最近のトラックバック

2017年9月21日 (木)

土浦に台湾(料理店)

 インド人(らしきヒト)がやっているカレー屋さんがやたら増えたのも、結構前のハナシ。このBlogでも何店舗も取り上げてきました。次は中華屋さん? いや、中国人(らしきヒト)がやっている中華屋さんなんて、カレー屋以前にもたくさんあったハズ。

 そして今回は台湾料理のお店。数年前にウチの近所にも出来て、記事で紹介したりも(2011年12月14日参照)。また出来ました。近所、と言うには少し遠いですが、やはり土浦市内に。

Stamina1 元パン屋さんの居抜き。

いや、その前はコンビニだったか。

オープニング期間で、

メニューの一部が半額! なので行ってきました。台湾ラーメンも食べてみましたが、全然辛くなかったですねぇ。ん?辛いのは名古屋の台湾ラーメンだけ?

Stamina2 これはたまたまでしたが、

玉子の黄身がダブル!?

ま、半額メニューを中心に、

いくつか頂きましたが、なかなかのクォリティ。台湾ラーメンが辛くなかったコト以外は。

 ただねぇ、う~む、次はいつ行くだろ。アタシの場合、外食は基本、Blogネタ。そういう意味ではキャラが薄い。

2017年9月11日 (月)

高安サブレ

 大相撲秋場所が始まりました。土浦市出身、我らが高安関は、大関になって二場所目。

Takayasusabre地元ではこんなグッズも。

高安関のサブレ!

土浦を本拠地とするお菓子メーカー、

久月の作。このBlogにも何度か登場しておりまする。

 「久月」と言ったら、一般的には人形屋さんでしょうけど、土浦ではトーゼンこのお菓子屋さんを差します。

 ま、サブレにプリントしてあるだけじゃん、と言われそうですが、何しろフル・カラー! これがなかなか大変なようで、大量生産が出来ないらしいです。なので土浦を中心に、県内の限られた店舗のみの販売。

Tsuchimarusabre で、ついでに、

つちまるサブレも買っちゃいました。

ゴメン、ついでで。

 ただ当のご本人、2日目にして土がつき、その上車椅子で...。明日から大丈夫かねぇ。

2017年9月 1日 (金)

一時閉館:土浦市立図書館

 自分と同い年だったとは知りませなんだ。土浦市立図書館。昨日で44年の歴史に幕を閉じました。と言っても其れは、図書館が土浦市から無くなるって事ではありませぬ。開館して44年経った本館が、移転すると言えば正解でしょうか。現在土浦駅の隣に建設中。11月末にオープンします。

P_20170901_231800 ただアタシは、

本館よりも各公民館に設置された、

分館の方が馴染みがあって、

子どもの頃は、

実家近くの上大津公民館に、

よく本を借りに行ったものです。

今は新治公民館へ。

 本館にも何度か行った事があります。何だかちょっと暗い記憶が...。部屋がね。隣接する通称「社教センター」と呼ばれていた施設の方が、若干親しみがあるかしら。土浦音楽院のおさらい会をやったり、土浦交響楽団の団内アンサンブル・コンサートもやったり。

 ところで写真に写っている本。たまたまうちのチビが借りたものですが、ギョーカイで最も駄洒落に疎いテーホーからみても「...」な感じの本でした。

2017年8月27日 (日)

祝:開局2周年

 恐らくアタシが出演したコンサートの中では、最高気温だったのではと思う「Yae 真夏の夜のキャンドルコンサート@天現寺」(2017年8月25日参照)。ちなみに最低気温は、恐らく茨城県は十王町の竪破山(たつわれさん)でやったコンサート。11月の標高600mは伊達じゃありませぬ。まだ十王町が多賀郡で、日立市に合併する前のハナシ。

 その最高気温のライブの日は、実はダブル・ヘッダーでした。月の第4金曜日、そうプレミアム・フライデーは、FMうしくうれしく放送の「ぎゅぎゅっとラジオ854!」のパーソナリティーを務めさせて頂いております。つまり15:00まで牛久市に居て、そこから移動。19:00開演のライブですが18:00開場なので、アタシの到着次第でどれくらいリハーサルが出来るか...。

Fmuu2shunen そのFMうしくうれしく放送。

なんとアタシの担当した日の前日、

2歳の誕生日を迎えました。

啼鵬も初めて関わったのが昨年1月(2016年1月22日参照)。レギュラーの冠番組もやらせて頂き、まさかこんなにも関わらせて頂く事になるとは。

 開局2周年、おめでとうございます。これからもますますのご発展を。

2017年8月24日 (木)

土浦全国花火競技大会【第86回】

 我が土浦市の最も大きなイベントで、その規模は全国区のはずが、これが意外と知られていなくて、秋田県は大曲(今は合併して大仙市)、新潟県は長岡市の其れらと並び、日本三大花火大会の1つに数えられる土浦全国花火競技大会

Tsuchihanabi2017 宣伝だってこんなにインパクトのある!

...って、今年初めて見ました。

JR常磐線土浦駅。

かなり人目を引くので、

みんな写真を撮っていますねぇ。

 花火大会と言うと、恐らく隅田川のがイチバン有名かと思いますが、打ち上げ数も全然コチラの方が多いし、何よりも土浦は「競技大会」。花火競技会で内閣総理大臣賞が授与されるのは、大曲と土浦だけ。

 で、花火ファンにはお馴染みですが、シーズン最後に行われる事でも有名。何しろ10月の最初の土曜日。もはや浴衣で観に行くなんてもんじゃなく、年によっては寒い(アタシは別だけど)。更に雨にも降られることしばしば。

 土浦に住んで40年以上のテーホーですが、きちんと席を買って観に行った事はなく、幼少の折、実家の屋根から観たくらい。以来何かと予定も入ってしまったり。あるときなんぞ、本番とアルバム制作が重なった事も(2012年10月8日参照)。今年は特に何もないし、久しぶりに観ようかしらね、実家の屋根で。

2017年8月21日 (月)

茨城県自然博物館へ

 噂には聞いていたのですが、ここまで凄いとは思いませなんだ。茨城県自然博物館。県西地区、坂東市にあるのですが、そもそも県西地区はなかなか行く機会が少なく、啼鵬は共演させて頂いている吹奏楽団の本拠地へ行くのが、辛うじてあるくらい。それも筑西市や結城市。坂東市かぁ。そうそう、旧岩井市ね。ちなみに市内には鉄道は通っていませぬ。

P_20170820_151329_bf 今回のウリの1つ。

毛が生えたティラノサウルス。

これまた動くから凄い。

期間限定としては、昆虫大研究プロジェクトとか。そこで標本をたくさん観ましたが、そう言えば小学校の頃、昆虫採集をしてそれらを標本にしました。そんなのとは比べものにならない、ちゃんとした標本がズラリと。当時玩具売り場や文房具売り場に売っていた、昆虫採集セット。注射器や針の。アレに付属していた薬とかって、何だったんだろう。

 ちょっと時間の関係で、少ししか観られなかったのですが、次回はもっとじっくりと観たいものです。

2017年8月15日 (火)

日立シビックセンターへ【下】

 日立シビックセンター科学館には常設展があって、子どもの興味の引きそうなものがたくさん。中でも人気があったのが、ロボットが書く絵。

Hitachicivic132分もせずに書き上げるのですが、

数種類の中から、

図柄と色を選びます。

紙を1枚だけ台に乗せるところからやるのですが、この画伯、意外と無駄な動きもあって、それはさながら巨匠がキャンパスに筆を走らせるが如く、振りかぶる感じ。

Hitachicivic11 しかし中には失敗もあって、

紙をうまく乗せる事が出来ず、

気付いて改めて乗せる時もあったのですが、

気が付かずにこうして書いてしまう事も。

この黒キャンパス版はレアものとして、

この時の順番の子どもが持って帰りました。

 ロボットが書く絵。やはり筑波万博こと1985年の国際科学技術博覧会での松下館でしょう。似顔絵を描くロボットでした。これはホント、チョー人気で、開館と同時に走って並びに行ったものです。アタシが弟と訪れた日は雨模様が幸いして、入場者も少なく、すぐに描いてもらえました。実家にあるんじゃないかなぁ、捨ててないハズなので。

2017年8月14日 (月)

日立シビックセンターへ【上】

 日立市と言えば水戸市、つくば市に次いで茨城第3の都市。人口で言えばの話ですが。ただ日立市という地名よりも、恐らく日本最大級の企業「HITACHI」の方が、知名度は断然あるかと。アタシは滅多に行く機会がないのですが、これまで葉加瀬太郎ツアーや、Quena奏者渡辺大輔さんとの演奏でも何度か訪れました(2016年2月2日参照)。

 今回は日立シビックセンターで、トリックアートが開かれている事をテレビのニュースで知り、行ってみる事に。

Hitachicivic10 いやぁ、

なかなか面白い展示でした。

人出も夏休みにしては、

それほどでも無かったかしら。お陰でじっくり観る事も出来ましたし。いいなぁ、こういうの土浦市でもやらないかなぁ。

2017年7月29日 (土)

レンコンサートに出演

 昨年もあった企画なのですが、仕事の都合で出られず、今年は参加出来ました。「レンコンサート」。土浦はレンコンの生産量日本一。そのレンコンとコンサートをかけたってワケ。

Rencon2017 啼鵬は土浦交響楽団枠で出演。

と言ってもいつものContrabassを弾いたのではなく、

司会とHarp。

いや、Harpに見立てたKeyboardを。

更には高校生の頃に書いた曲も

演奏して頂きました。

 その曲「Ave Maria」。G大付属高校の文化祭でやった合奏付き劇「マッチ売りの少女」のために作曲。ちなみにこの劇の演出はNAOTO君。我らこの手のイベントには青春賭けてましたから。

 今回はA.R.C.でお馴染み、山下亮江さんに歌って頂きました。

Rencon2017c 会場にはその、

レンコンの花も届きました。

そう、シーズンには霞ヶ浦湖畔、

レンコンの花でいっぱいになりまする。

また会場のお風呂屋さん、

と書くと「???」な感じですが、霞ヶ浦湖畔のお風呂屋さんの2階で行いました。前回もですが。

Kahonokasumi 窓からは霞ヶ浦が一望。

なんて素敵なロケーション。

実はここのお風呂屋さん、

入りに来た事があるのですが、夜だったので、まさかこんな眺望があるとは分かりませなんだ。

Rencon2017b 話を演奏に戻しましょう。

今回の特記事項はコレ。

手前のアタシのKeyboardではなく、

奥のTimpani。

これが入るのと入らないのでは、

オーケストラの響きが変わりまする。普段使っているペダル式の大きいヤツは、持って来るのにレンタカーが必要ですが、この手で締めるタイプは、自家用車でOK。しかも3発も。尤もケースから出せば、ペダル式の方も2発はイケるようですが(2016年4月28日参照)。

Rencon2017e コンサートは最後、

土浦ソングを歌ったピーター、

ポール&マリー、もとい、

哲&晴withあけのちゃんで盛り上がり、アンコールはみんなで「花は咲く」を歌い終了。

 お忙しい中、お越し下さいましたお客様、有り難うございました。

2017年7月22日 (土)

つけ汁蕎麦ブーム!

 いつからこのお店があるのか、いつも通っていると分かりませぬ。いや、物心ついたときにはあったのかも知れませぬ。ようやく入る機会がありました。

P_20170722_123141_bf 最近気になっていたのは、

張り紙の「つけ汁蕎麦ブーム!」。

この「~ブーム!」という部分を、

どう解釈すれば良いのか。単純に額面通りならばそれはそれで良いのですが、そもそも「つけ汁」はナニ? 店に入るとそれは鴨のつけ汁だという事が判明。まぁ、「つける汁」と考えれば、もりそばもざるそばもつけ汁蕎麦なんですケド。

P_20170722_122021メニューはセットものが目立ちました。

そばは太い田舎蕎麦。

これは好みの分かれるところ。

アタシもどちらかを選ばなくてはならない、となれば細い麺の方ですが、麺類の中では蕎麦がイチバン好きなので、太くても細くてもイイです。

 そして気になるメニューが...。山形で食べたっけ、同じ名前のメニュー。次回は其れだな。

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ