2020年3月10日 (火)

テーマ曲新調:限りなく啼鵬の音楽全集

 先月めでたく200回を迎えた我が番組「限りなく啼鵬の音楽全集」。記念特別番組も作ったりで、割りと大々的にお祝い。そしてそろそろ番組としては、やらなくてはならない事が。

 1年ごとにエンディング・テーマのバージョンが変わっております。その録音を。

Kagirinakurec2020bこれまでオープニングも含めて、作ったバージョンは4通り。そう、4年やっていますから。しかもそれらの編成は、楽器が被っておりませぬ。なので今回も被らない楽器。

 となると、普段はあまり弾かないGuitarとかになるワケで、これがまた苦労しました。仕上がりは4月からの番組で。

2020年2月25日 (火)

水辺のカフェ

 街中を水路が巡っている訳ではありませんが、やはり潮来というと水の街のイメージ。A.R.C.が公演をした北斎遊学館。

P_20200224_131820水と炎はずっと見ていて飽きない啼鵬。こんな水辺のカフェは、何とも癒やされる場所。前に流れるは、霞ヶ浦から太平洋に注ぐ、常陸利根川。この日も天気が良かったので、釣り客が数人。

 会場の北斎遊学館は、1階が地元特産品を売るショップと、我々が演奏したホール。2階がカフェになっていて、テラス席もアリ。

Img_2219 ホールの中は天井も高く、なかなかの響き。壁は石です。なので冬場は寒いのかな。東日本大震災には、県内でも被害が比較的大きかった潮来市。私もいつも通っていた道路がヒビだらけなのをテレビで観ました。この館も被災したので、修理、補強したようです。

 ところで何故「北斎」なのか。北斎と言えばトーゼン葛飾北斎。

Hokusai36keiなんとココ潮来市牛堀は、葛飾北斎の「富嶽三十六景」に描かれているのです! 題して「常州牛堀」。そりゃもぅ、鬼の首をとったかのように、「北斎」を名乗っても全く問題無いわね。

2020年2月22日 (土)

さよなら、ダイユーエイト千代田店

 千代田って、東京の千代田区ではなく、茨城県かすみがうら市の地域。ここは旧新治郡千代田町だったのですが、霞ヶ浦町との合併でかすみがうら市が誕生したときに、「千代田」という地名自体は消滅。でも店名等には残っておりまする。常磐道のICの名前にも。

Daiyou8chiyoda ダイユーエイトは福島県に本社がある、ホームセンター系のお店。んなもんで、啼鵬は震災直後から応援の意味も込めて、なるべく利用するようにしていました。8のつく日にはポイント5倍なので、其れを狙って貯めたポイント券も、30枚以上になりました。

 しかしながら、ホームセンターというカテゴリの店で見ていくと、ココ茨城県南地区は激戦区。恐らく一番デカいジョイフル本田をはじめ、創業150年以上のジョイフル山新、近年勢力を伸ばし、高田万由子さんや唐橋ユミさんでお馴染みD2。他にもDCMコメリなど、我々からすると買い物天国!という感じ。そこで選ばれるからには、余程のお店独自のカラーがないと。

 正直ダイユーエイトは品揃えもイマイチで、8のつく日も¥3,000以上買わないとポイント5倍にはならず、予め買うものを決めないで行くと、辛い買い物に。最近だと庭の砂利をたくさん買ったかな。

 それでも現品限りの縁台はチョー得した、と思える買い物だったし、いくつか今でも重宝しているアイテムが。今回の閉店セールでは今の値札から2割引という事で、家具やカーテン・レールなど、必要なものを買いました。

 ちなみにこの場所、ダイユーエイトの前も大国屋というホームセンター。この跡地には何が入るんだろ。

2020年2月20日 (木)

200回記念特番宣伝

 何が200回かって、FMうしくうれしく放送の啼鵬の冠番組「限りなく啼鵬の音楽全集」。今月末に200回目を迎えます。

Fmuu20200220b今日はそのインフォメーションや、200回を記念しての特別番組制作の話など、久しぶりに生放送で電波に乗りました。お邪魔したのは、高校生のときからのファン、古瀬俊介さんの番組に。

 番組内では、納豆の話で盛り上がりましたが、もちろん特別番組についての話も。そして同じ日に収録。「ゲストは身内...」と触れましたが、果たして誰が...!?

 オン・エア予定は3月1日(日)の15:00からです。1時間の拡大版になっております。お時間ある方は是非。

2020年2月12日 (水)

久しぶりの水戸芸術館

 最後に行ったのはいつだったか。友人のClarinet奏者、好田尚史君がオーディションを受けるので、その伴奏で行ったのも、学生を終えた直後くらいの話。Saxophoneの須川展也氏とCembaloの中野振一郎氏が共演したコンサートを聴きに行ったのは、その後だったような。それも結婚前だったから、20年以上前だわな。

Kimg0359 今回の兼氏規雄さんのリサイタルを聴きに、久しぶりに訪れた訳ですが(2020年2月11日参照)、水戸芸術館と言えばコレ。NHK水戸放送局からの映像ではたいてい映りまする。東日本大震災のときなど、途中でおっかけるんじゃないかと、心配したくらいですよ。おっと、「おっかける」って、茨城弁ね。敢えて文字で記せば「おっ欠ける」です。

 ちなみに震災のときに壊れたのは、館内ロビーにあるパイプオルガン。パイプが落ちてきたんだっけ?

 改めて見るとデカッ! 100mと言えば牛久大仏にも迫る勢いじゃん。展望台になっているので、いつか入ってみようかしら。

 館内のカフェはSaza Coffee。少し前に県内ではスタバよりも人気があると紹介されましたが、近年では東京にも進出したので、知る人ぞ知る珈琲。せっかくなのでココでしか買えなさそうなお土産を。

Mitogeibrend

2019年12月24日 (火)

FM-UU特番収録:弦楽四重奏団"彩"コンサート

 たまたま2日続いてしまいました。FMうしくうれしく放送の特別番組収録。今回は11月末に行われました、弦楽四重奏団"彩"コンサートを(2019年11月30日参照)。

Fmuuspesial2019b そして何と、そのコンサートに出演した演奏家をゲストに。啼鵬の妹、松本民菜の登場。ラジオ初出演ですと。ちなみに写真中央は、いつも啼鵬番組のオペレーターをして下さっている、フリーアナウンサーの小田貴子さん。

 放送予定日時は、2020年1月1日(水) 13:00~。そう、新年早々FM-UUでは啼鵬の特番! そしてその放送で明かされる、松本民菜の今後!?

2019年12月 5日 (木)

茨城新工場竣工記念

 いつも常磐線の窓から工場が見えます。土浦の南寄り。食肉加工メーカーとして全国的な知名度で言うと、恐らく野球チームを持っている会社の方が有名でしょう。こちらはかつてサッカーチームがあり、全国社会人サッカー選手権大会や関東サッカーリーグでも優勝していまする。ジャパンフットボールリーグ(当時のJFL)への昇格も内定し、これからってときに廃部! 今の水戸ホーリーホックと合併。そのJFL参加権利を継承する名目なので、形としては水戸が土浦に吸収されたコトになっているハズ。

Kimg0337 そのメーカーの商品。新しい工場が出来たからって、セールをする!? 今までそういうセールスポイントでもって商売をするのは、あまり見た事がありませぬ。新店舗開店で協賛セールとかはありましたが(2013年11月27日参照)。

 話をサッカーに戻しますが、廃部になって水戸に行ってしまう記事は、うっすら記憶が。基本的には金銭問題。会社も自治体もカネは出せんと。もしこのとき踏ん張って土浦にとどまっていれば、少なくとも啼鵬はチョー応援したかも。

 アタシはプロ野球とかJリーグとか、特定の応援チームがありませぬ。もちろんスポーツは大好きですが、やはり地元のチームが無いと応援のし甲斐もなかなか...。今は唯一、大関高安かネ。

2019年10月22日 (火)

いきいき茨城ゆめ国体【下】

 先月開幕したいきいき茨城ゆめ国体(2019年9月28日参照)。開会式には天皇皇后両陛下がお見えになり、各都道府県の選手団入場の際には、拙作「"いばらき"ふるさとメドレー」を。両陛下がお聞きになられたかと思うと、感涙の極みでございます。

Ibakoku2019n 先日閉幕しましたが天皇杯、皇后杯とも、我が茨城が獲得。開催県の面目を保ちました。しかしながら障害者の大会であるいきいき茨城ゆめ大会の方は、台風19号の影響で中止。令和最初の国体は大きな喜びと、運営側の苦渋の判断の末の残念な思い出と、何とも県民にとっては記憶に残る大会となりました。

 個人的には、45年前の前回大会の折に我が師匠浦田健次郎の作曲した曲と、拙作が同じステージに立てたというのは、不肖の弟子としてこの上ない喜び。

 大会関係者の皆様、お疲れ様でした。

2019年9月30日 (月)

いきいき茨城ゆめ国体【中】

 自分の住む県で開催、そして大会運営に間接的ながら(!?)関わっている、という事で国民体育大会の開会式に、初めて行きました(2019年9月28日参照)。

Ibakoku2019c そもそもテーホー、無類のイベント好きですが、果たして会場にはアタシの喜びそうなものが目白押し。笠松運動公園の敷地内、かなりの数のテント。スポンサー企業のブースから、露天商、もとい飲食物を提供するお店まで、下手すりゃセレモニーよりも、こっちで時間がたくさんとられそう...。近所だったら毎日行きたいくらいだわ。

 そして歩いていると、知り合いにもバッタリ。全国高校総合文化祭でご一緒した先生とか。何しろ我が茨城の、今年最大のイベントですからね。

Ibakoku2019e ちなみに特別招待者にはお弁当が支給。県内産のものをふんだんに使った、なかなか美味しい弁当でした。う~む、我々茨城県人が食べるよりも、是非とも県外の方に食べて欲しいお弁当ね。ただこの日も気温は高く、お弁当、悪くなるんじゃないか心配でした。なるべく早く食べました。ただ暑かったのも少しの間で、割りと風も吹いていたので、過ごしやすい感じでした。観覧席は殆ど屋根もありませんし、せっかく観に来ても体調を崩してしまってはね。

Ibakoku2019k そして肝心の入場行進曲。啼鵬の制作した「いばらきふるさとメドレー」も、場内アナウンスでも紹介。選手団の入場、そして退場の際も演奏されました。うむ、コレを見届けられれば、もう思い残す事はありませぬ。

 それにしても長生淳センセの曲とか、さすがだなぁ。

2019年9月28日 (土)

いきいき茨城ゆめ国体【上】

 ついに開幕!...って、実は競技自体は始まっているのもあるのですが、総合開会式がこの日、行われました。

Ibakoku2019a 啼鵬は入退場の行進曲の制作を仰せつかり、茨城ゆかりの曲をメドレーにしたものを、吹奏楽と合唱用に。ちなみにそのメドレー、2種類あって、1つは童謡や日本歌曲。もう1つはポップス。アタシは後者を担当。

 開会式に行くにあたっても、事前に交通手段を調査。いろいろ考えた挙げ句、JR常磐線東海駅から無料シャトルバスで行く事に。土浦からもバスは出ていたのですが、こういうときでないと東海駅で下りる事もないかと。果たして初めて下り立ってみると、駅前もイベント。

Ibakoku2019b そして当たり前ですが、たくさんの人、ヒト、ひと! この日、茨城県でイチバン人口密度が高かった地域になりますから(笑)。その会場である笠松運動公園も、初めて訪れました。

 まだまだ県内、知らない場所がたくさん。

より以前の記事一覧

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ