最近のトラックバック

2018年12月 6日 (木)

改修前最後の定期

 我らが土浦市民会館は、来年から改修工事に入ります。なので今回の土浦交響楽団第77回定期演奏会は(2018年12月4日参照)、その改修前最後の定期ってワケ。

Shiminkaishu こうしてアナウンスも。

アハハ、

平成32年だってさ。

西暦表記をしないお役所の成せるワザ。

耐震補強ってったって、

3.11の東日本大震災では、震度6弱と言われた揺れでも、ビクともしなかった市民会館。震度6強で被災した、水戸の県民文化センターと、何が違ったかって、其れは震度の差ではなく、単に市民会館が頑丈だったから、って個人的には思ってマス。

Tso77a ンなもんで、

我ら土響団員の関心事は、

耐震工事ではなく「舞台設備の改修」。

「設備」というのは、どこまで解釈されるのか。壁を塗り替えただけでも「改修」と言えるでしょうけど、まさか音響の面までいじってくれる!!...ワキャないか。

 次回土浦交響楽団が市民会館で演奏するのは、第81回定期か。

2018年12月 4日 (火)

土浦交響楽団第77回定期演奏会

 Blog更新が滞ってしまいましたが、話はSonor Clarinet Ensemble第18回定期演奏会(2018年12月2日参照)の翌日。たまたま日程が続いてしまったのですが、啼鵬が高校生のときから参加している土浦交響楽団の第77回定期。

Tso77th 知らない方はピンとこないかも知れませんが、

この長野県は飯田市から、

我が茨城県土浦市までの移動は、

大変な道のり。

距離にして340km近く。

休み無しのぶっ通しで運転しても4時間以上。

 せっかく充実した演奏会を終えたにも関わらず、打ち上げには参加せず、そのまま帰途に。帰宅したのは深夜1:00過ぎ。

Tso77b そして翌日は無事参加する事が出来ました。

しかも当日の練習開始時間が、

少し遅めになり、

個人的には大助かり。

しっかり休息もとり、

本番に臨む事が出来ました。

 今回はBeethovenの「Symphony No.5」。日本では「運命」という通称。もう何度も演奏している曲ですが、今回でViolin I,Viola,Cello,Contrabassと制覇。あとはViolin IIねぇ。なかなか機会が無いか。ちなみに7番も同じパートを制覇しておりまする。

2018年11月 4日 (日)

平成30年度つくば市民文化祭第41回音楽会

 気が付くと3回目の出演。しかも今回はアタシ、前日は長野での本番(2018年11月3日参照)。宿泊したので、その長野からの移動で当日リハーサルには参加出来ず、舞台袖でいきなりメンバーと合流。

Tsukubamufes2018まぁ、遠方から現場に直行、

というのは珍しく無いのですが、

交通機関が止まったりすれば、

演奏に参加出来ないかも知れないワケで、

メンバーの皆さんには冷や冷やさせてしまいました。

今回は直行ではなく、一旦帰宅して準備をして来ました。

 この本番は、我々チェロアンサンブルTSOとしては、他の行事と重なる事も多く、希望の出演時間でないと断念しなくてはなりませぬ。主催者さんにはわがままを言って申し訳ないですね。

Dsc00119 更に今年の場合、

合奏の枠ではなく、

独唱の枠に出させて頂きました。Vocalの山下亮江さんの伴奏というコトで。

 彼女とはTango TrioであるA.R.C.でご一緒していますが、其れ以外での本番もいくつも共演。Beethovenの第九もやった事がありましたねぇ(2011年12月25日参照)。今回は合わせるのが難しい曲でしたが、とても楽しかったです。

 お忙しい中お越し下さいましたお客様、有り難うございました。

2018年10月12日 (金)

ガマ2018ウィンター・シーズン到来

 もう何年目になるのかしら。1年のうちの半分、秋~冬シーズンの指導を担当している、ガマムジカアンサンブル。このBlogでも何度も登場しております。

P_20181012_122859 今シーズンも始まりました。

その1回目のレッスンをしたのですが、

ガマと言えば恒例のランチ会。

塩釜焼きをハンマーで砕く、まるで鏡割りのようなセレモニー。

P_20181012_123128今回の中身は豚肉。

これでガマも無事始動。

来年の本番に向けて、身が引き締まる(!?)。

 今期の曲は、2曲ともバロックと呼ばれる古い曲。そう、VivaldiやBachと同じ頃の音楽。啼鵬の在籍していた土浦音楽院は、この時代の音楽をとても重視していて、思えばViolinを習い始めて、最初に参加した合奏曲がやはりバロック時代の曲。アタシも原点に返ったような気持ちで取り組みたいと思いまする。

2018年10月 6日 (土)

第87回土浦全国花火競技大会中止

 今までこんな事があったのでしょうか。本日行われていた土浦の花火大会が、途中で中止になりました。

 1年で最後の花火競技大会というキャッチで、10月の第1土曜日に毎年開催。内閣総理大臣賞もある土浦の花火大会は、日本三大花火大会に数えられ、今日も70万人以上が来場(ちなみに土浦市の人口は14万人)。1年で最後とあって、毎年職人さん達は、総決算的な意気込みで臨まれてきたはずです。

 啼鵬も40年以上土浦に住んでいるので、雨で中止というのは経験した事があります。これは中止を決定し、実施しなかったケース。今回は大会自体は始まり、途中でトラブルがあり、火傷を負った見物客が出ました。そして大会は強風のため中止とアナウンス。

Tsuchiurahanabi87th 何とも後味の悪い大会になってしまいましたが、

来年からはどうなるのかしら。

今年は大きな台風がいくつも現れ、

各地で被害をだしてきました。今日も台風25号が日本海を北上しています。今回の強風も、少なからずその影響でしょうか。

2018年9月24日 (月)

イオンモール DE プレ文化祭

 思えば啼鵬にとっては初めての演奏の場。地元土浦のイオンでの演奏。

Aeontsuchibun2018皆さんの街にもあるでしょう、

大型商業施設。

そして休日には様々なジャンルの人がやってきて、

ショーを繰り広げますが、今回啼鵬は土浦市文化協会所属の、土浦交響楽団としての出演。ちなみにこの文化協会は、詩吟、茶華道、バレエなど、ジャンル毎にいくつもの区分けがされていますが、我ら土響は「交響楽」という括り。1団体のみで。ま、他に土浦で交響楽をされている団体、ありませんもん。

Img_20180924_162320 今回はステージの広さが限られていますので、

出演人数も絞りました。

まずは土響の誇るHorn Section。

かつてはNHKにも出演した事のある部署で、現在でも吹奏楽コンクール全国大会出場経験者の割合も多く、例えるならば、草野球チームを作ってみたら、元甲子園球児だらけ...とか!?

Img_20180924_163003 そして弦楽器チームも出演。

ただこういったオープン・スペースですと、

弦楽器はキビシイ...。

生音ですし。

それでも拙作、

NHK朝ドラ「てっぱん」の曲や、比較的馴染みのある曲を演奏。12月の定期演奏会のPRにはなった事でしょう。

 三連休の最終日、お買い物中にも関わらず、足を止めて聴いて下さったお客様、有り難うございました。そして出演した土響各位、お疲れ様でした。

2018年9月13日 (木)

古瀬さんと出演

 久しぶりにFMうしくうれしく放送に生出演。今回はライブ告知。今月23日に、牛久市在住のチェリスト、Ricardo Cariaさんと行う「Wine and Music」のPRでした。

Furusetehoしかもですよ、

お相手は憧れの古瀬俊介さん!

20年以上前からよくラジオで、

彼の番組を聴かせて頂いておりました。今年のラジオまつりでもご一緒させて頂きましたが(2018年2月25日参照)、とうとうラジオで共演。なんてこったい。

 パーソナリティは小松みゆさん。彼女に生涯初めて「Tango」という単語を言わしめた!? いやぁ、1億円あったら是非、アルゼンチンに行って本場のTangoを聴きに行ってみて下さい。あぁ、さすがに1億円だと使い切らないか。

2018年8月18日 (土)

第9回土浦音楽院楽友会サマーコンサート2018

 毎年この時期に行う、土浦音楽院のコンサート。昨年はダブル・ヘッダーで、終わった後に六本木へ向かったのでした(2017年8月20日参照)。

 今回啼鵬は、近年最も力を入れている弦楽器、Violoncelloでエントリー。

Gakuyu9th1何しろ先週はHybrid Quartetをやったばかり(2018年8月11日参照)。

勢いに乗って今回も自作曲を演奏。

まぁ、演奏自体は反省点が多かったのですが、

こうやって場数を踏まないと、いつまでたっても前には進みませぬ。それにしても、弦を張り替えようと思ったのに、どこにしまったのか見当たらない...。

Gakuyu9th2 そしてもう1つ。

父親の伴奏でGuitarを。

本番でGuitarを弾くのは何年ぶりだろう。

これも大変でしたわ。しかも自分で(弾きやすいように)編曲したのではなく、父の編曲。う~む、ギタリストの発想ってこういう感じかぁ。

Gakuyu9th3 最後にはやはりViolin。

そりゃそうかも知れませぬ。

土浦音楽院ではViolinの生徒でしたので。

 この他にPiano伴奏もしたので、実に4種もの楽器を...。先週のHybrid Quartetでも3種。実は来週のYaeさんのライブでも、いくつか持ち替え。8月は持ち替え月間!?

2018年8月 5日 (日)

ラジオ体操の先生

 毎年縮小傾向にある、チビ達のラジオ体操。今年なんか、夏休みに入った最初の1週間のみ。正確には5日間だけ。去年まではプラス最後の5日間もあったのですが。

Kimg0101それでも中央大会はあって、

今年はウチに近い方の小学校で。

ココでやるのはしばらくぶり。

 今年は驚いた事が!? 毎年「ラジオ体操第1」のみをやって、あとはお偉いさんの挨拶関係、来賓の紹介をして、参加賞を受け取るのですが、今年は「みんなの体操」からしっかりやりました。

 しかも壇上ではかんぽ生命の土浦支店長さんがお手本。てっきり「支店長」だから壇上に上がったのかと思いきや、なんとラジオ体操指導員の資格を持っているんですって! 確かに動きがシロートっぽくない。

 「みんなの体操」を終え、つなぎの体操を終え、「ラジオ体操第1」は小学6年生の子がお手本。そしてまた支店長さんに交代。つなぎの体操をして「ラジオ体操第2」を。

 いやぁ、ビックリ。去年までは「みんなの体操」やつなぎの部分は、テキトーに流して、いや、壇上に立たされた小学生がモジモジしているだけで、集まった全員何もしませんでしたが、今年は違いました。

 支店長さんは新たに資格を取得したのか、それとも資格を持っている人が支店長に就任したのか...。

2018年8月 2日 (木)

猛暑とスコール

 ちょうど今年の二の丑と重なってしまったイベント。土浦経済同友会の例会で演奏してまいりました。実はこの会、出演するのは2回目です(2011年8月1日参照)。前回はこんなに暑い日だったかしら。しかもこの日は、開演1時間ほど前に、大雨が!

P_20180801_170657 今回はGuitarとContrabassの二刀流、

稗田隼人君とのDuoで出演。

彼は昨年に引き続いての出演。お互い2回目だったってワケね。

 何しろこの演奏会場は、冷房がありませぬ。演奏する側も大変ですが、もちろん聴く側だって大変。

P_20180801_193733 そして終演後は、

恒例のバーベキュー。

今回はミート今井プレゼンツ(啼鵬幼なじみの店)の常陸牛。

久しぶりに食べましたわ。

 そしてひときわ目を引いたのがコレ。

P_20180801_193714_bfデカい西瓜。

こうなると切るのも大変。

マグロの解体ショーならぬ、

西瓜の解体ショーってとこ。あまりに大きいので、中身が心配でしたが、甘くて美味しかったです。

 今年の二の丑は常陸牛!

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ