2024年4月11日 (木)

ここにもよもだ

 TRIO TYDの新宿公演のときの話。リハーサルを終えて食事をしに外に出て、安く立ち食いそばで済ませて戻る途中...!?

Yomodasinjuku こ、こ、こんな所によもだそばが! 一瞬目を疑いやした。有楽町にあるはずの店が新宿に。このBlogでも何度か登場(2016年6月1日参照)。

 テーホーが珍しく、テレビで知って訪れるようになった店。以来、周りにも宣伝。なのでミュージシャン仲閒で訪れた人もいるかと。

 ここにあるのを知っていたら絶対行ってました。しかも演奏会場からも近かったし。んで、シャクなので入る事に。さすがにフル・サイズのカレーを食べるワケにはいきませんでしたが、ミニ・サイズをオーダー。

Yomodaminicurry お店の人は「?」と思ったかも知れませんが、事情を説明しやした。有楽町本店には何度も行っている事も。あぁ、この味。いや、ちょっと辛目かな。んにゃ、イイ。コレでイイ。

 店員さんに聞けば3年ほどやっているって言うけど、サイトを見たらもっといっぱい店舗があるじゃないか! 情報に疎いなぁ。

 んま、選択肢が広がったのは嬉しい。

2024年4月 1日 (月)

インドチャーハン

 また初めて行ったカレー屋さん。と言いつつ最近のテーホー、カレー屋では専らビリヤニを注文。言ってみればビリヤニを求めてカレー屋へ。

Img_4604 で、今回はビリヤニが無くて「インドチャーハン」なるものが。ほぅ、インドではどんなチャーハンを食べているのか、とても楽しみに。果たして届いたのは...!?

 まぁ、見た目は其れらしい、と言えるのか。ただ見ただけでご飯はパラパラした感じではなく、ベチャッとしている模様。更にクチに運ぶと食感は見たまま。しかし味が!

 コレ、ナポリタンチャーハンです。カレーの味は全然しません。ってまぁ、カレーチャーハンでなくインドチャーハンですから、そうなんでしょう。今回はマトンが入ったもの。まぁ、美味しいっちゃぁ美味しいんですが、でもナポリタン。

2024年3月17日 (日)

待っていたビリヤニ弁当

 日本の夜の演奏会は、19:00や18:30といった開演時間が多く、これは食事の時間とマルかぶり。フツーの生活をしている人にとっては。これがアメリカだともっと遅い時間から始まるのが一般的のようで、Weather Reportの名盤「8:30」は、ライブの開演時間を意味しております。つまりそれまでに食事も済ませて、音楽を聴くってワケ。更にアルゼンチンはブエノスアイレスだと、Tangoのショーは24:00開演!

 東北芸術工科大学サクソフォン研究会の演奏会に出演した日(2024年3月16日参照)。この日は地元でレッスンをしてからの移動で、かなり際どいスケジュール。リハーサルには間に合うも、食事の時間が無い! ちなみにテーホー、腹ぺこだと力が出ず、イイ演奏出来ましぇん!

 んま、演奏前は芸工大からの差し入れおやつで何とか凌ぎ、終演後は速攻で片付け、挨拶もそこそこに施設を後にしやした。

Biriyanibento で、予めテイクアウトを頼んでおいたカレー屋へ。約束の時間には行けそうにないので、電話を一本。「あのぅ、もう出たんですが、遅れそうで...」って、ソバ屋の出前じゃないんだから!

 そしてこのチキン・ビリヤニ弁当。なんか1.5人前くらいな感じでボリューミーでした。

2024年3月14日 (木)

Fellows' Curry

 そんなメニュー名ではないのですが、今回カレーがあるならば食べるしかない!

Img_20240309_182559895 Jazz Pianist熊谷ヤスマサさんのライブを聴きに行った(2024年3月12日参照)お店で食べたチキンカレー。手頃な価格の食事メニューだったのは正直な理由ですが、それより少し高いと思われるポークカレーが「Sold Out」だったから、というのが大きいかしら。美味しかったです。

 メニューはおつまみ系が多かったですが、出来たらサラダとか、このカレーに付け合わせられるサイドが欲しかったですね。

2024年3月 8日 (金)

洒落た器のビリヤニ

 この日は看護学校の卒業式を終え(2024年3月1日参照)、上京してTrio TYDのリハーサル(2024年3月2日参照)。更に夜行バスで山形に移動というハード・スケジュール。リハを終えてバス停近くへ移動。晩メシをどうするか。やはりカレーっしょ。

 ってなワケで、時間も時間なんでやっている店も限られていて、ネットで見つけた店へ。

Img_20240301_204620183 ビリヤニがあったんで其れを。野菜ビリヤニ。こんな器に入ってきたのは、啼鵬ビリヤニ史上初かも。いつもはお皿ですから。見た目よりも量は多かったです。

 それにしてもこの時間、行列しているラーメン屋もあれば、このカレー屋さんのように、客はテーホーだけ!といった格差。また来たいですが、次もちゃんと営業しているかしら...。

2024年2月25日 (日)

辛いビリヤニ

 この日は長くリハーサルがあり、終わったら食事をして帰ろうと決めておりました。

Img_20240225_193556912 会場近くにカレー屋さん。行ってみるとビリヤニもあるではないか! チキン、マトン、野菜と3種類ありましたが、今回はマトンを。あぁ、このインディカ米の食感。この味ですわ。

 ただ今回は辛かったです。ビリヤニは辛さを選べるってのは聞いた事がありませんので、お店によって味が違うのと同じく、辛さもマチマチってワケですか。

 啼鵬がこれまで食べた中で、イチバン辛いビリヤニでした。

2024年2月24日 (土)

カレーの麩菓子

 ガキの頃食べた麩菓子は棒状のもので、口を大きく開けるとほぼその直径に届くくらい。今ほど子ども向けの菓子が充実していなかったので、麩菓子などは割とメインで食べていたかしらね。

 ちなみに啼鵬世代は第2次ベビー・ブームなので、我々の成長に合わせて菓子を含む子ども向け商品が、ホントたっくさん出てきやした。そのいくつかは今も続くロング・セラーに。

Curryfu んで今回、カレーが続くのですが、その麩菓子。ガキの頃のとは大分印象が違いますが、お麩の方はお味噌汁とかに入れる輪っかになっているタイプ。其れにカレーの味付け。

 これがなかなかイイ。勿論お麩の食感もちゃんと残っているし、風味もカレーに負けていなくて、お麩としての存在感もアリ。

 買ったのは山形で。さすがお麩の本場!?

2024年2月23日 (金)

ぬれたカレー煎餅

 ぬれせん。苦手な人もいるかも知れませんな。ピアニストの根木マリサ嬢が「アタシ、駄目」って言ったところで、同じ現場にいたケーナ奏者、渡辺大輔さんと啼鵬が「え、なんで?あんなに美味しいのに」と。ま、食感ですか。料理研究家先生の中には、「料理は味よりも食感」と仰る方も。

Dsc_0381 んで、そのぬれた煎餅で、しかもカレー味。こりゃイイ。もっとカレー味がしても、とも思いますが、恐らくそのギリギリ線なのでしょう。これ以上カレー味を増やすと、恐らく煎餅としての体面が保てなくなる!?

 啼鵬は甘い物よりも煎餅とか。そうなると困るのが、塩分摂取過多。もう年齢を考えると、喜んで煎餅をバリバリ食べてもいられない。怖くて最近は測っていませんが、恐らく血圧も高くなっているんだろうなぁ。昔はチョー低空飛行でしたが。

2024年2月20日 (火)

食べられなかったカレー

 話は山形県長井市に行ったとき。残念ながら時間の関係でありつけなかったものが。

Img_3765 けん玉の街を標榜する長井市らしいメニュー!? カレーですよ。この日は予定が詰まっていて、開店前にココに寄ったのですが、開店を待って食べたりしていると、次の予定に間に合わない。涙を飲んで諦めやした。

 次回は必ず!

2024年2月16日 (金)

久しぶりの2

 今や土浦市のインド・カレー屋としては老舗(!?)になってしまった店。一時期カレーの街とか言ってお店も増えて、あっという間に減って、それでもちゃんと生き残った店。で、市内には2店舗あって、その2の方へ。

Img_20240215_190429012 思えばこちらの店舗には来た事があったか? いや、1度だけあったかも知れませぬ。なので2回目。ディナー・タイムでしたが、客は我々の他、テイクアウトを取りに来た人と、我々が食べ終わる事に入ってきた人。う〜む、寂しいな。

 でも美味しくて、また来たいとも思うし。ただこの店舗、実は車で行くとチョー入りにくい。中央分離帯のある道の、しかも交差点近く。Uターンポイントも微妙で、よくよく周辺を知っていないと。逆にカーナビ頼りで「なんちゅう遠回り!」と思いながら行った方が良いかも。

より以前の記事一覧

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ