最近のトラックバック

2017年9月27日 (水)

印度王食堂再び

 以前入った事のあるカレー屋さん(2017年4月11日参照)。この日はリハーサルをした後、本番までの空き時間で食事を。

Royalind04割と時間にも余裕があったので、

少し郊外のカレー屋さんへ。

さすがに新しいカレー屋さんを

開拓している時間は無かったので。

お店はなかなか流行っているみたい。

ちなみに同じ建物のお蕎麦屋さんは、やっていない感じ...。閉店したかネ。

 何となくライスが白いと、拍子抜けするのはアタシだけか。あと辛さセレクトがもっと小刻みだと良いかもね。

2017年9月13日 (水)

2017年最後の北海道は!?

 北海道ではラーメンばかり食べていたのではありませぬ。と言っても、1泊2日で3食も続けて食べれば、「そればっか」と言われても仕方ないですがね。

Asahikawakukocurry そこでカレーも食べなくては!と、

帰りの旭川空港で。

ま、こういうところで食べると、

また王子に「もっとちゃんとしたとこへさぁ...」とか言われそうですが。

 しかし2017年最後の北海道紀行は、これだけでは終わりませなんだ。帰りの便の到着機が遅れ、それによって出発時間も遅延。

P_20170908_121345お詫びのしるしに食事券。

えー!もっと早く頂戴よ。

カレー、食べちゃったじゃん。

 お土産にも使えるので、そっちで消化。

2017年6月29日 (木)

ビーフカレーのかたち

 札幌滞在中、カレーを食べたのは2回。先のボリューミーなカレーの他に(2017年6月28日参照)、2年続けて、同じレストランで食べました。昨年はスープカレーでしたが(2016年6月28日参照)、今年は...!?

Kitarabeefcurry ビーフカレーなんですが、

これがちょっと、

テーホー的には新しい

今までアタシが食べたビーフカレーは、牛肉をよく煮込んで作られたもの。その煮込み時間はともかく。しかし今回のは何と、ビーフステーキの切り身が入っていました。焼き方はミディアム・レアかしらね。カレーの中に入っているとは言え、ちゃんと肉の断面が赤いのが確認出来ました。

 う~む、これはこれで美味しい。と言うよりも、煮込んで柔らかくなった牛肉とは違った、はっきり「牛肉を食べている」感があって、なかなか宜し。

 う~む、人生四十も半ばにきて、ビーフカレーで新たな境地に。...ってもしや、札幌では当たり前? カット・ステーキを入れるの。

2017年6月28日 (水)

年を感じさせたカレー

 北海道と言えば、いや札幌と言えばカレー、かしら、テーホーにとっては。今回の北海道滞在中も頂きました。

Colombo1 場所は少々奥まったところにありますが、

地元では有名店でしょう。

最近では旅行者向けのガイド本にも載っているとか。

パッと見フツーのカレーのように思えますが、よくよく見ればかなりボリューミー。これはこの日の日替わり。チキンカツカレー。鶏の唐揚げではなく、チキンカツ。この丸々1枚。

 カレーはサラサラで味も最大公約数的カレーの味。美味しいです。しかしこのお店のウリは、味よりもボリュームでしょうな。プラスいくらでご飯の量が選べ、しまいには食べ放題も!? ノーマルでもルーが無くなると足してくれるので、当然食べ放題でもルーは際限なく!?

Colombo2 昔はアタシも大食いでした。

なので日替わりのノーマル(350g)ではなく、

ご飯の量を増やした事でしょう。

しかし四十も半ばにさしかかると、さすがにこの日替わりのノーマルで十分。

 そう言えば昔、チャレンジ・カレーをしました。NAOTO君が証人になって(2011年6月2日参照)。ご飯1.5kgにカレー800cc。半分くらい食べたので、トータル1kgちょっとは食べましたか。30代と40代とでは全然違いますし、今だったらこのお店のノーマルより1つ上、ビッグ(550g)も無理だろうなぁ。

2017年6月14日 (水)

花束の代わりにカレー

 演奏会のステージでは、よく花束を頂きます。しかし、その定番の花束以外のものを、ステージ上で受け取る事もあります。そういうプレゼントを受け取ったのが、いつが最初だったかが思い出せないのですが、記憶にあるところだと、Trianguloの信州ツアー、下條村公演だったかしらねぇ(2006年9月27日参照)。

 今回の宮崎滞在中、今年も出演させて頂いた、みやざきこども文化センターのコンサート(2017年6月9日参照)。

Miyazakikodomo2017dここではカレーを頂きました。

しかもスタッフの方が、

「前回テーホーさん、

カレーの話をしていたでしょ。ならばこういうのが嬉しいかなって」

 いやはや、恐れ入りました。確かに話していました。ちなみにその前回、こども文化センターでの本番を終えてから、都城に移動する途中に食べたカレー、記事にしております(2015年9月6日参照)。

Miyazakikodomo2017e それにしても、

口に出してみるものですねぇ。

良いお土産になりました。

2017年6月 1日 (木)

亜細亜分ノ印度

 開店前の工事のときから気になっていました。何となくカレー屋さんかなと思っていたのですが、アジアンダイニングだそうな。

 で、いつの間にか開店していて、ようやく入る機会を。

Sajha1土浦カリーマスターの啼鵬、

インド系カレーでは、

いつもライス派。

で、ありゃ白米かよ。サフラン・ライスを期待していたのですが。でも美味しい。カレーも及第点どころか、合格点。

 しかし今回の論点はカレーの味ではなく、「アジアンダイニング」という点。見ればメニューはインド料理のみならずネパール、タイ、韓国と、何と4カ国も網羅。

 そう言えばかつて、多国籍料理をうたっているお店に入りました(2017年4月16日参照)。ここも其れ系かぁ。その多国籍の店、カレーの次にはパエリャを頼みましたが(2017年4月26日参照)、アレもどこまでモノホンだったか...。

Sajha2 今回、女将さんに聞くと、

確かにインド以外の料理も出すと。

「でもイチバン得意なのはインドよ」だって。

その女将さんも、

国籍はどこだろうなぁ。

んま、この玄関を見る限りは、どこの国のお店とも特定出来ない感じ。

 こりゃ行くしかないな。目指せ四カ国制覇!

2017年5月26日 (金)

アキバ盛り

 秋葉原ほど、変化の激しい街はないでしょう。テーホーのアキバ初体験は小学3年のとき。父親に連れられてCASIOのKeyboardを買いに。当時は石丸電気、サトームセン、オノデンの御三家が全盛期で、テレビのコマーシャルも頻繁に見かけました。「いしまる~、いしまる~」から始まり、「でっかいわぁ、い・し・ま・る」で終わる石丸電気。豹の縫いぐるみが踊るサトームセン。「おーのーでんー、ぼーうーやがー」と、子どもが飛行機に乗るアニメーションのオノデン。懐かしい。

 そんな家電製品の時代を終え、パソコン競争の時代へ。自作派のためのパーツ・ショップが増えたり。ゲームが盛り上がった時代もありました。そしていつの間にか街頭には、現実離れした格好をしたおネェちゃん達がPR。

 グルメ関係もラーメンの時代、カレーの時代...。今後もまた、何らかの時代を迎えるのでしょう。

 ...って、前にもこんなハナシしてるなぁ。前置きが長くなりましたが、王子も言っていた「今やアキバはカレーよ」と。ちょうど入るタイミングがあったので、ふらっと入ってみました。

Caligaliakiba 見た目からして美味しそうでしょ。

美味しかったです。

でもなぁ、

コストパフォーマンスは良くありませぬ。単品で野口英世博士で役不足。ランチで其れだとねぇ。もちろん勝負出来る味ではあるので、出るところに出れば、高いとは感じないのでしょう。

 秋葉原は街としての変化は著しいですが、それはつまり、訪れる人達の層も変化しているのか。ま、確かに。昔に比べたら外人も増えたし。我らヲタクも幅も広がったでしょう。そうなると、今回のお店のようなタイプも需要があるのか。

 そう言えば昔記事にも書きました。バカ高かったホットドッグ(2014年2月20日参照)。今でもあるんだな。つまりやっていけるってコトか。

2017年5月10日 (水)

恐らく山形市制覇

 インド人(みたいな人も)がやっているカレー屋さん。近年急激に増えたと思うのですが、今回訪れたお店。

Kashmirsuzu1何となく、

元ラーメン屋っぽいです。

カウンターがあって、

テーブル席もあって、厨房が丸見えで。似たような店構えは、つくば市にもあったなぁ(2007年5月29日参照)。

 厨房が丸見えってのは、作る側にしてみればプレッシャーなんでしょうな。今回の場合は、パン、パンと威勢良く生地を叩き、ナンを作っているお兄さんが目立ちました。

Kashmirsuzu2 ちなみに外観は、

何とも色合いがカレー屋らしく無く、

着いてから「ホントにココ?」と思ったものです。

 ちなみに今回ココで食べた事で、もしや山形市のインド系カレー屋さんは制覇したかも!? ...って、そんなに数はありませんが。味はイチバンじゃないかな、この店。

2017年5月 1日 (月)

お店の探し方

 ヒトってこんなに「調べる事」が好きだったっけ? と思うほど、多くの人はネットサーフィンをします。結局「インターネットをする」というのは、つまるところ「人の知りたい、という欲求を満たしている」に過ぎませぬ。昔は百科事典や書物から知った事を、現代ではインターネットを閲覧して知る。ま、それも「ネット」という時点で、信憑性に問題がある場合もあるのですが。

 前置きが長くなりましたが、初めて行く土地、もしくはあまり頻繁に行かない土地で、食事をする事になった場合、現代ではすぐにネットで調べるでしょう。出かける前だったらパソコンから。出先やパソコンを持っていなかったらスマホから?

 で、今回の場合はテーホーの好きな「行き当たりばったり」。鞄からスマホを出すのも面倒。というか、普段は電源を入れていないので、起動するのを待つのもなぁ。お腹空いているし。

 取り敢えず食べたいのはカレー。人通りの多い商店街。見渡すとインド人(らしき人)がチラシを配っている。そのチラシを受け取り、「お店はどこ?」と聞くと、「アッチです」と指さし、一緒についてきてくれました。直線だったのですが、意外と距離がありました。

Namastehimal1 店のドアまで開けてくれて入店。

ありついたチキン・カレー。

そのお兄さんは、

再びチラシ配りに行った模様。アタシが食べているときに戻ってきました。

 なかなか流行っている店のようで、満席にはなりませんが、お客が途切れる事はありませなんだ。

Namastehimal2無料なので、

勢い余ってお替わりナンを注文。

ギーと呼ばれる油がかかっていませんでしたが、

ふわふわモチモチでなかなか美味しかったです。

 パソコンもスマホも使わずに、食べたかったカレーにありつけましたが、昔は皆こうやってた!?

2017年4月16日 (日)

多国籍分ノ印度

 近年インド人(に見える人)によるカレー屋さんが増えたのは、カレーの街土浦市だけかと思ったら、全国的にそうなの? 今回山形市でインドカレーのお店に入るのは3軒目。

Miraclecurry いや、正確に言えば、

インドカレー出すお店。

でも見た通り、

一応専門店っぽい。

実は他にもパスタやパエリャなんかも出す、

多国籍を標榜するレストラン。その名も「奇跡」。何が奇跡なんだかよく分かりませんが、カレーだけではこのお店を堪能したとは言えない!? じゃ、次は是非ともカレー以外を食べてみようではないか。

 そう言えば昔、うちの近所のカレー屋さん(2013年1月10日参照)、ピザとかもやってた。中古車屋とかも。閉店しちゃったケド。

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ