2019年10月30日 (水)

温泉玉子

 人生で初めて温泉玉子を食べたのは、大人になってから。と言うのも、温泉地ではないココ茨城県南地区では、温泉玉子を食べる習慣がありませぬ。そもそも茨城県は「温泉県」と言われるほど温泉も無いので、「温泉玉子」は特別なモノかと思われまする。

 これがひとたび温泉がウリの県になると、俄然「温泉玉子」は一般的で、フツーに家庭料理にも出てくるのでは? まぁ、アタシなんぞは、未だにどうやって食べるのかさえ、分かりませぬ。ありゃぁ、旅館の朝食なんかに出てきたときにゃ、どうするんです? ご飯にかけるのが正式ですかい。それともそのまま醤油でもかけて食べるんですか。そもそも何かかけて食べるもんなんですか?

Nuvohiyashi ンな具合ですから、ラーメンのトッピングで出てきたときには驚愕! そっか、土地によってはラーメンにも入れるんですか。関東ではまず見ない光景ですが、もしや群馬とか栃木とか、有名温泉地を抱えている県では当たり前なのかしらねぇ。

2019年10月26日 (土)

2019山形ラーメンマップ魂心の81杯:3杯目

 暴風雨の翌日は、多くの場合「何事も無かったかのように」良い天気になる事が多く、今回も例外ではありませぬ。もちろん地域によりますが。啼鵬は一路山形へ。来月行われるOut of The Standardのレコ発ライブ、山形公演のPRも兼ねて。

Nuvo3rd いや、その前に重要な任務が。せっかく2個までためたスタンプ(2019年10月10日参照)。もう1つ揃うと県外の人にも有利な応募が可能。なので予め目星をつけておいた店へ。

 人気店のようで、行った時点では満席でした。少し待って着席。実はこの店、いろいろな系統のラーメンがメニューを飾っておりまする。つけ麺やG系、そして山形名物の冷やしラーメンも。せっかくなので、其れをオーダー。麺もコシがあってスバラシイ。スープもあっさり。鶏の出汁がウマッ!

 無事に最低スタンプ個数を集めましたので、あとは応募。

2019年10月10日 (木)

2019山形ラーメンマップ魂心の81杯:2杯目

 山形県民は日本で最もラーメンを食べる県民らしく、それはキャンペーンの力の入れ様にも表れておりまする(2019年7月11日参照)。啼鵬も1杯目を頂き(2019年7月4日参照)、取り敢えずあと2杯食べれば応募が出来そう。...と言っているうちに、何回か山形を訪れる機会はあったものの、食べ損ねてしまい、気が付くと締め切りは来月。

Genryu1 なのでこの機を逃さず、入れそうな店へ。そう、台風19号接近を前に、山形を訪れていまする。何しろ来月には我らOut of The Standardの山形公演もあり、その準備をしなくてはなりませぬ。

 訪れた店は人気店のようで、既にお客さんがたくさん。しかし皆さん、作業服を着た男性ばかり。いわゆるガテン系かしら。しばらくして老夫婦や家族連れなど、女性のお客さんも来ましたが。啼鵬はタンメン。お店のイチオシでもあるようで。あっさり系のスープは全て飲み干したくなる感じ。

Genryu2 ただ1つ疑問。テーブルには天かすが! そばやうどんでは当たり前の天かすですが、ラーメン屋さんで見かけたのは初めてかも。して、この店にはつけ麺メニューで、ゲソ天が付くものがあり、どうやら和の要素をウリにしているのか。ちなみにこの日はゲソが入荷しなかったようで、入り口に断り書きがありました。

2019年10月 1日 (火)

タピオカ麺

 近年のブームと言えばタピオカ。ここ土浦市にも新たに専門店が出来て、行列が作っているほど。そのタピオカが入っている麺に、少し前に地味ぃに広まったまぜそば。スープの無いラーメンとでも。

Mazesoba3 そしてこの外観。どこかで観たような...って、某インスタント麺のキャラ。もうここまでくると、何がなんだか良くわかりませぬ。

 後で駐車場の割引がある事を知るのですが、どこの駐車場に止めても良いそうで。初めてなので、イチバン無難な感じのを。

Mazesoba1 タピオカ麺というのも、確かに言われればフツーのとは違う...というレベル。いや、マニアが食べれば、すぐに分かるのかしらね。悪くはないのですが、お値段が...。

2019年7月11日 (木)

2019山形ラーメンマップ

 先日行った山形のラーメン屋さん(2019年7月4日参照)に置いてあったパンフ。

Ramen81と思いきやコレ、タイトルの通り81杯のラーメンが紹介され、そのお店のスタンプを集めると特典が! 応募期間も半年以上。最低3つのスタンプで応募出来るようですが、なんと81杯全部制覇した人には全員、オリジナルどんぶりが貰えたり。

 よく見るとNEXCO東日本が絡んでいるようで、単なる町おこしの域ではありませぬ。さすがはラーメン消費量日本一の山形ならでは!?

 ま、アタシなんかせっかく土浦カリーマスターの称号を得ても(2010年4月13日参照)、恐らく主催者はそんな企画があった事すら忘れているのでは? 本気でカレーの街とかやるなら、市役所にカレー課とか出来て然るべき。だって山形県南陽市役所にはあるんですよ、ラーメン課。

 ま、愚痴はともかく、取り敢えずはあと2店舗。何とか応募出来るかしら。

2019年7月 6日 (土)

板らーめん

 山形に行った際に食べた、元祖冷やしラーメン(2019年7月4日参照)。ならば地元にもあった冷たいラーメンが食べたくなり、行ってみる事に。

 そのお店、昔は私の実家近くにありました(2011年5月24日参照)。その後移転したのですが、実のところ何度かOOSAKI病に...。なんと閉店時間が19:00。オイオイ、晩メシの時間じゃん。...って、どうやらこの営業時間、山形時間のようで、ラーメン消費量日本一の山形県の、多くのラーメン屋さんは、19:00に閉まるらしい。

Marushintsuke そして今回、ようやく入店。移転してからは初めて。当初冷たいラーメンを頼もうと思ったのですが、この店人気ナンバー1のつけ麺に惹かれ、そちらにしてしもうた。というのも、何となく山形で食べた板そばを彷彿させる盛り方。

 次は冷たいラーメンを。

2019年7月 4日 (木)

冷たいラーメン

 昔、葉加瀬太郎ツアーのときだったか、食べたような気がするのですが、もし食べていたらBlog記事にするハズ。でも当時の山形で食べたものは、カレーがチョー印象的だったので、そちらの記事しか見当たらない(2007年8月23日参照)。

Sakaeyateho2 実は少し前に山形に滞在。そのときに山形名物、冷たいラーメンを食べに行きました。山形県は全国的にみて、ラーメンの消費量が最も多い県で、もはや山形県に於けるラーメンは文化。となると個性派ラーメンも出て当然。

 この日は雨が降りそうな天気で、気温も低い。にもかかわらず店内はお客さんでいっぱい。でも半袖はアタシくらいだったかしら...。ただ皆さん、てっきり冷やしらーめんばかり頼むのかと思いきや、そうでもなさそう。

 更に驚いたのは、そばやうどんもあったり。冬限定ですが鍋焼きうどんなんかも。今まで見たことないですよ、ラーメン屋さんで鍋焼きうどんを出すって。おそば屋さんでラーメンを出す店は山ほどありますが。

Sakaeyateho1 で、テーホーも無事ありつけました。うむ、美味しいや。冷めても、じゃなかった、冷たくても美味しいラーメンって、開発には苦労しただろうな。そう言えば地元にもある(2011年5月24日参照)。久しぶりに食べたくなり...!?

2019年5月15日 (水)

社内家系

 通常、家系ラーメンは其れだけで独立しているはずなのですが、今回のは有名チェーン店のメニュー内に、ぽつんと存在するモノ。

Kagetsufujisaki1面白そうなのでオーダーしてみました。

左は2回に1回が無料のお子様ラーメン。

右がその家系ですが、

もやしをトッピングしてみました。

 実のところテーホー、ちゃんとした家系ラーメンは、恐らく食べた事がありませぬ。つくば市にかつて吉村家がありましたが、まさか本家ではないでしょうし、今はもうありませぬ。他何軒か○○家と付く店は行った事がありますが、恐らくそれらは亜流です。更に近年は資本系と呼ばれる、スタイルだけを真似した店もたくさん。

Kagetsufujisaki2 で、話を戻すと今回の家系。麺はストレートではなく、太いながらも少々ねじれていて、コシもあり、なかなかイイ感じ。おおよそ探検隊がいつも訪れるあの店の麺とは大違い。スープもそれほど臭くありませぬ。

 言ってみればマイルド家系!? 万人ウケするようにアレンジされた感じ。言ってみれば資本系の商法か...。

2019年4月16日 (火)

懐かしいトッピング

 ようやく入る機会を得たラーメン屋さん。その蕎麦のような麺(2019年4月15日参照)よりも驚いたのは、トッピングの方!

P_20190409_194114 左のラーメンにそのトッピングをしましたが、

たこ焼きです。

どれくらいの人が覚えているでしょう。かつてカップ麺でたこ焼きが入った商品がありました。テレビCMは、女子プロレスラーのダンプ松本さんがやっていて、「ラーメンにたこ焼きが入ったのよ」と始まり、画面が爆発。煙の中から「最初は誰も信じてくれねぇんだよ」と、強面になったダンプさん。このCMが相当印象的でした。

 啼鵬にとって、ラーメンにたこ焼きトッピングは、こと30年以上前の商品が最初で、その後カップ麺でもお店のラーメンでも、見た事がありませなんだ。それとも関西では当たり前なんですか? 明石焼きトッピングなんかもあったりして...。

2019年4月15日 (月)

蕎麦みたいな麺

 前から行ってみたいと思っていた店。しかも一度弟と行ったらOOSAKI病。それから何年かして、ようやく行きました。

Lucysoba 予備知識も無く行ったわけですが、

麺でビックリ。

何となく蕎麦みたいな感じの麺。

もしかすると好き嫌いが分かれますが、スープの完成度は高く、啼鵬にとっては好感触。

 そしてこれも好き嫌いが分かれると思いますが、チャーシュー2枚の他にソーキ、いわゆる角煮のような塊が2つ。軟骨入りで。「そこまでお肉はチョット...」という方には、かなり重いかと。

Lucymiso 味噌味もありました。

これもなかなかイケます。

しかし啼鵬を喜ばせたのは、

また別の話題。なかなか見かけないトッピング...!? 《つづく》

より以前の記事一覧

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ