2024年2月12日 (月)

消えたぱぱ

 同じ店にどれくらい行ったか、という点で言えばこの店、行った方だと思います。長野バンドネオン倶楽部のレッスンを終えた後に、生徒さん達とお茶をしたり、打ち合わせをしたりで。

Img_20240212_160150237 で、この日も行ってみると...。あぁ、なんてこったい! 昨年に閉店してた!? そうなると代わりの店も探さにゃいかん。

 そう言えば凄い蒲萄の試食をしたのもこの店でした(2021年9月29日参照)。お土産を買った事もありましたし。1度くらいはメニューの「ところてん」を食べておくんだった。寒天の専門店だったので。

2024年1月23日 (火)

ぶらり途中下車

 昔お世話になったライブハウスの、系列パン屋さん。久しぶりに通り道なので寄ってみると...!?

Img_20240120_162301882 この日は演奏会を聴いた帰り道。なので既に16:30近かったんです。まぁ、パン屋さんは基本、朝が早いですからね。あぁ、久しぶりにココの美味しいパンを食べたかったのですが。

 次はいつ来られるかしら。

2023年9月10日 (日)

隠れている名店

 チョー久しぶりに行ったエリア。学生時代以来か。そもそも何で行ったかも覚えていませぬ。今回はリハーサルで訪れたのですが、その前に腹ごしらえと...!?

Dsc_0215 あぁ、名物店のようなんだけど、やってないか。でも情報によっては日曜営業とあったケド。この看板とシャッターだけでも、十分に隠れた名店の要素。

 う~む、次に行く予定日も日曜日だしな。いつかこの店に行ける日は来るのだろうか。

2023年9月 7日 (木)

フライから目玉焼き

 普段はランチで訪れるカレー屋さん。このBlogでもお馴染みで、やはり納豆カレーの記事がトピックスかしらね(2023年4月17日参照)。

Img_20230907_183223369 今回は恐らく初めて、ディナー・タイムに訪問。久しぶりでした。何しろスタンプ・カードの特典で、¥300の割引チケットをもらっていたのを忘れていたくらい。

 今回は辛口チキンカレーに、目玉焼きをトッピングなのですが、何故カテゴリーがOOSAKI病かって? そう、目当てのメニューが終わっていたからです。トッピングに白身魚のフライを頼んだのに...。

2023年6月12日 (月)

大学カレー

 高校の学園祭にお邪魔したのですが、そこで逃したカレー。気がついたときには売り切れ。

Img_20230610_134832585_hdr キッチン・カーが何台か来ていて、カレーもありました。他にはたこ焼きとかカフェとか。しかし人出に対して、圧倒的に飲食店の数が少なく、どこの店もチョー行列。

 一応店主と話しました。どこかでお店を構えているのか。すると車だけで、筑波大学や茨城大学に出没すると。う〜む、遭遇率低そうだなぁ。

 そう言えばココには的屋の皆さん、いませんでした。運動会じゃなくて文化祭だったから!?

2023年4月 2日 (日)

ご回復を

 本来のOOSAKI病は、ラーメン業界でのこと(2007年1月11日参照)。重病人のテーホー、転じて様々なシチュエーションで発病しますが、今回のケースはなかなか無い!

Kimg0964 かかりつけ、ではないのですが、病気になった際に訪れる病院。センセが入院だと。あぁ、そりゃセンセだって人間だしな。どのような病状なのか分からないので、安易に「医者の不養生」なんて言えませんが。

 そして厳密には今回の件、啼鵬ではなく、チビの花粉症のクスリを処方してもらいに来やした。つまりOOSAKI病は遺伝するのか!?

2022年11月22日 (火)

丸亀の人気店

 てっきり3食うどんと思っていたのですが、本番前夜の食事は違いました。丸亀市で最も人気のある飲食店へ。

Img_20221119_201603226 骨付き鶏が名物のお店。ちなみにその骨付き鶏はキャラクターにもなっています。コレ、チョー美味い! 生姜が利いているのかしら、少し辛いですが、この辛味が何とも言えませぬ。この記事を書いている最中も、思い出すだけでパブロフの犬状態!?

 店舗はとても大きく、旅館やホテルかと思ってしまう程。そしてとても繁盛しておりまする。予約が出来ないため、行列に並ぶのですが、これが思った程は待たずに入店。それもそのはず、オーダーするとこれまた意外と早く料理がくる! そう、回転が良いのです。大事です、そういう味以外の面。

 ところで何故この記事のカテゴリーがOOSAKI病かと? 骨付き鶏は親鶏と雛鶏を選べるのですが、なんと行列の我々の手前で店員さん、「親鶏はここまでで終了です。品切れで申し訳ありません」と...。

 こりゃ、親鶏を食べに、また丸亀に行かないとなぁ。

2022年10月21日 (金)

行く前にからっぽ

 いつかは行こうと思っていたラーメン店。

Menyoshitaka 気がついたらコレですわ。看板も無くなり、空っぽ。実はこの店の向かいには、新しくラーメン屋が出来ました。啼鵬も朝訪れておりまする(2022年5月6日参照)。まぁ、閉店したのは競合店が近くに出来たから、という事でも無いでしょうに。

 実のところ、やっている時間にはあまり遭遇せず。なので「いつかは行こう」止まりだったのでしょう。啼鵬の山形滞在時、それも仕事でない時間にうまく合わないと、なかなか機会を得ないですな。

 う〜む、残念。

2022年10月10日 (月)

どんどんOOSAKI

 久しぶりかも知れませぬ。こんなにも典型的な症状!

Motosawaoosaki1 限りなく啼鵬の一応動画劇場第百七話でも紹介した、どんどん焼きのお店。まさかやっていないとは...。しかもこの日は連休中日。17日から再開って、結構長く休むんだなぁ。

 さて、予定を変更して啼鵬、いずこへ!?

2022年7月23日 (土)

2022年の土用の丑の日

 今年もやって参りました、土用の丑の日。と言いつつ、実はもう今月はじめに食べてしまいました。

Img_20220703_121845096 名古屋に行ったのですが、その帰り道に浜松に寄って。しかし当初目論んでいた店が、行ってみると「本日予約のみ」の張り紙。その行く途中にあった店に引き返し、ありつけた次第。

 美味しかったですが、毎年食べる度に「いつまで食べられるんだろ」と思いますね。だって絶滅危惧種なんでしょ? 今年は稚魚が北海道でも発見されたというニュースがありましたが、これは「新たな鉱脈!」と喜ぶものではなく、気候変動のせい。地球温暖化が少なからず影響しているのでしょう。

 鰻は美味しいですし、嫌いではありませんが、啼鵬は「土用の丑の日」という理由だけで食べています。そう、自ら食べるのは基本的には年に1度だけ。

 今後どうなっていくのでしょう、鰻の養殖。いつか「土用の丑の日って、鰻って魚を食べてたんだって?」なんて会話をするような日がくるのか...。

より以前の記事一覧

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ