2023年12月29日 (金)

代車ワゴンR

 今回愛車HONDA Streamは法定12ヶ月点検で入院。と言っても日帰りですが。

Img_20231229_140023452_hdr 代車で借りたのがSUZUKI WAGON R。この吊目だと一瞬4代目かと思いましたが、エネチャージも付いていたので5代目のよう。アタシのStreamより少々新しいくらい。とは言えこちらはアイドリング・ストップ機能も付いているし、燃費は遥かに良いですな。ま、軽と比べるのもナンですが。

 自分で買う場合は絶対に選ばない色ですが、なかなかお洒落。こういう色が似合うオトコは、ピンクのYシャツも似合うのでしょう。

Img_20231229_093028395_hdr 今回笑えたのが、CDプレイヤー。何故か既に入っていて、面白そうだったのでずっと聴いてみました。J-POPかしらね。知らない曲、知らない歌声でしたが。

 現行車でもあるワゴンRですが、初代が出たときはHONDA党の啼鵬も感心しやした。かつてのCITYを思わせるトールワゴンでしたので。また運転席後ろのドアを省くなど、徹底したコストカットで、かつて48万で初代アルトを発売したときを思い出しましたねぇ。嫌いじゃないです。

2023年1月12日 (木)

久しぶりのコラムシフト

 早いもので愛車HONDA Streamも購入してから2回目の車検。

Img_20230110_092300419_hdr そして充てがわれた台車が、NISSAN MOCO(SUZUKI MRワゴンのOEM)だったのですが、久しぶりのコラムシフト。前車HONDA That's以来ですわ(2019年11月19日参照)。

 もう大分見かけなくなりましたが、なんだろうなぁ、運転している動作として、コラムシフトをいじるときって、なにかが違うんよ。分からんケド。

2022年10月30日 (日)

山形で最初で最後

 第4回山形県木造住宅フェア2022の2日目。この日も無事演奏する事が出来ましたが、我々はやはりコレと記念撮影を。

Biyorikonno 何しろ来月3日には、このダンボルギーニの本拠地である、石巻の店舗が閉鎖される事が決まっていて、現時点では今回が対外的な最後の展示。山形県では最初で最後だそうな。

 今野梱包の社長さんとお話しさせて頂きました。復興の象徴として何年にも渡って、多くの人の心を掴んできましたが、震災から11年。復興、そしてシンボル、この車の果たしてきた役割と、これからの事。社長さんの熱い思いを聞かせて頂き、ただ展示物だけを見た啼鵬などは、安易に「残すべきです」とは言いにくい情況。分野は違えど、創造的な活動をする者としても。

 長い間、お疲れ様でした。

2022年9月15日 (木)

またチョイ役出演

 もう6年やらせて頂いているFMうしくうれしく放送の「限りなく啼鵬の音楽全集」。今日も収録に行くと...!?

Img_20220915_150720317_hdr いきなりスタッフさんから「テーホーさん、お時間あります?」って。急遽、生放送の番組に出演。しかもアタシだけではなく、収録スタッフで来ていた古瀬俊介さんも。そう、啼鵬の憧れのパーソナリティー(2018年2月25日参照)。音楽全集1号、2号という即席ユニット(!?)で、元々のパーソナリティーのなっちゃんに絡みました。

 んで、なんでTOYOTAかって? 番組スポンサー様です。茨城トヨペットひたちの牛久店。...って、実はこの写真のお向かいなんですが...。そう言えば茨城トヨペットって、茨城放送でも何度も耳にしている。そう、地元ラジオのスポンサーの定番。

 して、問題の番組内容。タイトルも「ドライバーズ・ハイ」ですから、トーゼン車関係のハナシ。ま、このBlogの熱心な読者であれば、テーホーがどんなもどかしい思いで番組に臨んだかはお分かりでしょう。古瀬さんも同じだったようです...。

 リスナーの皆様、ご視聴有り難うございました。お便りメールも。

2022年9月 1日 (木)

Office Car

 車の進化は何も、動力性能に限った事ではありませんが、これはねぇ...。

P_20220901_152201 車内で仕事ね。なんだ、アタシがかつてやってた事じゃん。まだ楽譜をPDF等のデータ化して送信、なんて事をしていなかった時代。その頃は仕上がった楽譜を紙に出力。其れは原本として手元に保管するので、納品する分はコンビニ等でコピーを。これがオーケストラや吹奏楽だったら、何十枚ってコピーをするワケ。

 んで、そのコピーしたものを、そのまま発送したいので、自宅には戻らずに出先で作業。そう、当時乗っていたHONDA Streetにはちゃぶ台みたいな作業台、製本に使う事務用品一式も積んであって、後部座席を倒してそのスペースで仕事。出来上がったものを荷造りし、郵便局や宅配便の業者へ。

 んなもんで、こういう記事を見ると、おぉ、ようやくテーホーに追いついたか。でも今はもう楽譜は紙に出力せずに、データを送信。コピーや発送のための外出は激減。

 恐らくバイク便なんてのも、一頃よりは大分需要が減ったのでは?

2022年2月10日 (木)

常磐名物「唐揚げ蕎麦」

 以前、鶏唐揚げがトッピングされた蕎麦を記事に(2021年11月20日参照)。JR常磐線の駅そばメニューだった訳ですが、今回は同じ「常磐」でも、鉄道では無く高速道路「常磐自動車道」。

Yatabetoritensoba 上り方面の谷田部東PAにそのメニューが! 尤もこちらは「鶏天そば」という名前で。しかし内容は前述の鶏唐揚げがトッピングされた蕎麦。

 さすがに常磐つながりで、我孫子駅の弥生軒から引っ張ってくるのは無理があるにしても、偶然にしちゃぁ出来すぎている。

 では、更なる追求を。常磐線、常磐道での唐揚げ(鶏天)そばを探しに。

2022年1月 5日 (水)

美人の湯を会員価格で

 山形県と言えば温泉。県内全ての自治体に温泉が! と言いたいところですが、少し前にそうでなくなった!? 風呂好きなテーホーは、近年足繁く山形県に通っているため、台湾モノのメニューが多い食堂のスーパー銭湯のみならず、トーゼン温泉にも浸かりまする。

800bo2 今回、雪の中訪れたのは、山形市内の「美人の湯」で有名な(!?)温泉。ま、アタシャ別に美人だろうが何であろうが、温泉ならばなんでもイイ。五十肩が治るなら尚イイ。

 「美人の湯」とうたうだけあって、ねっとり肌にまとわりつくようなお湯で、なかなか良かったです。って温泉のコト、何も分かりませんが。

 ところでこのカテゴリー、何故「車」にしたかって、なんとJAFの優待割引があったのです。おかげで¥520で入浴。会員じゃなきゃ¥570。

2021年8月 5日 (木)

2ランク上のタイヤ

 オイル交換に行くと「そろそろかな」と思っていた今日この頃。お得意様セールとかいう葉書にほだされ、ついに愛車のタイヤを交換。と言うよりも、今履いているのは購入したときのまま(2019年10月31日参照)。このときに新品タイヤが付いていたのかは分かりませんが、そろそろ2年。と言うよりも、購入時55,00kmだった走行距離も、今や80,000kmに手が届きそう。

Playzpxrv2 商談ではまず、どんなタイヤが良いか聞かれたので、やはり燃費重視かな。何しろ10年以上前の車。燃費の悪さが目立つので、せめてタイヤで何とかカバーしたいところ。逆に言えば燃費以外、全て気に入っているんですが。

 説明を聞いているうちに、燃費重視タイヤの1ランク上だと、運転していて疲れにくいって。う~む、コロナ禍で仕事も減り、遠出する機会も少なくなったとは言え、ひとたび都内に出ると、片道最低1時間は運転しているし、ましてや遠方に出かけると2~3時間運転なんてのも。

 価格差もたいして無かったので、その「疲れにくい」タイヤに交換。メーカーは違えど、今まで履いていたタイヤからすれば、2ランクも上のタイヤ。果たして効果は...!?

 交換した直後は明らかに違和感。今までとは全然違う。軽快さは無くなり、出足などもっさりした感じ。しかし慣れてくると、この路面をしっかりグリップしている走りは、これまで体験した事のないフィール。なるほど、車に詳しくないアタシでも違いが分かるわ。

 ちなみに「疲れにくい」をとれば、「燃費」は諦めなくてはなりませぬ。勿論そこそこはイイのでしょうけど。

 あとは長時間運転したときに、どれくらい疲労感があるか。

2021年5月19日 (水)

HONDA CLARITY PHEV

 HONDA車ならば大抵、後ろ姿で車種が分かります。現行車でなくても、多少は。少し前の話になりますが、そんなテーホーが「おっ!?」と思った車。

Moriokaclarity 滅多に見かけないバック。こりゃもしや!? そう、CLARITY PHEVでした。かつてFCXを首都高で見かけた事がありましたが(2008年1月26日参照)、其れ以来の驚きかしらね。ちなみにCLARITYは現行車も含めて、目撃したのはこのときだけ。

 今のCLARITYは燃料電池車(FUEL CELL)ですが、この時はPHEV。そう、プラグインハイブリッド。あぁ、Priusのヤツと同じ、と思う方もいらっしゃるかと。まぁ、システムの細部はともかく、走行中の充電の他、自宅や設備のある場所での充電も出来るのですが、HONDAのは約600万円。どれくらい売れたのかしら...。

 ちなみにこの目撃場所は盛岡市。Out of The Standardのレコ発ツアー中でした(2019年3月26日参照)。

 そして驚いたのはも1つ。この運転中に地元FMラジオを聴いていたのですが、ちょうどセンバツ高校野球のハナシ。なんと21世紀枠で出場している、我らが石岡一高の話題。しかも聴いていると「カザミさんの出身地の隣なんですよね」ってオイ!そのアナウンサー、土浦市出身だって言うじゃないか!! 後で調べたのですが風見好栄さん、新治村のご出身。まさかその話題を盛岡で、土浦市民が聴いているなんぞ、夢にも思っていないでしょう。

 CLARITYを目撃、盛岡市内で土浦市民が風見アナの声を聴く。いずれも確率としてはかなり低いもの。2つも重なるとはね。

2021年1月13日 (水)

少し前のALTO

 すったもんだして購入したHONDA Stream(2019年10月31日参照)。その車検がやってきました。以前乗っていたThat'sでは、なおてい号もあった事から、代車は頼まなかったのですが、今回はお願いしました。無料なので。

Altodaisha やってきたのがSUZUKI ALTO。どうやら6代目。10年以上前の車。

 軽乗用車好きの啼鵬。SUZUKI車は実家にいた頃にEVERYに乗った事がありましたが、正直そんなに良い印象はありませぬ。そもそも、その頃の軽乗用車自体、今とは規格からして違うので、単純に比べられませんが、とにかく煩い! まるで装甲車にでも乗っているかのよう。...って、装甲車には乗った事ありませんが。「軽と言えばSUZUKI」と言うらしいですが、実家にいる頃にDAIHATSUやMITSUBISHI、HONDAと乗って、順位を付ければ最下位よ。

 このALTOもやはり古さが目立つ感じ。エンジン音はさすがに装甲車ではありませんが、どうもこのキュイーンというのがなぁ。我らHONDA党は何がイイかって、エンジン音が好きで乗っているので、このキュイーンは車に乗っているのではなく、何か遊園地の100円入れて乗るヤツみたいな...。

 とは言え、其れ以外は実用車としての評価は高く、悪い車ではありませぬ。10年前でこうなので、今のALTOとかってイイんだろうな。

より以前の記事一覧

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ