最近のトラックバック

2017年4月18日 (火)

プチ財テク

 また新たにポイント・カードを作ってしまった...。ま、現代に生きていると、テーホーに限った事ではないかも知れませんが、皆さん買い物をするとポイントが貯まるカード、1枚も持っていません、なんて人は珍しいのでは?

Superpointcard 啼鵬はポイント・ヲタク。

クレジット・カードから小さな商店のスタンプに至るまで、

様々なポイントを貯めまくっています。

あまり言いたくはありませんが、逆に貯めてばかりで、そのポイントをどれくらい有効利用出来ているかというと、そこは自信がありませぬ。下手すりゃ期限切れで失効なんて事も(涙)。

 ある意味このポイントのシステム。貯蓄が好きな日本人向けなんじゃないかしら。海外ではこんなにも盛んですか? 外資系でポイントが貯まるなんて、最近目立ったのはマクドナルドくらいですが、他にもありますかねぇ。

 この低金利時代。銀行に預けていても、利子は雀の涙。同じ条件での算出は難しいですが、ポイント制の方が余程率がイイ。ただポイント還元と現金値引きだとポイント還元の方が分が悪いのは、以前記事に書きました(2012年4月9日参照)。今回はポイント制 VS 銀行預金。

 とは言え、ポイント制はお金を使わなきゃ貯まらない。銀行は何もしなくて増える。当たり前だけど。

2016年3月27日 (日)

格安セット・メニュー

 年を考えればそろそろ卒業しなきゃいけない、と思いつつも、未だに未練がある「セット・メニュー」。これまで大小(!?)様々なセット・メニューを食べてきた中で、一番安いものに出会いました。

Yamazawaset ラーメンとミニ・カレーのセット。

税抜き価格¥417。

8%の消費税込みで¥450。

 セット・メニューを評価するには内容、価格などを総合して考えなくてはならないのですが、ちなみに味はそんなに重要ではありませぬ。「とびきり」美味しい必要はなく、平均点であれば十分。「あれも食べたい、これも食べたい」を叶えるのがセット・メニューの立ち位置であって、美食を追求するカテゴリーではありませんから。

 で、テーホーの記憶、というか経験だと、これとイイ勝負をしていたのが、かつてあった「びっくりラーメン一番」のセットメニュー。ラーメンと餃子、ライスが¥480で食べられたかと。このお店、土浦にもあったのでアタシも食べたのですが、もう無いんですよね、土浦に限らず全国的に。残念です。

 今回のセット・メニューは、山形県と宮城県で展開しているスーパー・チェーンの食堂。ある意味、昔なつかしい感じでした。ガキの頃よく行ったお店とか(2012年3月4日参照)。最近は見かけなくなりました、こういうスーパーの店内食堂。今はフード・コートで色々なテナントが入っているのが主流でしょうか。

 この店のメニュー、全制覇してみようかしら...。

2014年12月15日 (月)

通販下手

 近年、外国版の楽譜を買うときは、海外のサイトを利用する事が多い啼鵬。もちろん日本で店頭で売っているものも多いのですが、さすがに土浦に住んでいると、容易に手に入る楽譜は限られ、たいていは取り寄せ。しかも日本での価格は高い! 今日欲しい、という事でなければ、品揃え、価格の点で海外から直接買うのは有利です。

Diarezzodhl 今回も来月の弦楽合奏弓組公演で使う楽譜を購入。

DHLで1週間ほどで届きました、が...!?

封を開けてみると、

なんとPiano版で買ったつもりが、同じ曲のGuitar版ではないか! 恐らくアタシが間違えたのでしょう。

 通販はネット時代になって、よく利用するようになりました。通販を間違えてばかりで、思うような商品が手に入らない人と言えば、「忍たま乱太郎」に登場する、ドクタケ忍術教室講師の魔界之小路先生。アタシも人の事は言えないわなぁ。

2014年11月24日 (月)

名取のイオン

 土浦のイオンだって、かなりデカいと思っていましたが、その後に建ったつくばのイオンはそれ以上か。そしてこの前訪れた名取のイオンときたら、土浦の倍はあるのでは?

Natoriaeon 建物もそうですが、

其れに伴って駐車場だって広い。

うちの方では普通のショッピングモールだって、

数百台~数千台の駐車場完備なんて当たり前ですが、トーゼンここもそう。そしてこういう場では、必ずと言って良いほど、自分の車が分からなくなる迷子になるのよねぇ。

Marushoramen 昼飯はラーメンを。

イオンは全国にあるでしょうけど、

入っているテナントはそれぞれ違います。

このラーメン屋さんは、土浦のイオンには入っていませぬ。

 そして案の定自分の車を駐車した位置が分からず、駐車場でうろうろ。...って待てよ、反対側の出入り口から出てしまったらしい。

Shabsai リハーサルを終えて、

今度は夕ご飯。

思い切って1人しゃぶしゃぶを。

このときはホールから歩いて行ったので、迷う事無く戻れました。

 前の晩のカレーと言い(2014年11月21日参照)、このすっごく広いイオン。とても名取を堪能した気がしました。

2013年11月20日 (水)

スーパーの中の¥100ショップ

 今のように¥100ショップのブランドが目立つようになる前は、スーパーの中の¥100均一コーナー等、地味な存在だったでしょう。ダイソーやSeria、キャンドゥなど、いつから乱立するようになったかは覚えていませんが、少なくとも私が小学生の頃には、専門の¥100ショップなどありませんでした。

 地方だと広々とした販売面積を有する¥100ショップも珍しくなく、品揃えも豊富。同じブランドなのに、あっちの店舗にはあって、こっちの店舗には無い、なんてコトもしばしば。

Marumo100 少し前に、

行きつけのスーパーの中に、

¥100ショップが出来ました。

限られた売り場面積の中で、何とか幅広く品揃えをしている感じです。ただこのスーパー自体が基本的に安く、単価¥100以下で買えるものもたくさん。なるべく商品もかぶらないようにしているのでしょう。

 ただここの特典としては、購入額に応じてポイントが付くのですが、それは¥100ショップで買ったものも適用されるようです。多くの¥100ショップはポイント制ではありませんので、そう考えるとちょっと得した気分。そう言えばさすらいのポイント・ゲッターの啼鵬。ここのスーパーのポイントも、相当貯まっているなぁ。

 ところで近年は¥100ショップと言えども、¥100以外の商品もおいてあったりします。それらに「お得感」を感じないのはテーホーだけかしらねぇ。¥100だと「おぉ!これも¥100かぁ」と思うのですが...。

2013年4月 5日 (金)

開いてて良かった!

 セブンイレブンが日本に上陸したのは、どうやらアタシが生まれた年のようですが、一般的に知られるようになったのは、数年後でしょう。何しろTVコマーシャルのうたい文句が、ガキでも覚えられるもので、最後の「開いてて良かった!」というのは、時代を反映しております。

 朝7時から夜11時まで開いているから「セブン・イレブン」なのですが、24時間営業のコンビニが当たり前で、今やスーパーでも24時間営業をしている店もあるくらいのこのご時世。30年以上も前は、ヒトの活動時間というのが、限られていたのかも知れませぬ。故に昔の人は、限られた時間を有効に使っていたのでしょう。

Cocostore730 久しぶりに、

24時間営業でない、

元祖セブンイレブンに近い営業時間のコンビニを発見。

このコンビニも歴史が古いですが、一部は元HOT SPAR。そのHOT SPARはかつて茨城のカスミストアのグループだった事もあり、テーホーにとっての「コンビニ」とは、HOT SPARの事を指す、と言っても過言でないくらい。

 それだけ茨城にはHOT SPARが多かったです。テーホーも他の大手のコンビニよりも、HOT SPARをたくさん利用。何故ならば、当時コピーが軒並み1枚¥10だったのが、HOT SPARは¥8だったのです。今でこそネット経由のデータ送信で、コピーをする機会が激減しましたが、昔はまず仕上げた作編曲作品を、紙に出力。それを(コンビニで)コピーして郵送、出力した楽譜は原譜として手元に保管、という感じでした。オーケストラや吹奏楽の作品は、コピー枚数も多く、1円でも安いところでやっていました。

 しかしココストアになってからは、マシーンの入れ替えもあって、1枚¥10に。しかも前述のネットでのやりとり、というのはもう少し後の話。しばらくは後継としてつくばのコピーセンターを利用(2012年5月9日の記事の店)。1枚¥8の上、両面コピーや冊子にするコピーなど、専門的なものも迅速に出来たので。

 ただこの店は19時閉店なので、それまでに入店しないといけませぬ。コンビニの24時間営業のときと違って、閉店時間に間に合うように急いで仕事をし、ギリギリに滑り込んで、コピーしている間に閉店時間を過ぎても、目を瞑ってもらいました。

 「限り」があるってのは、逆に仕事の効率を上げたりもするワケね。

2012年6月 7日 (木)

スーパー百貨店

 昔「イトーヨーカドーはデパートか」という論議が啼鵬周辺でおこったのですが、フロアが複数階であること、食品以外の品揃えからして「三越や松坂屋、高島屋や西武と何が違うん?」という結論に。まぁ、かつて土浦には小網屋、土浦京成百貨店、西友、丸井、イトーヨーカドーに加え、駅ビルのWINGなど、デパートと呼ぶに相応しい小売店が目白押し。当然イトーヨーカドーはその規模からして、デパートを名乗るに相応しい。いや、西友はさすがに違うか...。

 そして未だその説に反論する諸君は、コレを見給え。

Hatsudaisuper 自ら百貨店と名乗れば、

当然そう認識されるべきで、

しかも「スーパー」と形容されている!

つまり普通の百貨店よりもパワーアップしているという意味にもとれる。

 入店してみると確かに...。確かにいろんなモノが売っていました。売り場がワン・フロアであっても、内容的には十分デパート、と言いたい、ところ。

2012年5月20日 (日)

続・変わりゆく秋葉原

 この手の記事を書くのが辛いです。取り分け秋葉原にはテーホーの青春時代があり、その変わり果てた姿を見るのが、これまで歩んできた道が無くなってしまった感じで、その思い出を証明するものが消滅したも同然。

 秋葉原に限った事ではありませんが、お店の入れ替わりは日々行われていて、前回この記事を書いた時期から今まででも、相当入れ替わったでしょうな(2010年3月15日参照)。

Fshokai 今回ショックだったのはコレ。

エフ商会という店。

今月初めにつぶれたようです。

「エフ」は何のFかしら。ファーストではなく、私にとってはフロッピー・ディスクだにゃ。そう、ここは元はメディア専門店でした。カセット、ビデオ、DAなどのテープからフロッピー、MO、MD、CD-xx、DVD-xxなどのディスク関係まで、とにかく記録メディアを多種類扱っていました。2とありますが、本店は秋葉原駅前のラジオ会館の7階に。どれほど通った事か。メンバーズ・カードもあったりして、割引がありました。しばらくは(紙の)DMも届いていました。

 カセット全盛期にはTYPE I(ノーマル)は元より、TYPE II(クローム)やTYPE III(メタル)まで、各社豊富に揃い、店内を眺めているだけでも、私なんぞは満足していたものです。更にはメディア専門店として、ビデオテープのβタイプも長いこと置いていましたし。また青春の灯が1つ消えた...。

Akibajunk まぁ、悲しみばかりではありませぬ。

現在アキバに於けるテーホーのテリトリーは、

大通りから1本入った、

末広町方面のジャンク屋街。ここも入れ替わりがありますが、新たにイイ感じの店が開店!...って、どう見ても新しくはありませんが、その佇まいがスバラシイ。昔あった駄菓子屋のような店構え。更には内容もジャンク屋フリークを納得させ、事と次第によっては狂喜乱舞させるような品も!?

 まぁ、先日のiBambooもこのジャンク屋街で見つけたもの(2012年5月19日参照)。変わりゆくとは言え、まだまだオトコの夢満載のアキバでした。

2012年2月10日 (金)

ポーランドのデパート

 ロンドンでも高田万由子さんにご案内頂き、有名デパートに行きました。ポーランドでもマチェックに「デパートに行きたい」と言うと、恐らくワルシャワで1番のデパートなのでしょう、連れて行ってくれました。

Warsaw09 写真が暗いですが、

その外観はプラネタリウムの様。

そしてたくさん人がいました。

マチェック曰く「大きなデパートは世界中どこでも同じさ」と。確かにそういう部分はあるんですが、私としては「同じく」作っているデパートが、国によってどう違うかが見たい。

 果たして中は色々なブランドの店がテナントとして入り、その中には日本でもお馴染みのメーカーもあったので、殆ど日本と変わりありませななんだ。

 そしてメカ好きとしては外せないのが、電気屋さん。ここにはSaturnという量販店が入っていました。ポーランドの大手らしく、日本で言えばY田デンキかな。マチェックは「ビックカメラの方がイイよ」と言っていました(笑)。

 面白そうな電化製品もありましたが、どちらかというと、日本製品がたくさん。特にデジカメはCanon,SONY,Nikon,Fujiと、他国の製品はSAMSUNGくらい。ただワゴン・セールでKodakのデジカメが日本円で¥5,000くらいで売られていました。乾電池駆動するし、ちょっと心が揺れました...。そのKodakもデジカメから撤退...。

 かつてライブMCで、私は幼少の折にイトーヨーカドーがデパート(百貨店の意)だと思っていた話で盛り上がりましたが、ここは正真正銘のデパートでした。

2009年6月25日 (木)

北海道で再会!?

 半年ぶりの北海道。そう昨年から今年にかけての、ジルベスターコンサートに出演して以来です。今回は立命館慶祥高校吹奏楽部との共演。リハーサルを終えて移動中。

Hokkaispar  おぉ、あれに見えるは!?

茨城にたくさんあったHOT SPARのような...。

今ではそれらは、

ココストアになってしまったので、

もう姿を拝見する事はなくなりました。まさか北海道でお目にかかれるとはね。幸先良い(!?)北海道楽旅になりましたわ。

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ