2019年8月24日 (土)

夏休みカレー教室【吉田料理教室】

 土浦市報を見て申し込みました。小学生とその保護者を対象とした料理教室。講師は以前お邪魔した事もある、吉田料理教室の吉田礼子先生。

Natsucurry1先生はアタシのライブにも来て下さったりと、お馴染みですが、今回申し込んだ事は、行ってからバレました(笑)。何しろ申込みは本名ですし。

 10組の親子が受講しましたが、さすがにお父ちゃんはアタシだけ。あ、お婆ちゃんと参加していた子もいました。実のところ、料理好きな啼鵬も、こういった教室に参加するのは初めて。

Natsucurry2 何しろ材料は揃えて頂いているし、調理器具や食器類も現地調達。こちらは参加費を払うだけ。一応料理をする格好という事で、エプロンと頭に巻く手ぬぐいは持って行きました。普段家で料理するときは、そんなもんしませんケド。

 今回作ったのはドライ・カレー、もといキーマ・カレー。先生が「キーマ・カレーと言った方がカッコイイですね」と。夏野菜のキーマカレーでした。スパイスはコリアンダー、カルダモン、クミン、クローブといった、カレーを作るには一般的なもので、入手も簡単なものばかり。

Natsucurry4 ま、盛り付けは下手ですが、一応出来ました。ゆで卵、ご飯も用意して頂いて。う~む、こうして自分で作ると旨い。是非とも家でも再現しなくては。

 そして各班、感想を言うコーナーでは、吉田先生に「こちらの方、土浦カリーマスターです」と紹介され、身分は明かさなかったものの、カリーマスターの称号を頂いた経緯(2010年4月13日参照)を説明。なんだかなぁ、せっかく称号を頂いたのに、なんも発展が無かったけど、ようやくここでかぁ。

 今年の土浦カレー・フェスは11月23日~24日。行けるといいな。

2019年7月20日 (土)

BBQと2色カレー

 今年は開催が危ぶまれた、アルゼンチン独立記念日に寄せたタンゴ・フェス。何とか演奏場所の提供を受け、無事A.R.C.で開催(2019年7月7日参照)。そう言えば来年はA.R.C.も結成10周年。何かしたいね、って事で打ち合わせも兼ねてランチを。

Buddys2curry 訪れたのはこのBlogでも時折記事にしていたバーベキューのお店。久しぶりに行きました(2016年6月4日参照)。スタッフも一新(サイトも)。お店の内容も若干変わった部分があり、なんとランチにはカレーが出現。

 この2色カレー。甘口と辛口に分けた真ん中には、お店の特色であるバーベキューのお肉。肉やカレーの種類でいくつかバリエーションもあり、個人的には制覇したいところ。

 そして本題のA.R.C.。来年の結成10周年に向けて、記念企画を練りました。乞うご期待!

2019年7月 3日 (水)

近間でカレー

 半分NAOTO君の追っかけみたいな感じで行った北海道(2019年7月1日参照)。ま、当然本番の演奏は、聴いて楽しむのではなく、自分の編曲がどう鳴っているかのチェック。今回も勉強になりました。

Picanti2 で、やはり北海道に行ったのならばカレー、ラーメン、ジンギスカンのいずれかは食べないと。会場近くを散策していると、あったあった、カレー屋さん。ここで手を打ちました。

 後でNAOTO君に言うと、「何で言ってくれないんだよ、他にも教えてあげたのに」と。確かに歩くカレー事典のNAOTO君に聴けば、今まで食べた事のないお店にも行けたでしょう。でもアタシ、お忍びでキミには内緒で来てたので、事前に連絡出来るワケないじゃん。

Picanti1 しかもね、この年になるともう、北海道に来たってだけで満足なので、正直関東でも見かけるチェーン店でも無い限り、何でもイイのさ。ちなみにこのスープカレーには、納豆をトッピング。

 結局滞在中はコレ1回しかカレーを食べる機会がありませなんだ。でも十分よ。

2019年5月25日 (土)

祝:新調一周年

 何しろ月に1回、いやふた月に1回とか、それくらいしか行けないので、いつ代替わりしたのか、分かりませぬ。アタシが気が付いたのはこの記事

Yamagoya1thしかし今日行くと、

1周年に寄せて鉢植えが贈られていたり。

紙が光って見えませんが...。

ま、この鉢植えだって、

いつ贈られたものかも分かりませんケド。

スタンプ帳も17個捺印してもらっているので、啼鵬にしてみたら十分常連なのですが、さすがに店員さんには認知されていないでしょう。それともいつも変な荷物(Bandoneonのコト)を持っている客、とでも思われているかしら。

P_20190525_185934 其の自称常連のアタシから個人的にお祝いって事で、いつもと違うチョット贅沢なメニューを。また、いつもはランチで行くのですが、この日は仕事が夕方だったので、恐らく初めてかしら、ディナー・タイムに行きました。ランチとは違い、ゆったりした気分で食事を。

 さすがにお店の方、このBlogを目にする事は無いと思いますが、ファンとして1周年、おめでとうございます。お店を引き継ぐって、ゼロから自分の城を築くのとは別な苦労があると思います。これからも頑張って下さい。応援しています。

2019年5月21日 (火)

うんこふりかけ

 最近巷で大人気、うんこドリルシリーズに、何とふりかけが!

Unkofurikake 我が家もチビにドリルを買い与えると、喜んでやっていました。ふりかけの方は見つけたのは最近。しかも¥100ショップで。そういうところに売られているって事は、もうブームも一段落し、在庫処分みたいな扱いか...。

 ちなみに小袋1つ1つにも漢字問題が書いてあって、さすがドリルの派生商品。抜かりはありませぬ。

 アタシもふりかけでご飯を食べる年ではありませんが、ためしに食べてみるとなかなか美味い。カレー味というのがまた何とも想像力を...。

2019年5月 8日 (水)

自衛隊カレー

 山形市の商店街、十日町では、こどもの日にスプリングフェスティバル「はたらく車大集合」が開催。

Springfes1更に自衛隊の炊き出しがあって、

カレーを無料で振る舞っていたそうな。

分かっていれば狙って行ったのに...。

 お天気も良かったこどもの日。啼鵬も山形入りした日でした(2019年5月5日参照)。このスプリングフェスが行われた通りも歩行者天国に。この道沿いは、葉加瀬太郎ツアーで泊まったホテルや、その公演会場もあったり、そして突き当たりにはサックス日和でも演奏した文翔館。

Springfes3 そのサックス日和。昨年のとっておきの音楽祭は台風で流れ、懇意にさせて頂いている辻楽器店さんの軒先で演奏しました(2018年10月1日参照)。その辻楽器店さんも、この道沿い。

 途中にある七日町御殿堰(ごてんぜき)では、たくさんの鯉も!

2019年5月 3日 (金)

焼きカレーパン

 今やカレーパンは、「それいけ!アンパンマン」に登場するカレーパンマンのような感じではなく、形は元より、そもそも揚げていなかったり、多様化しておりまする。アタシもかつて紹介したカレーパンは、なかなかのものでした(2015年8月18日参照)。

Yakicurrypan1 今回のもパッと見、

カレーパンだとは気付きませぬ。

買う前に何度も見直したくらい。

いや、コレを買うときには、値札が曖昧だったのです。タイムセールで店内オール¥100とかで。ま、パン粉が付いているので、フツーのパンでは無さそうな感じではありましたが。

Yakicurrypan2 更にアタシを戸惑わせたのは、「焼きカレーパン」と札に書いてあったこと。う~む、どの部分を焼いているのか。そりゃ「パン」という括りで考えれば、焼いてあるだろうに。そっか、油で揚げてあるのと区別するためだった!?

 其の、油で揚げてある一般的なカレーパンに比べれば、油でない分、カロリーも低いでしょう。ってコトは、ヘルシー・カレー・パン...。

2019年4月30日 (火)

平成最後の晩餐

 恐らく今日は、このタイトルで何らかの発信をしている方が多いことでしょう。なのでベタなネタですが、アタシも発信する事に。

 思えば啼鵬の平成に於ける「食」の代表はカレーです。何しろ身近なところに王子がいたものですから、その影響で今まで食べた事のないようなカレーを、たくさん食べました。そして土浦カリーマスターになったのも平成!

Heiseigandhi2 なので平成最後の晩餐はカレー。ココ土浦市が「カレーの街」を標榜するようになって久しいですが、その初期からある店です。当時カレー専門店が増えましたが、あっという間に消えていきました。その中で生き残った、数少ない店。Out of The Standardのアルバム制作中にも行きました(2018年9月16日参照)。

 店員さんに「平成最後なので来ました」と伝えたかったのですが、如何せんインド人(だと思う)なので、うまく伝わらないと思い、諦めました。

 啼鵬の場合、平成最後は探検隊長として「まずいもの」を食べる方が、ネタ的には良かったのですが、家族も巻き込むワケにはいきませんので、美味しいものを頂きました。

2019年4月23日 (火)

レトルトだってカレー【大噴火】

 昔、このタイトルで記事をいくつか書いていました。最後に書いたのも、もう7年前(2012年7月25日参照)。その前回の記事でも、似たような書き出し(笑)。

Daifunkacurry 今回のレトルト・カレーは、チビがお土産に買ってきたもの。何とも大袈裟な商品名ですが、30年くらい前は「激辛」なんてうたっていても、たいしたコト無いものが殆ど。これは技術的な問題だったのでしょうか。現在では「激辛」なんて冠にしたら、かなり辛い商品に仕上がっているものが多うございます。

 してこの大噴火カレー。確かに辛い。NAOTO君クラスですと、「ま、フツーだな」と仰るでしょうけど、マジスパの悶絶あたりが限界の啼鵬にとっては、チョー辛いです。でも美味しい。

2019年4月 8日 (月)

必殺、ヘルシー!

 話はOut of The Standardのレコ発ツアー。やはり旅というと食の話題に。

Currysakai22日目の仙台。

この店構えだけでも、

いかにも啼鵬が好きそうな感じ。

果たしてその期待は裏切らず、

...って書くと、

一体美味しいのかマズイのか、どっちなんだって感じですが、今回は探検隊のカテゴリーではなく、純粋にカレーの。ちなみに前回のOTS東北ツアーの仙台では、探検隊として、なかなかナイスな逸品に出会えました(2015年4月28日参照)。そのお店もありましたが、其のメニューはまだ健在なのか...。

 話を戻しましょう。このカレー屋さん、隠れた人気店のようで、アタシは大和田の雅兄ぃと入ったのですが、前後して客足が途切れる事はありませなんだ。

Currysakai1そして迷った挙げ句、

最近ご無沙汰だったセット・メニューを。

もちろんカレーが目当てですが、

蕎麦にも惹かれ。

 更には「ヘルシー」という殺し文句にもやられたのですが、食べてみると「う~む」。かけそばに生野菜ってどうなんだろ。

より以前の記事一覧

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ