最近のトラックバック

2018年2月16日 (金)

FM-UU第2回ラジオまつり前日

 関わるようになって随分経ちます。牛久市のコミュニティーFM放送である「FMうしくうれしく放送」。冠番組の他、月に1回、2時間の生放送パーソナリティーもやらせて頂いております。

 その局が総力をあげて(!?)、ラジオまつりを企画。今回が2回目。その音楽監督を任されました。って、もう明日のハナシなんですが、前日ともなると自分も周りもかなりバタバタ。

Ushikuhoken テーホーは朝から局に詰め、

宣伝のための生出演。

更に司会者との打ち合わせのために、

局に留まり、その司会者の体が空くまで仕事。そう、放送をお聴きになられた方はご存じですが、明日の本番で演奏する曲を編曲! あ~ぁ、こんなに直前になってまで作業をしているなんて、滅多に無い事ですわ。いや、ホント。

 その作業をしている間、局は忙しく人が動き、ランチもご一緒しました。作業をしながら「会社勤めってこんな感じかネ」と。何しろ自宅で仕事をしてると、誰かに話しかけられるでもなく、1人で黙々と仕事をするワケです。昼になれば自分でメシを作って食べる。トーゼン1人で。

Fmuuradio2a 打ち合わせをはさみ、

編曲作業を継続。

其れを終えると今度は、

本番の会場へ。今日はここでリハーサル。また公開収録なので、技術系のスタッフも入り、準備を。

 まぁ、リハーサルも無事にと言いたいところなのですが、何故かさっき編曲したばかりの譜面が無い! 印刷をして局に忘れてきた...!?

 ンもぅ、明日のラジオまつりは恙なく終える事が出来るんだろか。

2018年2月 2日 (金)

出店マニュアル:中華料理

 ここ数年、元コンビニの店舗に、中華料理や台湾料理の店が入るのをよく見かけまする。ウチの近くにもあって、Blogでも紹介しました(2011年12月14日参照)。

 しかしそれらの店舗をいくつか巡ってみると、何となく料理のつながりというか、セオリーがあるように思えました。

P_20171101_132315これは昨年、

栃木県は大田原市で入った店。

もちろん「中華料理」

「台湾料理」といった括りで考えれば、当然似たようなものになりましょう。

 しかし付け合わせなどの要素を鑑みると、もしや「日本に於ける中華料理店の出店の仕方」みたいなマニュアルがあって、現地の人達の研修テキストになっていたり!? と思ってしまうのはアタシだけかしらねぇ。

 同じ事がインド・カレー屋さんにも言えるかと。

2017年11月 4日 (土)

2017弦楽器フェア

 もう60回を迎える弦楽器フェア。昔友人に「其れナニ?」と聞かれて、「東京モーターショーの弦楽器版」と答えた事がありました。規模は全然違いますが。

Macgenfair2017b 行ってみると、

何と我が社も出展しているではないか!

アタシも顧問をして久しいですが、

弦楽器フェアへの出展は5回目のようです。

かつては松本兄弟で演奏した事もありました。

それも2010年かぁ。

 今回の出品はケースのみ。と言っても近年マックコーポレーションは、ケースのメーカー?と言われるほど、主力のCarbon MACが売れ、屋台骨を支えているようです。

Macgenfair2017a 最近はこのサテン仕様も人気。

そもそも楽器ケースはファッションであり、

消耗品でもあるので、

楽器を買ったときに付属していれば、

それで一生オッケー、

って事はありませぬ。ケースを変えるだけでも気分は変わり、楽器に取り組む姿勢も変わってくるもの。

 更に今回はツートンカラーも展示。かつて某社が出したときは、あまり注目されずに終わりましたが、楽器ケースがここまで各社百花繚乱だと、当然多様なものが出てきましょう。そのツートンカラーのケース、欲しくなりました。自分とこの製品なのに。

2017年3月11日 (土)

激闘:マイナンバーカード

 6年前のこのシーズン。啼鵬はいつ確定申告をしていたのかと言うと、記録がありました(2011年3月1日参照)。e-taxでパスワード忘れ騒動。無事申告は出来たものの、まさかその10日後に歴史に残る大地震がくるなど、誰が想像出来たでしょう。

 そして今年はマイナンバーカード元年。カードリーダーの方は早々購入したのですが、カードの交付を受けていなくて、先月ようやく申請。これがなかなか通知がこなくて、もしや3月15日の確定申告締め切りに間に合わない! 万が一に備えて、青色申告会で手書きでの申告に備えて、用紙をもらっておきました。

 そしてようやく通知が到着。市役所の窓口へ。駅前の元イトーヨーカ堂に移転してからは初めて行きました。見た事もないデカいタブレット端末で暗証番号等を入力。無事受け取りました。

Mynumbercard_2 ここまでは良かったのですが、

いざ申告の弾になって、

電子署名の認証が出来ない!

おっかしいなぁ。カードリーダーのドライバーもインストール出来ているし、認識もしている。でも認証しようとすると「ICカードを読み取れません」だと。

 最終的に、ドライバーを一旦アンインストールして、改めてメーカー供給のドライバーをインストールする事で、あっけなく解決したのですが、闘うコト4時間以上!

 あのさぁ、住民基本台帳ネットカードのときもそうだったけど、このマイナンバーカードも、ドライバー問題という、PCに於けるどちらかというと初歩的な問題で、こうして時間を費やす。ネット上にもこの種のお悩み解決の情報があったし、一体コレを誰が「あー、便利だぁ」「e-taxって簡単ね」と思うだろうか。下手すりゃ1度e-taxをやって、「こんなに大変なら、手書きの方がよっぽどマシ!」とか言って、戻る人もいるかも。

2017年3月 1日 (水)

即決営業

 散々宮崎の地鶏を堪能したTriangulo一行。次に行きたい店がうろ覚え。するとその店の大将が案内してくれました。
 着くといきなり先客のガラケーと、我らがマネージャー、Mr.Rのガラケーが全く同じ! ヘアスタイルも同じ!! もしや兄弟?なんて意気投合。
 そして話を聞いていくと、その御仁もお向かいのビルでお店を。そんな話の流れで我らTriangulo、そのお店で演奏しよう、翌日の演奏会のPRをしよう、って事になってしまったのですが、それがこの前のプレミアムフライデーの夜ってワケ(2017年2月25日参照)。

1488372754870.jpg

2017年2月25日 (土)

Triangulo en Viernes Premium

 日中に2つの学校のアウトリーチを終えたTriangulo(2017年2月24日参照)。この日は月末の金曜日。そう、世の中はプレミアムフライデーという、早く仕事を切り上げて、お金を使いなさい!という経済効果を狙った政策の施行日。

 ま、確かに我々演奏の仕事は、土日祝日ならばマチネ公演で、日中に本番があり、夕方には仕事終わり、なんて事はありますが、平日であれば演奏会はたいてい夜。でもこの日に限っては、アウトリーチは日中に終了。つまりTriangulo的にもプレミアムフライデー!?

Trianshou で、早々こうして呑んでいる!

のではなくて、

実はこの写真は演奏を終えた後。

たまたま前日に知り合った人のお店に行き、

翌日の演奏会の宣伝がてら、

ここでも演奏したのですよ。おかげでチケットとCDが売れました。

 う、でもそうなるとアウトリーチ後に営業って事になるか。やはりプレミアムフライデーはムズカシイかぁ。

2017年2月 2日 (木)

習い事で著作権料

 今朝の朝日新聞朝刊。業界を震撼させる記事がありました。まぁ、普通に新聞記事になる頃には、業界には知れ渡っていると思うので、アタシのような一般庶民が知るのは、今日が初めて。

Asahi20170202 日本音楽著作権協会(JASRAC)が、

音楽教室から著作権料を徴収する、

と書いてありました。

まぁ、細かく話すと長くなるのですが、ざっくり言えばお金を払って楽器や歌を習いに来ている人が、著作権の生きている作品を教材にしている場合は、その曲を使うにあたってはタダってワケにはいかんでしょ、というのがJASRACの言い分。

 アタシは作曲家なので、著作権料を徴収してもらう側ですが、さすがに音楽教室となると、教材になるような啼鵬作品は無いので、まず無縁。

 う~む、こういうのってだんだん、エスカレートしていくような気がしてなりませぬ。

2016年3月 8日 (火)

さよなら住基カード

 この時期のお約束。確定申告です。気が付くと啼鵬も大学を卒業した年の申告は白色でしたが、翌年からは青色で。もうすぐ20年になりますが、帳簿はPCでつけているので、かなり楽。

 その20年ほど前は「弥生会計」を使っていましたが、今は青色申告会専用のソフト「ブルーリターン」。ちなみにこのソフト、今はWindows版ですが、初期はワープロ上で動いておりました。プラットフォームは東芝Rupo。啼鵬はSHARP書院のユーザーだったので使えず、「弥生会計」にした次第。

 昔話はこのくらいにして、今年も相変わらずだったんですが、年に1回の事とは言え、この年になってくると1年が早い! 昨年の申告の事も昨日のように思い出し、って事はありませんが、所属する土浦青色申告会でチェックを受けた決算書等を、1時間もかからずe-taxで送信。

P_20160307_134427_bf このBlogで何度も書いていますが、

電子申告元年からやっているテーホー。

言ってみればe-taxの歴史と共に歩んできた、

と言っても過言で無く、当たり前ですが毎年1回やる事なので、日本でイチバン電子申告をしている男! 元年からずっと続けている自営業の人は皆そうですケド。ところで電子申告創世、自治体によっては、システム導入の都合で、電子申告が出来ない地域もあったようです。

Jukicard そして今年は、

万感胸に迫るものがありまする。

大袈裟かも知れませんが。

電子申告必要不可欠だった住基カードこと、住民基本台帳カード。来年からはマイナンバーカードでの申告になるため、今年で最後。もちろんこのカードリーダーも。住基カードの期限と、中味の電子署名の期限の年数が違うなど(2010年3月4日参照)、便利なんだか不便なんだか分からない代物でしたが、マイナンバーカード交付時に、コイツは返却しなくてはいけないので、本当におさらば。

 こういうシステムの変更。個人レベルだと数千円の出費ですが、システムを導入する会社、自治体側だと億単位での出費になるのでしょう。短命に終わった住民基本台帳カードでした。

 結局使ったのは10回か。有効期限を1年弱残していますが、十分働きました。ホントは額に入れて飾っておきたいくらいよ。

2016年3月 5日 (土)

混迷バーガー

 世に出してから名前を募集するという、このお店史上、恐らく初めてではないかと思われるハンバーガー。話題性があり、名前募集中もネット上では盛り上がっていた模様。何しろ「もしや、探検隊の出番か!?」と思えるような書き込みも発見。そうなると、俄然興味が出てきて食べてみました。

Iitokogyutto もう既に命名された後でしたが、

う~む、

商品が世に出るまでには、

時間とお金がかかっているハズ。結果が伴わなければそれらは水の泡。

 近年このお店は、あまり明るいニュースがなく、赤いニュース(!?)が目立つばかり。まだ数百億の赤ならば、持ち直せるのでしょうけど、1桁増えるとヤバくなるのでは? あわや日本撤退なんて日がくるのかも...!?

 数年前の勢いのあった頃は、アタシのような特にファンでもない人も、時折足を運んでいましたが、今は行く機会も激減。

 このハンバーガーの味、これといった決め手に欠け、不味くはありませんが、焦点がぼやけているというか、迷いが感じられまする。あくまで探検隊長の意見ですがね。なので「混迷バーガー」といったところでしょうか。

2015年6月13日 (土)

ご近所のドミナント戦略

 最近MINI STOPが近くに出来ました。...って、前にもそんな記事を書きました(2013年2月22日参照)。そう、今回出来た場所は、そのときの記事の場所と、そんなに変わりない場所です。

Ministoptsuchikita下手すりゃ、

歩ける距離と言っても過言でないくらい。

ちなみにココには、

ココストアがありました。

 もしやこれは世に言う「ドミナント戦略」か。その意味の詳しい説明は割愛しますが、要はチェーン店が1つのエリアに集中する事によって物流面、同一オーナーによる売り上げ補填など、様々なメリットを被るもの。当然他のブランドの入る余地無し。

 同じ道沿いの、しかも歩ける距離にあるという事は、ほぼ間違いないかと。と言いつつ、セブンイレブンだってFamilyMartだって、同じ道沿いの結構近距離にあったりして、なんでMINI STOPだけ記事にするのかって、やはり絶対数が少ないので、こういうケースが非常に目立つのですよ。

 ちなみに音楽用語に於ける「ドミナント」。これは和音の種類を示す言葉。「属和音」というものを表します。例えばハ長調における「ソ・シ・レ」の和音が其れで、ちびっ子がお辞儀するときに弾く和音の2コ目です。

 しかしそもそも「ドミナント」の意味は「支配的な」とか「優位に立つ」というもの。ビジネスの方ならば意味も一致しますが、音楽の場合ちょっと違うような気も。ハ長調で調を支配している(主調と言います)のは「ド・ミ・ソ」であって、其れは「トニック」と呼ばれます(主和音)。

 つまるところ、音楽を支配しているのは「属」している方ってコトですか。

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ