最近のトラックバック

2017年3月25日 (土)

Triangulo関東制覇

 え?そうだったんだ、という感じの埼玉進出でした。近年、割と遠方での演奏の仕事が入るTriangulo。今回はさいたま市のプラザイーストだったのですが、なんと埼玉県での演奏は初めて。Viento del Surでは何度も演奏しているのですが。

Trianplazaeast しかも関東では残っていたのは埼玉県のみ。

結成16年目にして、

ようやく関東を制覇。

お忙しい中ご来場下さったお客様、

有り難うございました。

ただ、これでしばらくお休み。

次はいつになるやら。

 Duo Fuerda、Trianguloと、今週は啼鵬にとってTango週間でした。

2017年3月23日 (木)

復活:Duo Fuerda

 別に解散したワケではありませんが、やはり7年ぶりのライブとなると、前回に来て頂いた方もどれくらいいるやら。
 とは言え、7年前までのレパートリーだけをやったのではなく、今回は新曲も。それも数曲!
 あと特筆事項としては、晴れたってこと。何しろ徳武正和さんとテーホーのコンビは雨模様が多く、これまで何回ネタにされたことか。
 お忙しい中お越し下さいましたお客様、有り難うございました。次はもっと早く出来ますように。
P_20170323_170852_bf


2017年2月26日 (日)

Triangulo、ようやく小林公演

 思えば今回のTrianguloの小林市滞在、意外と長かったです。3泊4日なんてなかなか。現地入りした日はリハーサル(2017年2月23日参照)。2日目はアウトリーチ(2017年2月24日参照)。そして3日目にして、ようやく(普通の)コンサート。

Triankobayashi02そういうスケジュールも初めてでした。

ま、ある意味それは、

我々にとってはやり易いかも知れませぬ。

現地入りしたその日に本番で、

泊まって翌日帰る、

というと慌ただしいですし、一体自分達はどこで演奏しているのか、ステージの上だけだと、その土地の空気を感じる間でもなく終わってしまいます。

Triankobayashi03やはり現地の雰囲気を十分堪能した上で、

ステージに立つ。

そうするとお客さんとの距離も、

何となく近くなったような気もします。今回のTrianguloの小林市、なかなか良い旅程でした。

 お忙しい中お越し下さいましたお客様、有り難うございました。

2017年2月23日 (木)

Triangulo en 小林市

 2017年、早速仕事をしたTriangulo(2017年2月5日参照)。今度は海を渡り、九州は宮崎県小林市へ。Trianguloにとって九州は2度目。初上陸は熊本県人吉市でした(2015年6月17日参照)。

Triankobayashi0 Trianguloも気が付けば、

結成して16年が経とうとしています。

近年はコンサート・ステージの場が毎年。

来月もさいたま市で公演が入っています。

 まず小林入りした一行を待っていたのは...!?

2017年2月15日 (水)

Bandoneon体験会

 長野県でBandoneon教室をして今年で20年。そう、長野新幹線の開通した1997年から。その新幹線も北陸新幹線と名を変えました。 

 別に節目だからと言う訳ではないのですが、今回新たな試みで、近年ご縁のある山形市で体験会を開催。

Dsc_4561  果たして何人集まるか心配だったのですが、

ふたを開けるとかなり集まりました。

 楽器台数も限りがあるので、

皆さん交代交代で。やはりボタンの配列がネックになる訳ですが、少し覚えるだけで簡単に弾ける曲を。

Dsc_4560  せっかく興味をもって頂いたので、

続けて下さると良いのですが、

それには楽器調達の問題も。

どうにかクリアしたいものです。

2017年2月12日 (日)

A.R.C.再び小美玉市へ

 小美玉市は小川町、美野里町、玉里村が合併し、それぞれの頭文字を組み合わせて名称に。茨城空港があって、おかめ納豆のタカノフーズの本社工場がある市です。A.R.C.は以前、旧小川町のホールに出演させて頂きました(2011年6月26日参照)。

Arccosmos2017a今回は旧玉里村のホールで。

実はホールと言っても展示ホール。

言ってみればオープン・スペースでの、

ミニ・ライブという感じだったのですが、問い合わせが多く、急きょ数日前に場所を変える事になりました。

Cosmos3 ここが展示ホール。

ここに椅子を並べて...、

という具合だと60~70人がせいぜい。

100人も来たらかなりぎゅうぎゅう詰めに。その問い合わせも具体的に何件あったかは聞いていませんが、場所を変えるくらいですから、それなりにあったかと。

Arccosmos2017b 事実、

フタを開けてみるとなんと、

222人もの来場。

しかもご高齢の方の割合が多かったようで、主催者さんには「いつもこうなんですか?」と聞かれました。う~む、本来のタンゴ・ファンは、アタシの親世代以上。更にはタンゴをよく知らない人でも少し年配の方が、「私らくらいの年になると、こういう音楽がいいんだわ」と言って下さるお客様もおられました。

Cosmos2 会場の小美玉市生涯学習センターコスモス

小美玉市内の他の2つのホールに比べ、

ロケーションは抜群。

何しろ霞ヶ浦湖畔の小高い丘に建っていて、アクセスは少々不安になるものの、季節の良い時期だったら、野外コンサートもイケそうな感じ。

Cosmos1 それにしても小美玉市。

前回の「ダンゴでタンゴ」のときのも感じましたが、

文化に対する取り組みが旺盛。

しかもパッケージングされた、著名人の公演に依存する事無く、地元主体の企画も盛んに。今回のA.R.C.もその1つ。かつては我ら土浦交響楽団も、小川町の皆さんとBeethovenの「第九」をやった事も。

 今後の小美玉市の文化活動に、大いに期待します。今日はたくさんのお客様のご来場、誠に有り難うございました。

2017年2月 6日 (月)

姫路の歓待

 2017年最初の演奏となったTrianguloの姫路公演(2017年2月5日参照)。会場に着くやいなや、いきなりスタッフの方々が合唱!

Triangulohimeji02 実はこのセレモニー、

毎回やっているようで、

場合によっては到着した新幹線ホームでも!!

 いやはや、啼鵬も演奏活動をしてそこそこ経ちますが、こんな歓迎のされ方は初めて。しかも昨年ご挨拶に見えられたときに、メッセージ色紙を頂いたのですが、演奏後に頂く事はあっても、演奏前に頂くなど前代未聞。

Triangulohimeji04 更に驚きは続きまする。

打ち上げではスタッフの皆さんが、

南京玉すだれを披露。

と、ここまでは単なる余興ですが、それを今度は我々出演者がやる事に...。

 啼鵬クラスのマイナー・アーティストでも、それなりの場数を踏んできました。もう覚えていない本番も多数。しかし今回のは絶対に忘れる事が出来ない、いや忘れようのない本番となりました。

 スタッフの皆様、有り難うございました。

2017年2月 5日 (日)

姫路のTriangulo

 Violin奏者、相川麻里子率いるTango Trio「Triangulo」の2017年は、兵庫県は姫路市から始まりました。

Triangulohimeji今年は既にいくつか本番が決まっていて、

首都圏もあれば、

遠方もあります。

実は啼鵬、

姫路には痛い思い出がありまする。

2006年の葉加瀬太郎ツアー。

 まだ3日目にして体調を崩し、限界に近い状態で本番を迎えました(2006年9月18日参照)。

 今回は体調は万全。朝方雨が降っていたのですが、本番の頃にはやみました。Tango好きのお客様が多かったのかと思います。とても気持ちよく演奏させて頂きました。有り難うございました。

2016年12月25日 (日)

音楽で元気にするまちづくり事業:A.R.C.

 実はこの企画、以前にも参加させて頂いた事がありました(2014年11月9日参照)。そのときは対バン、もといジョイント? そう、かつての生徒との。

Archongo2016 今回はA.R.C.単独名義。

何しろGuitarの角圭司さんは、

阿見町在住ですしね。

前回出演させて頂いたときも、

かなりのお客さんでしたが、

今回も入場整理券配布は、

2~3日で終わってしまったそうです。さすが角さん効果。そしてリピーターも多いってことでしょう。

Img_5898 考えてみたら阿見での演奏は、

初めてでしたか。

周辺の土浦や牛久ではあったのですが。

メンバーの本拠地での演奏がまだだったとは、こりゃいかん。

 師走の忙しいときにお越し下さいましたお客様、有り難うございました。

2016年12月10日 (土)

野外演奏記録更新

 この職業をしていると、野外での演奏をする事もありますが、その殆どは良い思い出がありませぬ。理由は天候。風で楽譜が飛ぶ、大雨なのにやる! 晴れたら晴れたで、日射しが強すぎる等、大変な思い出ばかり。

Machimu2016d そして今回は長野Bandoneon倶楽部で。

先月下見をしたライブ...(2016年11月20日参照)。

やっぱココでかぁ。

ま、アタシはともかく、皆さん大変だわ。尤も雪じゃなかっただけ良かった、と考えるべき? いや、雪だったら中止だろうな。

Machimu2016e これまでも長野Bandoneon倶楽部は、

野外演奏をした事がありました。

広場でそのままだった事や、

ちゃんとステージが組まれていた事も。しかし12月ってのは無かったかな。今日の気温は3度。テーホー的には実に過ごしやすい気温ですが、演奏するにはどうよ。あ、皆さんのね。

 ちなみにこれまでの啼鵬。野外での一番気温が低かったのは、忘れもしない、11月3日の竪破山(たつわれさん)。茨城県は日立市にある山で標高658.3m。この頂上付近で演奏。11月のヤマ! しかも楽器を担いで登山し、始まれば3分で指も凍える...。ちゃんと計っていませんでしたが、実際の気温は何度だったのだろう。体感温度では間違い無く最低記録でした。

 日付では記録更新しましたが、次回は氷点下での野外演奏を。なおていでやってもいいなぁ。

Machimu2016f 話を戻しましょう。

我々の次は地元中学の吹奏楽。

彼らは慣れてる!?

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ