最近のトラックバック

2018年6月17日 (日)

行けなかった店:花キャベツ

 ふと気が付くと、「テナント募集」となっていてショック! いつも前を通りながら、いつか入らなくては、と思っていた店。

Hanakyabetsu 名門高校の近くにあって、

交通量の多い通り沿い。

どうやら37年間の営業に幕を閉じたらしい。

ガキの頃から見ていた店なので、やはりそれくらい長かったか、という感じ。

 では何故、40年以上も土浦市に暮らしていて入らなかったかというと、まず我がマツモト家の家風に合った店では無かった、というと最もらしいですが、父親の志向では無かったんだろうな。基本和食派だし、何よりも「外食をする」というのは、味や趣向でするのではなく、「安いから」という理由。こういった店はテリトリー外。

 では家を出て所帯を持ってからはというと、これがなかなか...。近くなのに意外と行っていない店、皆さんの中にも結構あるかと。

 当たり前ですが、閉店してしまったら一生入る事は出来ないので、返す返す残念。

2018年6月10日 (日)

三代続いたコンビニ

 HOT SPARというコンビニを覚えていらっしゃいますでしょうか。映画「ブラス!」の中では「SPAR」を見かけ、「おぉ、イギリスにもあるんだ、親戚っぽいのが」と思い、アタシが欧州に行ったときにも確かに見かけました。でも「HOT」では無いのかネ。

 日本ではというと、かつては茨城を代表する企業、カスミ・グループが経営。思えばカスミの羽振りが良かった頃は、本業(?)のスーパーマーケットに加え、カスミ・ホームセンター、カスミ家電、HOT SPARの他、COCO'Sも抱える、県民からすれば何と手広い...。

Ministopato そのHOT SPARだった店舗。

その後ココストアに。

HOT SPARがココストアになったのは、

全国的にですか。

 そのココストアだった時期は短かったかな。しばらくしてMINI STOPになりました。また驚いた事に、ここからそう遠くない場所に、も1つMINI STOPが出現(2013年2月22日参照)。

 ちなみに、そう遠くない場所に同じ銘柄のコンビニを設置するのは、「ドミナント戦略」と言うらしく、「支配的」とか「優勢」といった意味の通り、狭い地域に同じ店をいくつも作る事によって、他の選択肢を無くす、とでも言いましょうか。素人目には共倒れしないか心配ですがね。

 で、結局倒れてしまったのか、いつの間にかそのMINI STOPも無くなってしまいました。雰囲気としては、この後すぐに別のコンビニが入る感じには見えませぬ。ココストアからMINI STOPになったときは、明らかに「改装」という感じでしたから。

 そうなると次に入る業種はナニか。ここのはす向かいには、かつてFamily Martだった店舗が中華屋さんになっています(2011年12月14日参照)。ここは結構流行っているようで、同じ敷地内にはカレー屋さんもあり、そちら共々頑張っているようです。

2018年6月 4日 (月)

茨城県フラワーパークへ

 一応45回目の誕生日、何もしなかったワケではありませぬ。夜は土浦交響楽団の練習が入っているので(2018年6月2日参照)、ならば昼間にどこかへと。

Img_9468 ちょと勇気がいる事ではあったのですが、

ウチから割りと近い、

茨城県フラワーパークへ。

実は初めて訪れました。

よく地域ニュースでは、

「今日から○○展が始まりました」みたいな話題もあったので、いつかは行きたいと思ってはいたのですが。ちなみに今は「バラまつり」が開催中。

Kimg0063 イチバン気になったのはコレ。

ニコロ・パガニーニだってさ。

つまりはあの大ヴァイオリニストの?

でもフランス??

イタリア人なのに。

たくさんのバラが植えてありましたが、

暑さのせいもあって、

心持ちバラ達は元気の無い感じ。逆に雨降りの中の方が、風情ある感じだろうな。

 そう、この日も気温は髙く、前述の「勇気が~」というのは、アタシが熱中症になりやしないかと。しかも夕方からはオケだし。ま、幸い大丈夫でしたが。

 やはりフラワーパークだけに、時期が大事でしょうな。そうなると春先かネ。また訪れてみたいです。

2018年6月 3日 (日)

土浦交響楽団第76回定期演奏会

 実に四半世紀ぶりの「巨人」。前回土浦交響楽団がMahlerの「Symphony No.1」を演奏したのは、1993年6月13日の第27回定期演奏会。啼鵬も大学生。そのときはViolaの首席を。

Tso76th 以来選曲会議には、

時折顔を出すのですが、

なかなか選ばれる事が無く、

ようやく取り組む事に。

前回を経験している団員も多いのですが、

イチバン重要なパート、

Horn軍団が総入れ替え。現在の古参団員ですら、前回を経験しておりませぬ。いや、金管楽器全体を見渡しても、前回を経験した人はごく僅か。多分2人か...。

 しかしながら、オケは経験値が全てではありませんので、今回も練習を重ね、何とか仕上げる事に。

 啼鵬も人生3回目の「巨人」でしたが、Contrabassでは初めて。もし次にやる機会があれば、何の楽器で演奏しようかしら。

 お忙しい中お越し下さいましたお客様、有り難うございました。

2018年5月31日 (木)

茨城のナンバースクール

 新聞を見てビックリ。これまで何とも思っていなかった事なので、茨城だけが突出しているなどと書かれると、「ホントけぇ?」って感じですわ。

Numberschool 公立高校のナンバースクール。

恐らく中学校だと、

全国的にもナンバースクールは多いと思うのですが、

高校となると茨城が突出して多いらしい。

 確かに甲子園出場校を見ていると、茨城以外で「○○二高」などと目にする機会は、殆ど無し。ちなみに甲子園での茨城ナンバースクールと言えば、何と言っても全国制覇をした取手二高。甲子園出場が、市町村合併からの離脱の理由とも言われている下妻二高。何人ものプロ野球選手を輩出している鉾田一高。他に竜ヶ崎一高日立一高など。

 また一高と付く高校は、その地区でイチバン偏差値の高い学校で、当然進学率も高い。土浦一高など一時期、東大進学率全国1位と言われた事も。なので仙台の場合は二高がイチバンと聞いたときは、ちょっと拍子抜け。

 北関東は男女別学が未だに多かったり、茨城はナンバースクールだったり、独特の高等学校教育文化があるのかネ。

2018年5月25日 (金)

カスイチ

 いつの間にかJR常磐線土浦駅が、チャリンコ基地になっていました。3億円かけて。いや、正確に言うと、土浦駅に隣接する、所謂「駅ビル」が、サイクリング拠点に。どうやら土浦市は、「サイクリングの街」になりたいのか、カレーの街は何処に?

 小学生のときからチャリンコ通学を経験し、大学時代はキャンパスに置きチャリをし、下町界隈を乗り回していたテーホー。卒業時も上野から土浦まで乗って帰りましたし、国立音大に在籍していた弟にも、チャリンコを自ら運転して届けました。

 そんなチャリ・ヲタも時代遅れ。今の人達は何十万円もする軽量のチャリでもって、ツール・ド・XXXなんてのに参加したり。そんな愛好家のための拠点が土浦駅ビル。

 ンじゃ、どこを走るのかって言うと、旧関東鉄道筑波線のつくばりんりんロードか、霞ヶ浦一周。アタシもりんりんロードは走破しておりまする。端から端まで約40km。往復なので80km。弟と2人で走りました。その後、ローラー・ブレードでも、途中の筑波駅まで行ったり。

 しかし霞ヶ浦一周の方は未だ実現しておりませぬ。

Kimg0047そんな中、

略称で躓いているとは...。

ちなみに「霞ヶ浦」を冠する学校名もあり、

応援合戦のときには、

予め略称を決めているようで、

間違っても「カスコー」なんて使いませぬ。

こういう名称、略称って意外と大事で、

人間、親しみを感じる第一歩の部分。果たして今後、何になるやら。

 恐らく埼玉県の春日部市でも略称に苦労されているのでは...。

2018年5月21日 (月)

シェー...!カムバック!

 名画、名台詞集なんて企画があったら、絶対にベスト10には入るであろう、「シェーン!カムバック!」...って、50年前くらいの話かな。もうこの映画を記憶している世代は70代以上でしょう。アタシの親世代です。

Shakys2 昨日つくばの食べ放題店が閉店。

テーホーもまだ若く、

「食べ放題」という言葉に魅力を感じていた頃、

行った事がありました。

最後に行ったのはいつだったか。

結構流行っていると思ったんですが、「食べ放題」を以てしても其れを凌ぐ事の出来ない問題もあったのでしょう。

 ンで、最初の話題。「シェ」しか合っていなんですが、是非とも戻ってきて欲しいわ。

2018年5月15日 (火)

古き良き響き

 オーケストラや吹奏楽団など、大人数の合奏団はしばしば、ホールを借りて練習を行います。いや、団体によってですが、いつもホールで練習出来る恵まれた団体もあれば、普段は公民館の多目的室等、おおよそ五感を音楽的に研ぎ澄ますに向かない、タダの部屋で練習する団体も多数。

P_20180513_125000この日、

我が土浦交響楽団は、

ホール練習。

思えば本番まで1ヶ月を切り、取り敢えずはカタチになっていないとダメな時期。これからの追い込みで、ディテールを詰めていきまする。

 そのホール。県内でも5本の指に入る古さ。しかしながら、古さでは恐らく勝っている土浦市民会館よりも優れている部分が! それがホールの響き。具体的には残響。残念ながら土浦市民会館大ホールは、全くもってデッドで、残響は限りなくゼロ秒に近い。

 それに比べこのホールは、左右の反響板も無いのに(ウワサによると壊れたらしい)、決して悪くない響き。この日の舞台は平面でしたが、これがちゃんとひな壇を組み、オーケストラのステージとしてきちんと整えれば、我らの音も更にイイ感じに。

 とは言え、イイ事ばかりではありませぬ。実は外の音がマル聞こえ。救急車でも通ろうものならば、かなり「!?」な事に。そこら辺が当時の設計の限界か。いや、予算内での。

2018年5月 9日 (水)

東美濃バスセンター

 今日のNHK連続テレビ小説。土浦市が映りました! って、何の事か分かりませんよねぇ。撮影場所に使われたのです。

Eastminobus1東美濃バスセンターですって。

いやぁ、知らない方は、

バス・ターミナルに見えますでしょうか。

コレ、土浦市の旧市庁舎。今は移転して駅前のビルに。元イトーヨーカ堂のスペース(2013年1月31日参照)。

 小高い山の上にあった市庁舎ですが、現在は映画やドラマの撮影場所として、時折使われているようです。それにしても良く作り込んでありますなぁ。ポスターや案内板等、ぬかりなく。

Eastminobus8一瞬、こういうアングルで、

遠くに筑波山が映り込んでしまうのでは!

と冷や冷やしましたが、

ンなこたぁ、ありませんわね。

 彼らの手を振る先に見えている建物。アタシがお世話になった行政書士の事務所が入っています。ちなみにココからだと、新宿へは2時間もあればお釣りがきますな。

2018年4月 7日 (土)

33年越し

 つくばにはエキスポセンターという、子どもの科学館みたいな施設があって、これが出来たのが1985年の国際科学技術博覧会、通称筑波万博のとき。スタンプラリーの帳面には、このエキスポセンターの欄もあったのですが、万博閉会後もずっとやっているというので、「いつか行こう」と思いつつ、33年の月日が経ちました。

Expocenter01 象徴的なロケットがあるので、

周辺を通るとすぐに分かりまする。

この度ようやく行ってきました。

いやはや、筑波万博が小学6年生のとき。それから三十余年。長かった...。

 土曜日ともあって、駐車場は満車。近くの有料駐車場に止める事に。しかもつくばの場合、公共の駐車場だと、買い物や施設利用で割り引きがあったりするのですが、ココは無し。ま、イイけど。

Expocenter02何しろ出来てから33年して、

ようやく訪れたので、

見るモノ、体験するモノ、

全て初めて。

30年前はこんなの無かったとか、

あーだこーだ言わず、観て回りました。

 ちなみにチビは遠足で訪れたらしく、勝手知ったる...という感じでした。

より以前の記事一覧

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ