最近のトラックバック

2017年2月18日 (土)

こんにゃく三昧【其の壱】

 こんにゃくと言えば群馬県。富岡市に本社のある、あのゼリーを食べた事のある人も、少なくないのでは? しかし今回訪れたのは山形県は上山市。ここにこんにゃくを堪能出来る素敵な場所が。

Bansho09 分かりやすい場所ですが、

アクセスは決して良くありませぬ。

基本、車でないと行けない場所ですし。

周囲には蒟蒻畑も。おっと、こんにゃくを育てている畑ね。ゼリーじゃなくて。

 売店と食事の出来る空間、別棟にはカフェも。売店にはこんにゃくで考え得る、あらゆる商品がズラリ。しかも「あぁ、コレ他でも見たことある」とか思っても、実は内容的にはかなりハイ・クォリティで、独自性もありまする。

Bansho01 これなんかも、

単なる串焼きじゃなくて、

見た目から食感から、

ホントよく出来ています。勿論美味しい。

 試食関係も充実していて、お茶も出して頂いたり。

Bansho02こんな玉こんにゃくも頂きました。

あ、知らなかったんですが、

山形の名物、玉こんにゃく。

お土産品は食べた事がありますが、現地でのモノホンは初めて。

 で、なんでこのカテゴリがOOSAKI病かって...。ちゃんとありつけているのに。

Bansho10実はカフェの方が!!

こっちでのお目当てメニューがあったんですわ。

う~ぬ、残念。

次、いつ行けるか分からないしなぁ。

2016年12月30日 (金)

2016年最後の病状

 話題に上らなければ、病状が現れていないのかと言うと、最近はそうですね。外食の回数も減った事もありますが、もはやアタシ、治ったかもと思う今日この頃。

Elephantcafe そんな中...。

棚卸しかぁ。

師走の晦日前だったらねぇ。

公園の中にあるカフェで、

ここに着いたときに、

「おぉ、後で行こう!」と思っていたところ...。

このカフェ、

茨城県内では有名な銘柄の珈琲が飲める店。つくばにもあるので、そちらには行った事がありました。

 2016年もあと1日を残すのみ。まさかその大晦日で病状が出るとも思えないので、コレが今年最後かしらね。

2016年10月13日 (木)

TANGO OGNAT 2016 珍道中【OOSAKI病】

 これはアタシが居たからなのか。浜松でリハーサルを終え、メンバー全員で食事に。会場の近くに評判の天ぷら屋さんが。しかし既に行列。

Tenkinoosaki並ぼうとすると、

「ここでおしまいなんですよ」と。

もう並んでいる人達の分で、

お昼営業は終わりなんだって。あ~ぁ、こりゃ典型的なOOSAKI病よ。

 気を取り直し、今度はラーメン屋さんへ。こちらも並んではいましたが、ちゃんとありつけました。

55kuroramenつけ麺がウリの店。

更には興味をそそる「台湾まぜそば」まで!

でも、今回はこの黒いラーメンに。

いつか食べた有名ラーメンを思い出しますが(2006年11月23日参照)、

これ、見た目とは裏腹にあっさり系。

そして旨い。小ライスが無料なので付けてもらったのですが、何故か頼んでいない一本茂樹君にも付いてきて、そいつをアタシが食べました。小+小で中ですか。

 店を出ると目についのがこの自販機。

55dydoこのメーカーの自販機は白色で、

ロゴやデザインの色合いが決まっています。

普段と違うどころか、

こんなに黒塗りだと印象も変わりますな。

でも空き缶入れはいつもの色。

一応ポイント・カードにも対応。

 ところでOOSAKI病発症のせいで入れなかった天ぷら屋さん。越田太郎丸さんは入った事があるのですが、なんと「手」で揚げてるんだそうで。箸じゃなくて手で! 見たかった。

2016年8月13日 (土)

史上最悪の症状

 ハンガリー滞在中の最後のBlog更新となりまする。まさかこの地に来て、書く記事が全てこのカテゴリーになるなど、誰が予想出来たでしょう。

 滞在中に行く事にしていたコンサート。プラシド・ドミンゴのお名前をご存じの方は? そう、ルチアーノ・パヴァロッティ、ホセ・カレーラスと共に3大テノールの1人です。2003年にパバロッティが亡くなってしまったので、今となっては3大テノールも懐かしい言葉。

 そのドミンゴが丁度我々の滞在中に、ブダペストでコンサートを。しかも無料! こりゃ行くしか無い。当初は教会前の広場で野外コンサートとなる予定でしたが、天気予報では雨。ま、そりゃハンガリーにも雨男、雨女はいらっしゃるでしょう。テーホーのせいではありませぬ。

 場所がアリーナに変更され、小雨降る中、入場を待ちました。

R0014602 するとアナウンスが...。

マジャール語だったので分からず、

同行した友人に聞くと、

「満席になったので締め切り」だそうな。ナヌ!!

 アリーナと名が付くからには、万単位で人は入れるハズ。さいたまスーパーアリーナだって37,000人。横浜アリーナだって13,000人ちょっと。其れに漏れた...。

 「満席だからゴメンナサイ」は、「今日は(材料切れで)終わっちゃいました」の症状、OOSAKI病の中でも重症。「店が休み」なんか初期症状ですが、相当なもんです。ま、最も重い症状は目当てのメニューだけ終わっちゃった、ってとこですが。

 写真では皆さん、アリーナの方向を向いて並んでいたのですが、満席と分かった瞬間、回れ右して帰り始めている様子。みんなOOSAKI病。

 ところで1999年に東京ドームで行われた3大テノールのコンサート。歌手の友人が、確か7~8万のチケットを買って行った記憶がありまする。今回のはもし有料だったら、どのくらいしただろうな。

 3大テノールの中では個人的にドミンゴが好きでした。Tangoを歌ったアルバムがあって、それをきっかけに。

 う~ぬ、ブダペスト。OOSAKI病蔓延の都市か...!? 無事帰国したら、別のカテゴリーの話題を。

2016年8月12日 (金)

続:超重症於洪牙利

 ハンガリーに到着した翌日から市内観光をしたのですが、いきなり持病が発症したテーホー(2016年8月11日参照)。悪夢は続きまする。

 ハンガリーと言えばLiszt、Kodaly、Bartok。もちろんこのお三方の他にも沢山いて、例えばHaydnのように、ハンガリーの貴族の宮廷楽長を務めた、なんてケースもあったり。

Kodalyclose2 んで今回。

そのKodalyの博物館。

規模は小さいようで、

マンションの1室でやっているような感じ。

行ってみると...!?

やはり夏休み期間中は休み。

 どーしてこぅ...。でも気を取り直し、今度は少し郊外にあるBartokの記念館へ。なんで郊外なのかと言うと、実際に住んでいた場所なのですが、静かな場所を好んだようで。

Img_4972 で、いくらなんでも静か過ぎる!

電話にも出ないし...。

行ってみるとやはり夏期休業。

まぁ、音楽にとって夏というのは、

オフ・シーズン。

そりゃ、コンサートのハナシ。せめてこういった施設はやってたっていいんじゃネ?

 じゃ、啼鵬はハンガリーで持病に悩まされ、何にも観られなかった!? という事ではありませぬ。

R0014609_2安心して下さい。

はいてマス、じゃなかった、

入れました。

先に挙げたお三方の最初、Lisztの博物館。Lisztが住んでいた場所で、しかも部屋もかなり再現していました。実際に彼が弾いていた楽器、家具類の展示の他、なんとLisztの毛髪も! 日本語の解説もあって、とても良かったです。

 現地の人に言われましたが「逆によくリスト記念博物館はやってたねぇ」と。先のメールで「これは序章に過ぎない」と結びましたが、ではこのKodalyとBartokが本編かというと、実は違うのです。今までのは言ってみればオフ・シーズンに行けばこうなる、と予測がつかないわけでもない。

 今回の渡洪、最大の、いやテーホーのこれまでの症状で最も重い症状とでも言いましょうか...。また後ほど。

2016年8月11日 (木)

超重症於洪牙利

 遠い異国の地に来て、ここまで症状が出るとは夢にも思いませなんだ。

Img_4840この地には、

音楽史上欠かす事の出来ない人々がたくさん。

この音楽史博物館に行けば、

今日からアナタもハンガリー音楽博士!?

 となるはずでしたが、8月の1日~22日まで休みだそうな。

Img_4882 気を取り直して、

今度は楽譜や楽器を売っているお店へ。

するとこちらはつぶれた?

と思わざるをえないくらい、変な雰囲気。曇ったガラスの向こうを見ると、もうお店の体を成していない感じ...。なんてこったい!

 1日に2度もですか! そしてこれは序章に過ぎない事が、この後分かるのです...。

2016年7月27日 (水)

スイーツで発病

 自分にとっては珍しい事ではないのですが、今回の方は初めての体験だったそうで...。

P_20160726_152636 喫茶店でケーキ・セットをオーダーしたときの話。

チーズ・ケーキかガトーショコラを選べるのですが、

一緒に行った方がオーダーしたガトーショコラが品切れ。

仕方無くチーズ・ケーキを。

一種のOOSAKI病なのですが、

「こんなコトはじめて!」だそうな...。

可哀想に。

 もしや感染!? 今後この不治の病に悩まされる事になるのでしょう。

2016年7月11日 (月)

Buddy's Rib Company移転

 「肉か?野菜か?」と聞かれれば「野菜」と答えますが、それでも肉はとても好き。またあの店へ。

Buddysribnew1 するといつもの場所が...。

実は移転する、

という話は聞いていたのですが、

まさか6月中にココでの営業を終えているとは。

 もう頭は肉を食べるモードになっていますし、何よりも今度やらせて頂くライブのチラシを届けなくてはならない。そう、このお店の系列ライブハウスで、8月にViento del Surのライブを。

Buddysribnew3 念のため電話を。

するとプレ・オープンしているとの事。

メニューは限定的ですが。

行ってみると、「なんだ、ここかぁ」ってな場所です。しょっちゅう前は通っていました。ここだと我が家に近くなりました。

Buddysribnew2 そして食べたかった肉を。

ランチ・メニューのサンドイッチです。

無事に正式オープンも迎えられそうですね。

2016年6月20日 (月)

休憩出来ない渓谷

 本来ならばラーメン業界の用語ですが(2007年1月11日参照)、啼鵬の場合、ラーメン屋さん以外でも症状が出る事が多く、不治の病というよりも、「体質」と言った方が良いのか...。

Yamakei 今回は長野市の喫茶店。

実はこの店、

以前にも記事にしました(2014年8月19日参照)。

 訪れたのは夕方。飲食店でランチ営業と夜の営業が分かれている場合、その休み時間の最後の方くらいか。でも「臨時休業」。典型的な症状です。

 ちなみにこの日は、少々雨が降っていて、その中をかなり歩き回って、他にも症状の出たお店が! 最終的には有名ドーナッツ屋さんへ。

2016年3月31日 (木)

弟に感染

 弟ゴルゴに誘われ、今まで行った事のないラーメン屋さんに。

Lucyoosaki果たしてコレ。

ま、定休日に間違って行ってしまったようなので、

症状のうちではないにしろ、

う~む、危ない。これは今のうちから予防をしないと。ワクチン接種かぁ?

Ohgataya2 そして次に訪れた店。

これだけ見ると、

またかい!

って感じですが、これは店を出るとき。ランチ営業の最後だったのでこんな写真。実際にはちゃんとやっていて、お客さんも割と入っていました。

Ohgataya1 結局日替わり定食。

サバのみぞれ煮。

刺身はなんと鯨でした。

豆ご飯なんて、はなかっぱみたいねぇ。

 それにしても弟はよくこんなお店を見つけてくる。いつからあるのか、いつも通り過ぎている交差点にあった店。知らんかったですよ。

 そしてOOSAKI病だった店も、いつかリベンジ。

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ