する番組。その舞台になったとか。

P_20170610_092229_bf 弾いてはみたのですが、

練習だしなぁ。

誰かに聞かせるつもりで、

ちゃんと弾くならまだしも、完成していないものを外向けに弾くというのは、職業柄ムリっす。それでも背に腹は代えられないので(恥ずかしそうに)弾いていると、どこからともなく爺さんがやってきました。

 恥ずかしさの方が勝り、隣のネットカフェに逃げ込みました。

2017年6月12日 (月)

時の記念日コンサート~南からの風~

 実は知らなかったのですが、6月10日は「時の記念日」だそうで。しかも1920年に制定! 我々Viento del Surのコンサートがちょうどその日と重なりました。

Viento20170610残念ながら「時」に関する曲は、

取り上げられませんでしたが、

今回のViento del Surは、

何と新曲を2曲も披露。

しかも1曲は、

宮崎の民謡メドレー。

 我々のレパートリーはTangoを中心に、オリジナルやClassicもあったりしますが、日本の古典音楽を編曲したのは初めて。いや、啼鵬の編曲家作業としても、少ない部類に入りまする。

Viento20170610a 今回もたくさんのお客様にお越し頂きました。

有り難うございました。

次回も新曲、

挑戦しようかしら。Viento del Surの活動も、大分長くなってきましたし。

2017年6月 4日 (日)

立ち会えなかった世界初演

 本当は今日、所属するオーケストラの本番があるはずでした。少なくとも数ヶ月前までは。前回の定期演奏会プログラムにも、そうアナウンスしましたし。しかし其れが実は違う日だった...。(中略)んなもんで、紆余曲折あり、今日の拙作の世界初演、立ち会えませなんだ。

Shigakukanshisui 其れがどういう事なのか、

クリエイティブな事をしていない人には、

なかなか理解してもらえませんが、

出産に立ち会わなかったとか、

子どもの運動会、

学芸会を観に行かなかったとか、

決して良い記憶になるものではありませぬ。

 今月は啼鵬作品世界初演月間で、そのトップバッターが長野県塩尻志学館高校吹奏楽部。タイトルは「変わりゆく山の情景」。

Shigakukanshisui2前日のリハーサルを、

聴かせて頂きましたが、

う~む、

ムズカシイ曲だ...。自分の曲ながら。色んな意味で。

 今日は立ち会えませんでしたが、世界初演の重責を担う事になった皆様、お疲れ様でした。次の本番に向けて、また頑張って下さい!

2017年6月 2日 (金)

組の御祝い

 家族以外に誕生日をお祝いしてもらうなど、何年ぶりでしょう。と言いつつ、意外とそんなに昔ではありませんでした(2015年6月2日参照)。

44thbirth 今年は弦楽合奏団弓組の、

作戦会議と重なり、

地域もアタシが指定。

生を受けた渋谷区代々木で!

ま、何となく新宿っぽい場所でしたが。

 お店からはケーキも頂きました。そして肝心の作戦会議。まずは場所取り。...って、子どもの運動会の見物席みたいですが、何しろ我々が公演を打つようなハコは、かなりの激戦区。なかなか思うように抽選が当たりませぬ。

 おぉ、そうだ。楽器が弾けなくても、「アタシ、くじ運だけは強いっす」という方、弦楽合奏団弓組に入りません? ホール抽選担当って事で。あ、抽選日はたいてい月の初日なので、そちらの都合もつけて頂く事になりますが...。

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ